04
FEB/2019

「赤ちゃん、泣いてもいいよ!」 そのひと言に救われるママ・パパたちにエールを

タグ:

市場の常識を変える!挑戦ヒストリー
イノベーター列伝

市場の常識を変えるような華々しいプロダクトやサービスが日々メディアに取り上げられる今日。その裏では、無数の挑戦や試行錯誤があったはずです。「イノベーター列伝」では、既存市場の競争軸を変える挑戦、新しい習慣を根付かせるような試み、新たなカテゴリの創出に取り組む「イノベーター」のストーリーに迫ります

今回話を伺ったのは、検索エンジンやポータルサイトなどインターネット情報サービスを手掛けるエキサイトの石上有理氏と村井麻衣子氏。公共の場などで泣き出した赤ちゃんに焦るママに対し、「泣いても気にしていませんよ」と意思表示するためのステッカーを配布する「WEラブ赤ちゃんプロジェクト」の立ち上げメンバーです。大反響を呼んだユニークな取り組みの原点を探りました。

石上有理氏・村井麻衣子氏
石上有理(イシガミ・ユリ)
大学卒業後、新聞社に6年間勤務。その後1年間ウェブの編集プロダクションに転職し、2012年にエキサイト株式会社に転職。2年間エキサイトニュースを担当した後、第一子出産のため1年間育休をとり、復帰後はママ媒体へとリニューアルしたウーマンエキサイトの編集を担当。

村井麻衣子(ムライ・マイコ)
多摩美術大学を卒業後、2008年にエキサイト株式会社に入社。ポータルサービスやブログサービスの運営、新規サービスの立ち上げに携わる。5年間占いサービスを担当したのち、ウーマンエキサイトを担当。2014年に出産、1児の母となる。復帰後はウーマンエキサイトのディレクションとマーケティングを担当

>>この記事はBRAND PRESSから転載しています

自分の意図どおりに伝わるとはかぎらない

石上有理氏(以下、石上氏):メディアの仕事に興味を持ったきっかけは、学生時代に夢中になった海外旅行でした。アルバイトで資金を貯めて、タイやドイツ、スペインなど10カ国以上に足を運びました。特に行きたかったニューヨークへ渡航したのは、“9・11”(アメリカ同時多発テロ)の1年後。マンハッタンの中心部には警備員が10メートル間隔に立っていたり、世界貿易センタービルの跡地には行方不明者を探す方がいたりと、日本のメディアを通して見ていた印象とはどこか違っていました。帰国後、家族や友人に自分の体験を話しているうちに“伝える”という仕事に興味を持ち、卒業後は新聞記者の道へ。取材などで人と出会う機会が多かったので、一度出会った方のキャラクターを感じ取ってほかの方にも説明できるように把握する習慣が、このころに身に付きました。

石上有理氏

その後、ウェブメディアの制作会社を経てエキサイトへ転職。入社後は「エキサイトニュース」を2年間担当。産休明けにママ向け情報サイト「ウーマンエキサイト」へ異動となりました。

これまでのキャリアの中で忘れられないのが、新聞記者時代に書いたある助産師の方を紹介する記事に対する読者からのクレームです。自分が電話で対応したのですが、その際に「あなた、子どもはいるの? いないからわからないのよ」と理不尽に言われてしまって。まだ若かったこともあり、その一言で傷つき、取材した助産師の方は立派な方だったのに自分の記事でそれを伝えられなかったことを申し訳なく感じました。そのとき、先輩記者から言われた「いろんな人がいるから、読者全員から良いと思われる記事を書くことは難しい」ということばが印象に残っています。自分の伝えたいことが意図どおりに受け取ってもらえるとはかぎらないけれど、書いたものを読者がどう感じるのか、という第三者の目線を大切にしながら、いまも仕事に取り組んでいます。

「なぜそうなる?」の視点を常に持っていたい

村井麻衣子氏(以下、村井氏):わたしは新卒でエキサイトへ入社しました。通っていた美大の卒業制作で掲示板サイトを作ろうと思い立ったのがWebサービスとの最初のかかわりです。幼いころからずっとアトピー性皮膚炎に悩んでいたのですが、「同じ症状の人と気軽に相談できる場所があったら」という思いから、老若男女問わずさまざまな地域の人とコミュニケーションできるネットの世界に着目しました。卒業制作の評価対象はデザイン面ということもあり実際の運用までには至りませんでしたが、普通に暮らしていたら出会うことがない人と対話できるというネットの可能性に魅力を感じました。

村井麻衣子氏

入社後は、モバイルサイトやポータルサービス、占いサービスの企画運営を担当。わたし自身が当時、占いのヘビーユーザーだったので、占いをするユーザーの視点に立った考え方ができてよかったです。その後、女性向けの情報サービス「ウーマンエキサイト」へ異動。もともとは独身女性向けのメディアだったんですが、姉妹サイトとしてママ向けメディアを作ることになりました。ちょうど妊娠中に立ち上げを担当し、産後復帰したあとに2つのサイトが統合して「ウーマンエキサイト」がママ向けメディアにリニューアルしたときも担当していました。キャリアを振り返ってみると、プライベートの変化に合わせるように、自分が読者とイコールの状態になれるサービスへ配属されていますね。

これまでの人生で最も影響を受けた人物は、レオナルド・ダ・ヴィンチです。画家でありながら医者として血液や筋肉の流れを把握したうえで絵を描いていたと知って、学生時代にわたしもまねをして骨の標本が載っている図鑑などを見ながらひたすらデッサンしていました。何事に対しても「なぜそうなるんだ?」という思考を持ちながら行動するという大切さを学びましたし、いまでもその視点は常に持っていたいと思っています。

読者プレゼントに予想外の反響

石上氏:わたしたちが「WEラブ赤ちゃんプロジェクト」を始めたのは、エッセイストの紫原明子さんからの「『赤ちゃんが泣いても大丈夫ですよ』と意思表示ができるシールを作りたい」という提案からでした。紫原さんがカフェでパソコンを広げていたとき、向かいの席で寝起きの赤ちゃんが泣きだしてしまったのを「かわいいな」と眺めていたそうです。しかし、その視線がお母さんにとってプレッシャーになってしまっているのではと感じたことがきっかけだそうです。

そこで、当時はウーマンエキサイトの販促ツールとして、赤ちゃんのイラストの横に「泣いてもいいよ!」と書いたステッカーを制作しました。子どもの日である2016年5月5日に読者プレゼント企画として打ち出したのですが、30名の枠に900名以上の応募があり驚きました。自由回答欄に書かれた「電車やバスの車内で使いたい」「人混みの中で子どもが泣き出してしまい、周囲の目が気になった」といった応募者の声に後押しされ、本格的にプロジェクトとして始動することを決意。妊娠期間の“十月十日”にちなみ、同年10月10日に「WEラブ赤ちゃんプロジェクト」のサイトを立ち上げました。その後SNSなどで話題が拡散し、企業からもお問い合わせをいただくようになり、2カ月後にはプロジェクト賛同企業や団体の募集も正式にスタートしました。

村井氏:2019年1月現在の個人賛同数は3万6,000件以上、賛同企業・団体数は202。14県の知事で作る「日本創生のための将来世代応援知事同盟」の賛同も得られ、各地の方言ステッカーも作成・配布されました。立ち上げメンバーであるわたしと石上さんも同い年の子どもを持つ母親。当時は1歳児で、電車やバスの中で子どもが泣いてしまう苦労を経験していた世代でしたが、先輩ママの紫原さんのアイデアにすごく心が救われて、ほかのママにも同じように伝えたくて、何とか形にすることができました。

石上氏:自分自身が当事者だったこともあり、「わたしたちママにもっと気を使ってね」という“違った意味合いのメッセージ”になっていないかという懸念はありました。わたしたちがやりたいことは、ママやパパたちが「自分たちが弱い立場である」と主張することではなく、”応援している人がいることを可視化すること”なので、いまも伝え方には気を付けています。柴原さんからアイデアをいただいたとき、ママである自分自身にも“いいんだよ”って言っていただいた気がしてうれしかったですね。それと同時に、「大丈夫だよ」と思っていてもそれを素直に伝えることの難しさに気づかされました。

石上有理氏・村井麻衣子氏

ママ像の過渡期に何を提示するか

石上氏:新卒からメディア事業に携わっていることもあり、情報収集は習慣的に行っています。昭和から平成にかけて共働き世帯が増え、“ママ”は過渡期。「ご飯は必ず手作りで」「保育園に子ども預けるのはかわいそう」という考え方は、どんどん現実的ではなくなりつつあります。そういう時代の変化をとらえながら、ママ向けメディアとして何ができるかを考えていかなければなりません。

「WEラブ赤ちゃんプロジェクト」には年齢や性別を問わず「子どもがいないけど、何かできることがあれば応援したい」という声もたくさんいただきます。そう思ってくださっているだけで、育児に参加しているのと同じだとわたしたちは考えています。

村井氏:
最終ゴールとしては、こんなプロジェクトがなくても良い社会になること。赤ちゃん連れのママとパパに対してだけでなく、みんながだれにでもやさしく思いあえて「公共の場で赤ちゃんが泣いていても大丈夫」ってあたりまえに思える社会になればいいなと思います。

一方で、「赤ちゃんが泣いてもいいから」と居直ってしまうママ側のマナーの問題もあります。プロジェクトを通して知ったことでもあるのですが、大きな音に敏感だったり苦手だったりする病気もあり、なかには赤ちゃんの泣き声を聞くとめまいがしてしまう方もいるようです。そのような赤ちゃんの泣き声をめぐる背景について、もっと細かく伝えていく必要があります。そういう方に対して、ママ側にも周囲への配慮について伝えていく取り組みもしていきたいです。


■会社概要:エキサイト株式会社

本社所在地:東京都港区
設立:1997年8月
代表者:代表取締役社長 西條晋一
資本金:1億円
事業内容:インターネット情報サービス

>>この記事はBRAND PRESSから転載しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あなたにオススメの記事

「キャリアアップ=管理職になる」だけじゃない! 世界的ファッ...
世界最大級のファッション検索サイト『SHOPSTYLE』を運営するPOPSUGAR Inc.エグゼクティブ・ヴァイスプレ...

「これって変じゃない?」にツッコミを!“女らしさ・男らしさ”...
フリージャーナリストの治部れんげの2人のお子さんは、社会が決めた「女らしさ」「男らしさ」にとても敏感だ。なぜ学校の出席番...

「30代になるとシゴトとプライベートってどう変わるの?」20...
「なんだか仕事に振り回されている気がするんですけれど?」という20代働く女子のお悩みに、女子部JAPAN(・v・)の30...

「仕事も家庭も大事にしたい」働く女性たちがリアルに共感! 映...
映画『コウノトリ大作戦!』(ワーナー・ブラザース配給)が2016年11月3日(木・祝)より大ヒット公開中!全国公開に先駆...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

育児と両立可能な会社

憧れの上司と働く!女性管理職がいる会社

インセンティブ充実!プチリッチな生活を手に入れる

プライベートも充実!年間休日120日以上の求人

未経験でも安心!ノルマが厳しくない営業求人