facebookfacebookページの活用方法

2011年05月02日

facebookページ(旧ファンページ)とは

facebookでは、個人アカウントと別にfacebookページという独自のページを作ることができます。
主に企業やブランド、アーティストや商店主自身(もしくは正式な代理人)がユーザーとの接点を目的に作成・管理・運営していますが、 最近では、個人ユーザーがセルフブランディングの一環として ある特定のテーマに絞った情報発信の場として運営するケースも増えてきています。

facebookページを作ることによって、HPでは企業からの一方的だった情報発信が 個人ユーザーと気軽にコミュニケーションをとることができるようになりました。

作成している企業はユーザーとの接点を求めて、facebookページを作成していることが多いです。
ですので、個人ユーザーも企業やブランドなどと友達と接するようにコミュニケーションをとることも、場合によっては可能になります。

facebookページをどのように利用すればいい?

個人ユーザーはfacebookページに対して「いいね!」ボタンを押すことでそのfacebookページとつながりを持つことができるようになります。

ここでいうつながりとは、個人プロフィールページで、他のユーザーと友達関係になるのと似ています。

個人と友達になった場合は、プロフィールページに友達のアイコンが表示され、 ニュースフィードに友達の更新情報が表示されます。

facebookページに対して「いいね!」ボタンを押した場合も同様に、 プロフィールにfacebookページの名前が追加され、ニュースフィードに更新情報が表示されます。
facebookページの場合は、自分のプロフィールにfacebookページの名前が追加されます。

試しに女の転職typeの公式facebookページ「女の転職type公式フェイスブックページ」にアクセスし、左サイドにある「いいね!」をクリックしてみてください。これで「女の転職type公式フェイスブックページ」の更新情報が、あなたの個人プロフィールページのニュースフィードに表示されるようになります。

また、個人プロフィールの「好きな活動と趣味・関心」のその他欄に「女の転職type公式フェイスブックページ」が追加されます。
同様に、テレビであればプロフィールの「テレビ」に追加されます。

facebookページとつながっておくと転職活動でどんなメリットがあるのか

①転職サイトとつながっておくことで、最新情報の更新をチェックできる

一番大きなメリットはやはり情報収集として活用できることです。 ただし、facebookページによって掲載されている情報の種類は異なるので、 どのfacebookページにどんな情報が流れるかはあらかじめチェックが必要です。

②acebookページで中途採用を行っている企業と出会える

まだ、一部のIT・インターネットネット関連企業だけと数は少ないですが、 facebookページを使って採用を進めている企業も出てきています。
facebook上でしか流れていない情報も今後増えていく可能性があるため 気になる企業の動向などはチェックしておくとよいでしょう。

③転職ノウハウなどの共有ができる

転職関連のfacebookページなどとつながることで、他のユーザーとの情報交換も可能となります。

正直、現在では企業側もどんな情報を流すかいろいろ試しているところだと思います。 こんな、現状だからこそ転職関連のfacebookページとつながっておくことで思いがけない役立つ情報が手に入ることもあります。

ちなみに、女の転職type公式フェイスブックページでは下記のような情報を提供しています。

キャリアに役立つコンテンツの更新情報
twitterタブでは、求人情報も随時公開
その他、様々な企画を検討中!

こちらの「転職活動に役立つ!ソーシャルメディア活用術」の更新情報も流れます。 まずは、「いいね!」ボタンを押してみて実際にfacebookページとつながって情報を取得してみてください。

※次回「女の転職typeの公式facebookページを徹底活用」は5/27更新予定です。