20
AUG/2018

働く女性が30歳になるまでに知っておきたいこと【お金編】

タグ:

働く女性が30歳になるまでに知っておきたいこと【お金編】
20代半ばごろから忍び寄ってくる、「もうすぐ30歳になっちゃう!」という感覚。年齢なんて気にする必要は全く無いけれど、焦るような、落ち着かないような、何となく不安な気持ちを抱えている人は少なくないのでは?

そこで、20代のうちに読んでおきたい記事を「お金」「キャリア」「カラダ」という3つのテーマで編集部がピックアップ。漠然としたモヤモヤを消し去ることは難しくても、不安の種を減らす知識は身に付けることができるはず。

今回は、「お金」について30歳になるまでに知っておきたいことをご紹介しよう。

「貯金ほぼなし。リッチ男子と結婚して専業主婦になりたい」アラサー女の末路

「貯金ほぼなし。リッチ男子と結婚して専業主婦になりたい」アラサー女の末路【連載:高山一恵さん】
マネー相談にいらっしゃる20代の独身女性とお話していると、意外にも「専業主婦になりたい」という人が多いことに驚きます。特に、計画的に貯蓄をしてこなかった方だと、「誰かに頼りたい」という気持ちが強くなるのかもしれません。ただし……

>>記事を読む

「貯金があれば安心」は間違い!? 女の人生100年時代、20代のうちに身に付けたいお金の知恵

「貯金があれば安心」は間違い!? 女の人生100年時代、20代のうちに身に付けたいお金の知恵
厚生労働省(2015)の調べによれば、現在の女性の平均寿命は87歳、男性は80歳となっている。日本人は年々“長寿化”しており、ファイナンシャルプランナーの高山さんは「今の20~30代の女性たちは、90歳まで生きることがほぼ確実だと思った方がいい」と言う。

一方、「老後が不安だからと言って、ひたすら節約をしたり、貯金のことばかり考えたりする必要はない」とも話す。その上で、20~30代の働く女性たちが「人生100年時代のお金」について特に意識すべきことを4つのポイントで紹介してくれた。

>>記事を読む

いつも「貯金がない」と悩む女性に共通する3つのNG習慣――「何となく払い」「ちょこ買い」「後から貯蓄」に要注意!

いつも「貯金がない」と悩む女性に共通する3つのNG習慣――「何となく払い」「ちょこ買い」「後から貯蓄」に要注意!
「もうすぐ30歳だというのに、お金が全然貯まりません。自分ではそんなに無駄遣いをしているつもりはないのですが……。貯まらない人に共通することってありますか?」(28歳/営業事務)


>>お金のプロの回答を読む

働く女性が知っておくべき節税術とは? マネーのプロが3つのポイントを解説

いつも「貯金がない」と悩む女性に共通する3つのNG習慣――「何となく払い」「ちょこ買い」「後から貯蓄」に要注意!
「毎月給与明細を見ていると、いろいろと税金が引かれています。でも、税金について詳しくないので何が引かれているのかよく理解できず、無駄なものもあるのでは?と不安になります。税金の節約ができるなら、知りたいです」(29歳/営業職)

>>お金のプロの回答を読む

女・28歳独身! 理想的なお金の使い方&貯め方って?――働く女性455人のお財布事情をデータで解剖

女・28歳独身! 理想的なお金の使い方&貯め方って?――働く女性455人のお財布事情をデータで解剖
周囲の人にはなかなか相談しづらいお金のこと。友人同士であっても、「貯金はいくらあるの?」「普段どれくらいお金を使ってるの?」なんて、聞けないもの。それだけに、自分の金銭感覚が正しいものなのかどうか、分からない人も少なくないだろう。

そこで今回は、20代~30代の働く女性455名を対象に、月々の手取り収入のうち支出と貯金にどれくらいを割いているのか項目別に調査! さらに、お金のプロ、ファイナンシャルプランナーの高山一恵さんによる評価コメントも記載。アラサー独身・都内在住の働く女性たちにとっての「理想的な収支バランス」を伺った。さて、あなたのお金の使い方・貯め方は、多数派? 少数派?

>>記事を読む

「結婚したい未婚女子は今すぐ実家暮らしをやめなさい!」FPが教える30歳までに一人暮らしをしないことのリスク

「結婚したい未婚女子は今すぐ実家暮らしをやめなさい!」FPが教える30歳までに一人暮らしをしないことのリスク
「28歳、独身で彼氏はもう何年もいません。年収は350万円ほどありますが、いまも実家暮らしで一人暮らしをしたことはありません。仕事が忙しく、ほぼ毎日、食場と家の往復で終わります。このまま実家にいたらきっと恋愛も結婚も遠のいていくのだろうなと思いつつ、忙しい毎日ゆえに実家に暮らす便利さから抜け出せません。やっぱり一人暮らしした方がいいですか?」(クリエイティブ関連職/28歳女性)

>>お金のプロの回答を読む

実はあなたもプレ・ワーキングプア!? 30代になる前に見直すべき仕事とお金の「そこそこ」思想

プレワーキングプア
今やすっかり定着した感のある「ワーキングプア」という言葉。“働く貧困層”とも訳されるが、「貧困レベルにまではいってないし」と対岸の火事のようにとらえている人も多いのでは? だが、各世代の平均年収ほどは稼げない……そんな、「プレ・ワーキングプア」層が非常に多く存在していることが国の統計などから浮き彫りになってきた。

収入が少ないと、日々の生活で我慢を強いられることはもちろん、将来的に見てもさまざまなリスクや不安が考えられる。そこで、将来プレ・ワーキングプアにならないために20代のうちから身に付けておくべき仕事やお金に対する心構えを、ファイナンシャルプランナーの氏家祥美さんと、キャリアカウンセラーの水野順子さんに伺った。

>>記事を読む

結婚費用は全国平均でいくら? 未婚女子が知っておくべき結婚に掛かるお金と貯蓄のコツ

結婚式の費用
近いうちに結婚の予定がある人も、いつかは結婚したいという人も、多くの女性が気になるのが結婚費用だと思います。披露宴、ハネムーン、マリッジリングなどなど、どのくらいお金を準備しておけばよいのでしょう。出会ってすぐに意気投合し電撃結婚!なんてこともあるかもしれません。そんな事態が起きても対応できるように、備えを万全にしておきたいものですよね!

結婚情報誌『ゼクシィ』の「結婚トレンド調査2014」によると、結納・婚約〜新婚旅行を含めた結婚費用の全国平均は……

>>記事を読む

結婚・出産が見通せない独身アラサー女性必読! 「これからのお金の心配」を減らすために今できること

貯金
30歳が迫ってくると、誰もが一度は考えるお金のこと。「そろそろ、将来のことを踏まえて真面目に考えなきゃな……」と思いつつも、結婚や出産などのライフイベントの見通しが不透明な状態で、どのような準備をしていいのか分からないという人は多いのでは?

そんな疑問に、マネーとキャリアを連動したライフプランニングで人気を博しているファイナンシャル・プランナーの氏家祥美さんが答えてくれた。


>>記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あなたにオススメの記事

看護師女子の給料はストレス買いと貢ぎ代に消えていく!? “ナ...
ファイナンシャルプランナー高山一恵さんに、これまでにあった相談事例を元に、働く女性たちのお財布事情を職種別に解説してもら...

実家暮らしなのに貯金ゼロ!? 稼いだお金のほとんどが“自己投...
ファイナンシャルプランナー高山一恵さんに、これまでにあった相談事例を元に、働く女性たちのお財布事情を職種別に解説してもら...

堅実なやりくりに余念なし!「早期リタイアで趣味生活を満喫した...
ファイナンシャルプランナー高山一恵さんに、これまでにあった相談事例を元に、働く女性たちのお財布事情を職種別に解説してもら...

体メンテナンスに月7万円!? “終電帰りが当たり前”な多忙...
ファイナンシャルプランナー高山一恵さんに、これまでにあった相談事例を元に、働く女性たちのお財布事情を職種別に解説してもら...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

単調な毎日を脱出!出会いが多い仕事

インセンティブ充実!プチリッチな生活を手に入れる

女性ならではのアイデアやセンスが活かせる仕事

グローバルな環境で働く!外資系企業&語学を活かせる仕事

仕事と家庭を両立できる仕事