スマートフォン版表示に切り替える

キレイもキャリアも手に入れる!アパレル・コスメ業界の仕事

全 3 件中  13を表示  
表示件数:
  • 株式会社ACRO/アクロ【株式会社ポーラ・オルビス ホールディングスグループ100%出資】

    • 掲載終了予定日 19/05/23

    日本発のコスメブランドで、さらなる展開を見据え続ける”ACRO”

    2008年の創業以来、「THREE(スリー)」をはじめ、複数のコスメブランドを展開してきた当社。お客様の多様なニーズにお応えできるよう、国内のコスメ市場に新たな価値を創造することを目指しています。私たちACROが理念として掲げているのは、「時代の美」を探求・発見・創造し、先んじて発信し続けること。日本発のコスメブランドとして、グローバルな展開も視野に入れ、コスメ業界に一石を投じていきます。

    日本発のコスメブランドで、さらなる展開を見据え続ける”ACRO”

    事業内容

    ◇研修制度充実 ◇年間休日126日 ◇賞与年2回 ------------------------- 株式会社ポーラ・オルビス ホールディングスグループ100%出資企業 ■化粧品の製造販売

    従業員数

    561名(2018年9月現在)

    • viewpoints

      女の転職!
      取材レポート

    • 制作担当小軽米より
      「THREE」をはじめ、複数のコスメブランドを展開する同社。今回、業界初の男性向けコスメブランド「FIVEISM×THREE」についてもお話を伺うことができ、ブランドに込められた想いに強く魅力を感じました。お客様に寄り添い、ニーズに応えるコスメを複数展開している同社。今回募集する販売スタッフでは、同社ならではの上質な接客力を身につけることができるでしょう。新たなチャレンジをしたい方に最適なステージがあります。

  • ブルーベル・ジャパン株式会社 (Bluebell Japan Ltd.)

      • インタビュー
    • 掲載終了予定日 19/06/10

    ビジネスを通して、世界文化の架け橋になるような存在でありたいと思っています。

    私たちは50年以上に亘り、日本へ厳選した海外の一流ブランドを輸入・販売し、お客様から高い信頼をいただいてきました。私たちは海外ブランド製品の取扱いを通して、「文化の架け橋」でありたいと願っています。商品を販売するだけではなく、日本のライフスタイルや文化を海外ブランドクリエイターに提供。日本のみなさまに愛され続ける商品作りのお手伝いをしています。

    ビジネスを通して、世界文化の架け橋になるような存在でありたいと思っています。

    事業内容

    ファッション、香水、化粧品、ジュエリー、腕時計、葉巻等の輸入、卸小売 【取扱いブランド】 香水:LANVIN、Calvin Klein、PENHALIGON‘S、CREED、Chloéほか 化粧品:NUEX ファッション:CARVEN、BALMAIN、GIUSEPPE ZANOTTI DESIGN、MANOLO BLAHNIK、PERRINほか シガー:DAVIDOFF、ZINO PLATINUM ほか

    従業員数

    【男女比】1:9 【平均年齢】平均28歳

    • viewpoints

      女の転職!
      取材レポート

    • ラグジュアリーな空間と、香水をはじめとした数多くのファッションアイテムが魅力のブルーベル・ジャパン。商品力だけでなく、日々お客様と接する中で磨かれるホスピタリティは、上下の垣根を超えたスタッフ同士の思いやりにも繋がっています。また、プライベートもキャリアも両立できる環境なので、10年以上勤続するスタッフもいるのだそう。香水やファッションをお仕事にしたい!という方に、ぜひおススメの一社です。

  • ラ・プレリージャパン株式会社

    • 掲載終了予定日 19/06/13

    スイスのクリニックから誕生した、肌が求める「最高峰」の化粧品

    スイスのモントルーにあるクリニック ラ・プレリー。 1931年の設立以来、新鮮細胞療法による画期的な治療は、老化の進行を遅めることで名を広め、政治家、モデル、俳優など世界中の美に妥協を許さない多くの方々が訪れています。 その感動をより多くのお客様に提供するため、クリニックから独立して全世界での販売がスタート。たちまちその評判は口コミで広がり、アンチエイジングケアのパイオニアとしての地位を築いています。

    スイスのクリニックから誕生した、肌が求める「最高峰」の化粧品

    事業内容

    スイス発の『ラ・プレリー(la prairie)』化粧品の輸入・販売。 ラプレリー製品が日本に上陸したのは1989年。 当時はサンスターやシュウウエムラ、輸入代理店契約のもとで販売をしてきました。 その後、2001年に日本法人を設立。 アンチエイジング商品の先駆者として、存在感を放ち続けています。

    従業員数

    100名 【男女比】9割以上が女性

    • viewpoints

      女の転職!
      取材レポート

    • 制作担当石坂より
      同社は最近、新オフィスに移転したばかり。ミーティングルームには代表的な商品「スキンキャビア」をイメージしたオブジェなど、若手デザイナーの作品が数点飾られており、海外でのアート展も支援しているそう。ラグジュアリーなスキンケア商品だけではなく、アートなどの文化を発信しているのも同社ならではの魅力です♪ 『ラ・プレリー』のブランド価値をさらに高めていくやりがいを感じたい方は、この機会をお見逃しなく!

page-top