02
JUL/2018

”数円にもこだわる”銀行員の夫が実施する3種類の貯金方法【他人のリアルなお金事情】

タグ:

銀行員夫婦の”家庭のお財布”管理テクニック

いくら仲の良いお友達でも、お金のことは聞きづらいもの。
そこで、気になる他の人たちのリアルなお金事情をブタが調査!

「他の家庭と比べて、うちのお金の管理ってどうなんだろう?」
「みんなどのくらい貯金してるの?」

そんな気になるお金のアレコレを、根掘り葉掘り聞いちゃいます!

>>前回の記事:5つの口座をフル活用!銀行員夫婦の“家庭のお財布”管理テクニック

 取材協力者

取材協力者 えみさん(仮名)

世帯年収1700万円
えみさん(38歳):500万円、夫(39歳):1200万円
都内在住のママ。子供は長女3歳、現在第二子を妊娠中。新卒で入社した大手銀行で個人向けの営業として勤務。夫も同じく銀行員で、共にお金周りには詳しい

貯金方法は大きく3つ!

次は貯金について聞きたいんだけど、「②のお金を夫がそれぞれの貯金方法に振り分ける」っていうのはどういうこと?

mamachari

主に「財形」と「学資保険」で、残った分は②の口座に「普通預金」として貯金しています。
財形はさらに3種類に振り分けています。

簡単に言うと、給与から天引きされて、会社が貯めてくれる形での貯蓄方法が「財形」だよね。

正式名称は「勤労者財産形成促進制度」っていいます。

「財形はさらに3種類に振り分ける」っていうのは?

財形っていっても種類がいくつかあるんですよ。
うちはこの3つに振り分けています。

  • いつでも引き出せて、お金の使い道に制限がない「一般財形貯蓄
  • 年金として60歳以降に受け取れる「財形年金貯蓄
  • 住まいの資金づくりを目的とした「財形住宅貯蓄
  • 一言で貯金って言っても、いろいろなやり方があるんだね〜。
    ところでさ、財形って何がいいの?

    550万円までは、利息に税金がつかないんです。
    利息っていっても利率は銀行預金と大して変わらないから、下手したら数円程度の話ですけどね。

    たったの数円のためにやってるってこと?

    お金を貯められる人って、その数円を「まぁいいや」って思わないんですよ。

    お金を貯められる人は数円を「まぁいいや」と思わない。
    名言だねー。

    さらに②は貯蓄用口座だから、安易に引き出せないようにキャッシュカードを作らないという徹底ぶりです。
    通帳と印鑑を持って銀行窓口に行かないと下ろせないんですよ。

    夫さん、すごいね……!

    マメですよねー(笑)。
    あと、夫は運用は嫌いなんですけど、米ドルはOKなんですよ。
    だから夫管理で、米ドルの「外資積立年金保険」もやっています。

    持ち家は買わないし、生保も入らない

    ボーナスはどうするの?

    ボーナスはフリーダムです!
    それぞれのボーナスは、それぞれが自由に使ってOK。
    私のボーナスは夫が②の「妻の給料振込み口座」から⑤の「妻の自由口座」に移します。

    そっか、えみさんの給与が振り込まれる②の口座は夫さん管理なんだもんね。
    ・・・ということは、夫さんは全部の口座の詳細が分かるけど、えみさんは「家計口座」の③と自分の口座の⑤しか把握していないってこと?

    残念ながら、そういうことです。
    シャクですけどね(笑)。
    でもまぁ私はあればあるだけ使っちゃうタイプなので、これが最適なのかなとは思います。

    そこは納得してるんだね。

    そうですね。
    お金が自由に使えないストレスは、ネットショッピングで解消してます。
    10万円分くらいの欲しいものをカゴに”入れるだけ”っていう仮想ショッピングで(笑)。

    涙ぐましいね(笑)。

    本当に欲しいものがあるときは、夫にプレゼンするんです。
    私は貯金がないけど、夫の口座には絶対にお金が残っているはずだから。

    確かに夫さんは堅実で合理的な感じがするから、ちゃんと理由があれば説得はできそうだね。

    まず、置く場所が決まってないと買ってもらえないんですよ。
    でもちゃんと説明すればどうにかなりますね。
    最近だと「ホットクック」をどうにか買ってもらいました。

    置く場所が決まってないとだめなんだ。
    さすがだねー。
    あ!買い物といえば、えみさんの家は持ち家?

    賃貸です。
    夫には家を買わない確固たる理由があるんですよ。
    買うときが一番高い。だから買わない」っていう。

    さっすが!とことん堅実だね。
    保険はどう?なにか入ってる??

    医療保険は入ってるけど、生命保険は加入してないです。
    賃貸で共働きなら必要ないかなって。
    貯金もしてますしね。

    なんとなく保険に入っている人が多い中、さすが戦略的だね〜。
    なにをするにも考えられててすごい!

    医療保険もだいたい3年ごとに見直しています。
    医療も制度も変わるから、更新しないと。
    年末調整の時とか、「どうなってんだっけ?」と思ったときにチェックしています。

    もうさ、お金に関して不安なことなんてないんじゃないの?

    いやいや、そんなことないです!
    このプランって、夫が元気に勤め上げる前提なんですよ。
    それなりの貯金があるとはいえ、もしものことがあったら成り立たないから、そこは不安ですね。

    文:mamachari編集部

     mamachari | ママとお金の、いい関係

    mamachari | ママとお金の、いい関係

    「mamachari」は働くママのために、ややこしいお金の話を解説するサイトです。"楽しく、かわいく、わかりやすく"をモットーに、投資に関する基本的な情報のほか、よその家庭のお財布事情や自分らしくママたちを紹介しています。


    ※こちらの記事は、『mamachari』コンテンツから転載をしております。
    >>元記事はこちら

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    Woman typeの最新情報をお届けします

    あなたにオススメの記事

    貯金・結婚・保険・老後――働く女性の“マネー4大不安”をプロ...
    FP高山さんが20代~30代の働く女性たちから受ける相談で多い4つの「お金の悩み」を事例に、実際にどんなことをしてもらえ...

    「収入が増えても貯まらない」本当のワケは? 貯金ゼロ子がすべ...
    ファイナンシャルプランナーの高山一恵さんが、読者の皆さんから寄せられたマネーのお悩みに回答していきます。今回は、「無駄遣...

    「女子力を磨くより、稼ぐ力を身に付けなさい!」上野千鶴子さん...
    男女雇用機会均等法の成立から、もうすぐ30年。企業や社会の中で活躍する女性は増えたように思える一方、厳しい側面も少なくな...

    「貯金があれば安心」は間違い!? 女の人生100年時代、2...
    本特集第一弾でお話を伺ったのは、お金のプロ、ファイナンシャルプランナーの高山一恵さん。人生100年時代を豊かに生き抜くた...

    あなたにオススメの企業

    オススメ求人特集

    単調な毎日を脱出!出会いが多い仕事

    インセンティブ充実!プチリッチな生活を手に入れる

    女性ならではのアイデアやセンスが活かせる仕事

    グローバルな環境で働く!外資系企業&語学を活かせる仕事

    仕事と家庭を両立できる仕事