17
FEB/2014

「ル・パン・コティディアン」日比谷店/ オーガニック小麦を使った贅沢ブレッドが楽しめるベーカリーレストラン

タグ:

ご褒美レストラン
働く女子の明日を支える
心と体を満たす!ご褒美レストラン

美味しくて、たくさん食べられて、健康になれる、そしてちょっとステキなお店だったりすると、つらかった仕事のことも忘れちゃう。働く女性のために心も体も満たされる、ご褒美レストランを紹介。この1食が、あなたの明日を救います。

ル・パン・コティディアン

大きな窓から自然光が降り注ぐ店内には
温かみのある「コミューナルテーブル」

日比谷シャンテに程近いビルの1F。こじんまりとした入口だが、道路に面した窓際にはおいしそうなパンやケーキ、スプレッドなどが楽しげに並んでいる。今回紹介する『ル・パン・コティディアン』日比谷店は、ベルギー発祥のベーカリーレストランだ。

1Fにはテイクアウトもできる販売スペースがあり、ビジネス街に位置する日比谷店ならではの工夫として、ハイテーブルのコーヒースタンドを併設。2Fには、ゆったりと落ち着けるイートインスペースも用意している。忙しいときにも、身体に優しいパンと飲み物でほっと一息つけるよう配慮されているのが特徴だ。

パンのよい香りもさることながら、ディスプレイ棚やコート掛けといったヴィンテージ感漂うインテリアも目を引く。国内外のル・パン・コティディアンをすべてプロデュースするオペレーションチームが、イメージに合うアンティーク家具や古材を買い集め、さまざまなリメイクを施して各店舗を作り上げているという。“店を訪れた人同士がともに素敵な時間を過ごせるように”との願いが込められた長テーブル「コミューナルテーブル」も、全店共通のアイコンだ。

独自レシピも“地産地消”の考え方でカスタマイズ
各国で愛される味を生み出す

店長の内堀直樹さん
店長の内堀直樹さん

ブランドのDNAをもっとも感じられるのは、オーガニック小麦を使ったライ麦、五穀、バケットなどのハードブレッド。そのほか、旬の食材を取り入れたフォカッチャやヴィエノワズリーを常時40種類以上取り揃えている。また、一緒に食べたいジャムやスプレッドもこだわりの自家製。ヨーロッパの家庭を思わせる、どこか懐かしい味わいで、国内外のオーガニック基準を満たしているものもある。

「イートインでは、ハードブレッドにフレッシュな野菜を載せたタルティーヌが人気です。ボリュームがあり、栄養のバランスもよいので、働く女性のパワーチャージにはもってこいだと思います」と、店長の内堀直樹さん。サラダやスープ、キッシュといった食事メニューも充実しているため、ランチスポットとして利用する近隣のワーカーが多いという。

いずれの料理もレシピのベースは国内外を含めて全店共通だが、国ごとに細かくカスタマイズされているのがポイント。“地産地消”の考え方に基づき、その国に合わせた食材や味付けにアレンジすることで、各国で愛される味を生み出している。

シュリンプ&アボカド with マンゴー、トマトサルサ タルティーヌ

★シュリンプ&アボカド with マンゴー、トマトサルサ タルティーヌ (1,480yen)

まるでヘルシーなピザのような、ボリュームたっぷりのメニュー。ぷりぷりのエビとアボカドは相性ばつぐん。トマトサルサソースの酸味とバジルの香りがよいアクセントとなっている

キヌアデトックスサラダ with オーガニック小麦のブレッド

★キヌアデトックスサラダ with オーガニック小麦のブレッド (1,449yen)

大ぶりにカットしたシャキシャキ野菜の中央には、ターメリックと生姜で炊き上げた“キヌア”がこんもり。いま話題の、栄養価が高くヘルシーな穀物だ。2013年夏の限定商品だったが、大人気となったため定番メニューに仲間入りした

オーガニック小麦のパンバスケット

★オーガニック小麦のパンバスケット Sサイズ (766yen)

ル・パン・コティディアンの名刺代わりともいえる、オーガニック小麦のパンバスケット。全10種類のジャムとスプレッドを自由に付けられる。シナモンビスケットを砕いて作ったクッキースプレッド『スペキュロス』は、そのまま食べてもおいしいほど

ペストリーズ

★各種ペストリーズ

さまざまなペストリーズから、フレンチトースト(273yen)、シナモンロール(304yen)、ブルーベリーマフィン (388yen)をセレクト。オーガニックのドリンクも豊富なので、ティータイムで利用するにも文句なしだ

ル・パン・コティディアン

パンといえば朝食やクイックランチのイメージが強いが、ル・パン・コティディアンはディナーのメニューも豊富。ブランド創設者のぶどう農園から取り寄せたオーガニックワインと、さまざまなタパスを提供している。生ハムやパルメザンチーズ、リコッタチーズ、オリーブスプレッドなどヘルシーなおつまみを盛り合わせた『Sharing Platters』が人気で、上質なお酒と軽食を味わいたいときにはぴったり。帰りがけに、1Fのベーカリーで翌日の朝食をテイクアウトしていくのもよさそうだ。

忙しくてなかなかゆっくり食事ができないとき、コンビニの菓子パンや甘ったるいジャムに頼ってしまうと、「身体によくないことをしちゃった…」と心まで不健康に。そんなときこそ、ヘルシーなオーガニックブレッドの出番だ。気軽に食生活を整えられる秘密基地の1つとして、ル・パン・コティディアンを加えてみては?

メニュー

<LUNCH>
キッシュwithスープ(20食限定) 1,554yen
本日のタルティーヌwithスープ 1,449yen
シュリンプ&アボカド タルティーヌwithスープ 1,659yen
※11時~15時までの提供
※全て税込み価格(2014年2月現在)で記載しています

<Dinner>
プロシュート&メロン 850yen
クスクスベジタブルココットwithシュリンプ 798yen
グリルチキン&グリエールチーズタルティーヌwithマッシュルーム、ローストペッパー、ハーブマヨネーズ 1,701yen
※17時以降の提供
※全て税込み価格(2014年2月現在)で記載しています

データ

●店名:ル・パン・コティディアン 日比谷店
●所在地:東京都目千代田区有楽町1-2-15 マーカスオービットビル 1階・2階
●連絡先:TEL/03-6205-7751
●営業時間:7:30-22:00(L.O.21:00)
●定休日:元日
●アクセス:東京メトロ日比谷駅より徒歩5分
●平均予算:1,000~1,999円
●ホームページ:http://www.lepainquotidien.jp/

取材・文/菅原さくら(アバンギャルド) 撮影/赤松洋太

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あなたにオススメの記事

世界のセレブやモデルが注目する“グリークフード”って? モダ...
2016年3月、銀座にオープンするモダンギリシャ料理レストラン『THE APOLLO』。今、世界のセレブやモデルたちから...

女性に人気の「豆乳鍋」「トマト鍋」「コラーゲン鍋」は本当に美...
冬の定番メニューといえばお鍋。「おいしい」「野菜がたくさん摂れてヘルシー」「短時間で作れる」といいことづくめ。せっかく食...

つい食べ過ぎちゃう前に知っておきたい! 旅行太りを防止する3...
8月は夏休みやお盆休みなどを利用して、旅行を計画されている方も多いのではないでしょうか。旅先で、その土地ならではのご当地...

【レシピが参考になる!】一人暮らしの新社会人にオススメしたい...
多くの人が新生活をスタートする春。最近、一人暮らしを始めた人や、新社会人になってライフスタイルが変わった人の中には、“料...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

単調な毎日を脱出!出会いが多い仕事

インセンティブ充実!プチリッチな生活を手に入れる

女性ならではのアイデアやセンスが活かせる仕事

グローバルな環境で働く!外資系企業&語学を活かせる仕事

仕事と家庭を両立できる仕事