30
JUL/2018

化粧の濃い若い女性が狙い目!? 銀行員が教える、良い運用担当者の見分け方【他人のリアルなお金事情】

タグ:

銀行員夫婦の”家庭のお財布”管理テクニック

いくら仲の良いお友達でも、お金のことは聞きづらいもの。
そこで、気になる他の人たちのリアルなお金事情をブタが調査!

「他の家庭と比べて、うちのお金の管理ってどうなんだろう?」
「みんなどのくらい貯金してるの?」

そんな気になるお金のアレコレを、根掘り葉掘り聞いちゃいます!

これまでの記事はこちら!

>>その1:5つの口座をフル活用!銀行員夫婦の“家庭のお財布”管理テクニック

>>その2:”数円にもこだわる”銀行員の夫が実施する3種類の貯金方法

>>その3:現役銀行員がレクチャー! 初めて投資を検討するなら、”雨の日の銀行窓口”に行くべき理由

 取材協力者

取材協力者 えみさん(仮名)

世帯年収1700万円
えみさん(38歳):500万円、夫(39歳):1200万円
都内在住のママ。子供は長女3歳、現在第二子を妊娠中。新卒で入社した大手銀行で個人向けの営業として勤務。夫も同じく銀行員で、共にお金周りには詳しい

ギラギラしている人は要注意!担当者の人柄は大事なポイント

運用をやってみようかな〜と思ったら、窓口に行くべし!ってことなんだよね。

そうですね。
まずは自分と合う担当者を探すことが一番大事なポイントです。

へー!なんで?

運用は長期で行うものだから、長く付き合うことになるんですよ。
「今買ったほうがいいですよ」って連絡が来ることもあるし、「今持ってて大丈夫?」って問い合わせをすることもある。
話していて嫌だなぁと思う人はやめた方がストレスがないです。

人と人だもんね〜。

あと、ギラギラしていない担当者の方がいいですよ。
そういう人は積極的に売買を勧める傾向にありますから、緩くやりたいなら避けた方がいいです。
土日に運用に関する説明会をやっていたりもするけど、ギラギラ系の人が講師になりがちなので、そこは要注意ですね。

へ〜(笑)。
逆に「こういう人はオススメ!」っていうのは?

大まかにいうと、一つは「若くて、髪を巻いていて、化粧が濃い女性」ですね。

どういうこと??

自分の人生や恋愛が一番大事だから、「会社のために」っていうベクトルが働きにくい傾向にある気がします。
だから手数料が高い商品を売ろうとしないし、積極的な売買も勧めてきません。

分かる気がする(笑)。
他には?

「子持ちのママ」もいいですよ。
勤務時間が限られてるから程よく働こうってスタンスの人が多いぶん、ガツガツしないし、距離感が程良いです。

なるほどね〜。

あとは「50歳過ぎの人」ですね。
定年が近いから、お客さんと楽しくやりたいって気持ちの方が強い。
逆に生活がかかっている男性は、全体的にギラついている人が多い気がします。

めっちゃ具体的。

初心者でもできる、”いい担当者”の見極め方

大まかな見分け方は分かったけど、その人がいい担当かどうか、初心者が見分ける方法はある?

「初めてなんです」って言ってみて、それに対する反応をチェックしてみてください。

へー。

目が泳ぐ人はダメです。
初めての人や若い人に慣れていない可能性があります。
投資信託の主な顧客層は50代以上ですからね。

慣れていない担当者と初心者だと、コミュニケーションが難しそう。

あとは、メリットとデメリットをきちんと説明できる人がいいですね。
特にリスクの話をしない人はやめた方がいいです。

シンプルに信用できないもんね。
じゃあさ、デキる担当者かどうかを見極めるために、えみさんだったらどんな質問をする?

「これからの日本株と米ドルの相場ってどうなるんですかね?」かな。
長期スパンで裏付けや根拠をもとに説明をできる人であれば、かなり信用に足るんじゃないかと思います。

知ってる人っぽーい(笑)。

面倒くさがりは、マイナンバー・本人証明書・印鑑を持参すべし

窓口で話を聞いて、運用を始める人と、始めない人は何が違うと思う?

うーん、やらない人に多いのは、「よく分からないからやめとこう」ですね。
「今までも大丈夫だったし、やったほうがいいんだろうけど、今じゃなくていいや」っていう。

後回しにしちゃうやつね。

そうなんですよ。
でも、今やらないでいつやるの?って話なんですよね。
始めるなら1日でも早い方がいいし、本当は30歳から始めるのでも遅いくらいです。

ドキッとした30代がたくさんいそう。

やっていくうちに仕組みが分かってくるから、まずはとりあえず始めてみることをオススメしたいですね。
「積み立てNISA」なら月5000円から始められるので、気軽ですよ。

他にどんなものが始めやすいの?

海外旅行が好きなら、「外貨積立」かな。
分かりやすいし、旅行先で使うこともできます。
投資信託はよく分からないからっていう理由で、外貨積立から始める人は多いですね。

いろいろやり方はあるんだね。

そうなんですよ。
商品もやり方もさまざまだから、複数の担当者に話を聞いてみて、比較できるとベストです。

うーん。でも面倒くさくなりそう。

そういう人はフィーリングの合う担当者が見つかった時にすぐ申し込めるように、マイナンバーと本人証明書、印鑑を持参するといいですよ。
さらに住民票があるとベストです。
どうしても持ち帰ると面倒になりますからね。

確かに、ある程度勢いは大事かもね。
いや〜参考になった。
ありがとうございました。

文:mamachari編集部

 mamachari | ママとお金の、いい関係

mamachari | ママとお金の、いい関係

「mamachari」は働くママのために、ややこしいお金の話を解説するサイトです。"楽しく、かわいく、わかりやすく"をモットーに、投資に関する基本的な情報のほか、よその家庭のお財布事情や自分らしくママたちを紹介しています。


※こちらの記事は、『mamachari』コンテンツから転載をしております。
>>元記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あなたにオススメの記事

貯金・結婚・保険・老後――働く女性の“マネー4大不安”をプロ...
FP高山さんが20代~30代の働く女性たちから受ける相談で多い4つの「お金の悩み」を事例に、実際にどんなことをしてもらえ...

「収入が増えても貯まらない」本当のワケは? 貯金ゼロ子がすべ...
ファイナンシャルプランナーの高山一恵さんが、読者の皆さんから寄せられたマネーのお悩みに回答していきます。今回は、「無駄遣...

「とりあえず普通預金に貯めてるだけ」ではNG! 貯蓄で損する...
ファイナンシャルプランナー高山一恵さんに、これまでにあった相談事例を元に、働く女性たちのお財布事情を職種別に解説してもら...

「お金が貯まる」だけじゃない! 貯金で得られる一生モノのメリ...
「貯金ができない!」そんな入社3年目女子のお悩みに、『入社1年目の教科書』の著者である、ライフネット生命・岩瀬さんがアド...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

単調な毎日を脱出!出会いが多い仕事

インセンティブ充実!プチリッチな生活を手に入れる

女性ならではのアイデアやセンスが活かせる仕事

グローバルな環境で働く!外資系企業&語学を活かせる仕事

仕事と家庭を両立できる仕事