19 JUN/2018

フランス映画界を代表する監督・俳優陣が集結! 映画『グッバイ・ゴダール!』試写会に5組10名さまをご招待

映画『グッバイ・ゴダール!』2018年7月13日より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほかにて順次公開

ジャン=リュック・ゴダール監督作『中国女』の主演女優であり、ゴダールの2番目の妻でもあったアンヌ・ヴィアゼムスキーの自伝的小説を映画化した『グッバイ・ゴダール!』が、7月13日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほかにて全国順次公開となります。

グッバイ・ゴダール

若くしてゴダールと出会い、そのミューズとなったアンヌ・ヴィアゼムスキーを演じるのは、『ニンフォマニアック』で主人公ジョー(シャルロット・ゲンズブール)の若き日を演じ、美しさと衝撃が相まった鮮烈なスクリーンデビューを果たしたステイシー・マーティン。

また、時代の寵児ジャン=リュック・ゴダールを演じるのは、ゴダールが牽引したヌーヴェルヴァーグから多大な影響を受けたとされるフィリップ・ガレルの息子ルイ・ガレル。そして監督は、『アーティスト』で第84回アカデミー賞(2012)にて作品賞、監督賞をはじめとする5部門を受賞し、その才能を世界に知らしめたミシェル・アザナヴィシウス。

グッバイ・ゴダール

今年のカンヌ国際映画祭のポスターにも『気狂いピエロ』のキスシーンが採用され、更に新作がコンペティション部門に入るなど、今もなお世界中で敬拝され愛される巨匠ゴダール。彼と10代で出会い、共に時代を駆け抜けたアンヌの知られざる日々を、今まさにフランス映画界を代表する監督・俳優陣によって描く注目の作品です!

あらすじ

もうすぐ19歳のアンヌは、パリで暮らす哲学科の学生。そんな彼女の人生に驚きの出来事が起こる。映画を変えたと世界中から注目される天才監督ジャン=リュック・ゴダールと恋に落ち、彼の新作『中国女』で主演を飾ることになったのだ。

グッバイ・ゴダール

新しい仲間たちと映画を作る刺激的な日々、そしてゴダールからのプロポーズ…。生まれて初めての体験ばかりの毎日に、アンヌはあらゆることを夢中で吸収していくが、パリの街ではデモ活動が日に日に激しくなり、ゴダールは次第に革命に傾倒していく――。

グッバイ・ゴダール

試写会概要

【日時】2018年7月4日(水)18:00開場/18:30開映(上映時間:108分)
【会場】ユーロライブ(東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 2F)

【注意事項】
※受付時間やイベントの詳細はご当選者へのみお知らせいたします。
※当選者ご本人を含む2名様のご招待となります。当日は招待状を必ずお持ちください。
※満員の際は消防法によりご入場をお断りいたします。予めご了承ください。
※開演後のご入場は堅くお断りいたします。
※当日は会場にマスコミの取材が入る予定です。ご了承の上、ご来場ください。
※都合により、ゲストは予告なく変更、イベントが中止、日程変更となる場合があります。予めご了承ください。

応募方法

こちらのプレゼントは、『女の転職@type』会員様限定のプレゼントです。
会員登録(無料)がまだお済みでない方は下記のフォームより登録をしていただき、ご応募をお願い致します。

会員登録

プレゼント応募ボタン


【応募締め切り】2018年6月27日(月)12時00分
※当選した試写状の転売は固く禁じさせていただいております
※当選者の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます

皆さまからのご応募をお待ちしております。


グッバイ・ゴダール

映画『グッバイ・ゴダール!』2018年7月13日より新宿ピカデリーほかにて順次公開
監督:ミシェル・アザナヴィシウス『アーティスト』  
原作:アンヌ・ヴィアゼムスキー「Un an après」(DU BOOKS刊)
出演:ルイ・ガレル『サンローラン』/ステイシー・マーティン『ニンフォマニアック』/ベレニス・ベジョ『ある過去の行方』ほか
配給:ギャガ 公式サイト:gaga.ne.jp/goodby-g
© LES COMPAGNONS DU CINÉMA – LA CLASSE AMÉRICAINE – STUDIOCANAL – FRANCE 3.