06
JAN/2014

カキューテキ速やかに痩せたい!シリーズ② 暗闇系エクササイズ『FEEL CYCLE』を試してみた

タグ:

冬は脂肪を蓄えやすい季節。じっくり生活改善した方がよいのは分かりつつ、今すぐこのたるんだ身体をどうにかしないとやばい・・・。そんな危機感を募らせている運動不足気味のそこのあなたに贈るお正月スペシャル企画!
1回のレッスンで“やった感”が味わえる最新ハード系エクササイズを編集部が体験レポート。地道にコツコツやるのが苦手な女性でも「ダイエットを始めたわたし、偉い」と思えるレッスンを見つけるべく、編集部の女子メンバーが身体を張ってきた!

feelcycle
 AYAKA

【今回の先生】 AYAKAさん

前職は語学教師という異色の経歴を持つ美人インストラクター。2012年、FEEL CYCLEの1号店となる銀座店のオープンをきっかけにインストラクターを志し、同年デビュー。取材時は、池袋店に勤めていたが、現在は2014年1月にグランドオープンする表参道店を任されている

音楽好きにはたまらない!
ハイセンスなスタジオの空気に心躍る

前回の体験レポートから約2週間、やっと筋肉痛も落ち着いてきた頃に第2弾である。今回は筆者・編集部Nと若手編集部Aの2名で、『FEEL CYCLE』というバイク系エクササイズに挑戦してきた。

FEEL CYCLEは、“専用のフィットネスバイクを使用し、照明を落とした暗いスタジオでバイクをこぎながら、クラブで踊るようにエクササイズを行う新ジャンルのエンターテインメント型グループエクササイズスタジオ”とのこと。現在ニューヨークでは爆発的な人気なんだとか。

「クラブで踊るように」「ニューヨーク」という日ごろご縁のないキーワードに少々ひるんだのは言うまでもない。

「スタジオ内は暗闇なので、周囲を気にせずに全身で音楽を感じながら45分間何も考えずにいられます。音楽は好きだけどクラブはちょっと・・・という方でも、“クラブ風”の雰囲気を味わえるという感じなので、緊張しないで大丈夫ですよ♪」

という、AYAKA先生のキュートな笑顔に安心感を覚え、何とかなるかも・・・とレッスン開始したのであった。

「暗闇にまぎれて変身願望をかなえられる」という
思いがけないメリットに気付く

feelcycle

エントランス部分はモノトーンでまとめられており、一歩足を踏み入れると自分もハイセンスなニューヨーカーになった気分を味わえる。平日夜のレッスンは受講者が多いということで、更衣室は若い女性がたくさんいた。体験したレッスンでは男女比は3:7くらいだった印象。

feelcycle

専用のシューズは、ペダルとガッチリ繋がる構造になっている。サイズも豊富なのでビッグフットでも安心。シューズを持ち歩かなくていいのは仕事帰りに通うのに荷物が少なくてすむのでありがたい!

feelcycle

レンタルウエアに着替えてスタジオに入ると、先生がバイクの座り方やペダルのセット方法を教えてくれた。前方中央に設置された先生のバイクは、音楽と照明を操るタブレットや機材が置かれていてまるでDJブースのよう。
照明が落ち、音楽をかけるとあんなに優しそうだったAYAKA先生が豹変! めちゃくちゃ発音のいい英語を交えながら受講者たちのテンションを上げていく“煽り系女子”に!
かっこいい、かっこいいです!先生!

feelcycle

一気にその場の空気に感化され、楽しくなってきた編集部。ペダルはちょっとこぐと勝手に回るので、意外と力を入れなくてもOKな反面、勢い良くまわりだすとなかなか止まらないので、慣れるまでは膝ごと持っていかれそうになるプチ恐怖も味わえる。
スタジオ内はDJ、もとい先生を囲むように約70台のバイクがいい感じの間隔で設置されている。写真のポーズは基本の動作の1つであるプッシュアップの状態。腕立て伏せのような動きで二の腕の引き締め効果が期待できる。(期待できなきゃやってられないくらいハード)

feelcycle

プログラムによって音楽はヒップホップやトランスなどさまざまなジャンルが組み合わさっているとのこと。今回体験した初心者用のレッスンではエミネムの有名な曲がかかっていた。写真は「Speed up~!」という先生の掛け声で、持てる全力の力でこぎまくっている状態。45分の間に数回この動きを求められ、一気にHPを奪われる。
「暗闇なのでしんどかったらサボっちゃっても大丈夫ですよ♪」と聞いていたが、実際はまったくサボれる空気ではなかった。(最前列を陣取っていたので仕方ない)

feelcycle

編集部Aの躍動感を見ればお分かりの通り、バイクエクササイズのイメージを覆すこの上半身の動き! 紛れもなく「全身運動」でダイエットしてる感を味わえる。
ちなみにこの動きは、立ちこぎの状態で上半身を左右に体重移動する動作をしているところ。隣の人と逆の動きをしてしまうと、かなり顔を寄せ合う感じになってしまうのでそこは注意した方がよい。

feelcycle

煽り系DJがどんどんのせるので、スタジオ内はかなりノリノリな状態に。レッスンの流れに合わせてペダルの重さを自分で調整するのだが、DJ(もはや先生という認識でない)の「torque up! torque up!」(=トルクを上げてペダルを重くする)の掛け声でトルクを回すのは慣れるまでなかなか難しかった。

feelcycle

最後の一番盛り上がる部分ではなんとミラーボールが! クラブっていうかもう宇宙、コスモを感じてきたよ、筆者は。ミラーボールだけでなく、ブラックライトの中で蛍光イエローに輝くダンベルを振り上げたときの鏡に映る光景は、それはそれはコスモ。
曲に合わせて変わる照明も、エクササイズのつらさを忘れさせる重要な要素だと感じた。

筋肉痛は足よりも二の腕、
そして何よりも痛いのは・・・

実際にやっている時は、テンポの良い音楽やかっこいい照明の効果なのか、「きついけど楽しい」というトランス状態で乗り切れる。足が辛いのかと思いきや、一番しんどかったのは腕立て伏せのような動きだった。翌日の筋肉痛は足よりも肩から腕にかけて。
というか、一番痛いのは股(笑)。サドルが細くて堅めなので、自分の全体重を支えた恥骨が悲鳴を上げた模様。ただし、
レッスン時にはぜんぜん痛くなかったので、慣れれば平気になるのかも?
レッスン後、素に戻ったAYAKA先生にFEEL CYCLEの効果について聞いてみると、「1年間ほぼ毎日通って14キロ痩せた女性もいますよ! 」という驚愕の実績を教えてくれた。
そこまでストイックでなく、「昨日食べ放題に行っちゃったからその分」と言って不定期で来られる方もいるそうで、生活スタイルが乱れたときのリカバリーとしてバランスをとっているような人の方が現実的には多そうだ。

「1レッスンで400~800kcalくらい一気に消費できるので、『食べ過ぎた!』と思ったらすぐ来てください(笑)。本気でシェイプアップを目指すなら、週2回を3カ月続けたらリバウンドせずに身体が変わってくると思います。運動が苦手な方でもぜんぜんOK、ダンサー出身のインストラクターもいるので、ショーを見ているように楽しめますよ」

確かに先生のテンションの上がり方は「Let’s Show time!」という言葉がぴったりであった。正直、最初はちょっと恥じらいがあったが、先生があまりにも気持ち良さそうだったので思い切ってマネしてみたところ、ぐっと楽しくなったので、2回目以降はたぶん最初から楽しめるはず。

ダイエットのためにストイックに通うというよりは、暗闇で大声を出して発散したいときや、自分を捨てて別人になりたいときに行きたくなるかも、と思った筆者であった。

 FEEL CYCLE Ikebukuro

【体験した場所はこちら】FEEL CYCLE Ikebukuro

東京都豊島区西池袋1-10-8 サングロウビル5F 池袋駅から徒歩1分と、仕事帰りに利用しやすい。シューズとタオルはレンタル無料、ウエアは有料でレンタルできるので手ぶらでOKなのが嬉しい。今後は表参道、赤坂、関西初出店の心斎橋もオープンする予定 http://www.feelcycle.com/

取材・文/根本愛美(編集部) 撮影/洞澤 佐智子(CROSSOVER)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あなたにオススメの記事

人気女優・モデルから指名が絶えないカリスマトレーナーAyaさ...
今、人気モデルや女優から指名の絶えないCrossFit(クロスフィット)トレーナーのAyaさんが考える、真の女性美とは?...

クロスフィットトレーナーAyaの“おうちトレーニング法”を大...
おうちでできる&体が変わるトレーニング法を人気モデルや女優から指名の絶えないCrossFit(クロスフィット)トレーナー...

休み明けの「だる重」な体をがつんと絞りたい! RIZAPのイ...
確実に痩せたい人の味方『RIZAP』に直撃取材!トレーナーの伊藤佑さんに、手軽に始められてしっかり継続できる20代・30...

30代になるとなぜ痩せにくい? 20代と同じダイエット方法が...
20代と30代の身体は実際どう違うのか、なぜ歳を重ねると痩せにくいのか。そんな普遍的な悩みを解決すべく、「ダイエット王子...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

育児と両立可能な会社

福利厚生が充実している会社

賞与・インセンティブ充実!働くならしっかり稼ぎたい

女性ならではのアイデアやセンスが活かせる仕事

月給25万円以上の事務職求人