30
JUL/2019

“しんどい疲れ”の原因は脳疲労!? 寝る前の『1分間すっきりストレッチ』で体のだるさを改善しよう

タグ:

仕事が終わると疲れて何もやる気が出ず、ベッドに倒れこむ毎日。整体やマッサージに行っても改善されない、しつこい疲れに悩んでいる女性は多いのではないだろうか。

疲れている女性

「実は、なかなかとれない疲れの原因は、体ではなく“脳”にあります

そう語るのは、東京疲労・睡眠クリニックの院長を務める梶本修身さん。しぶとい疲れを取るために重要なのは“脳を休めること”だという。

そこで今回は、疲れのメカニズムと疲労回復に効果的なストレッチ方法を、梶本さんに教えてもらった。

疲労と睡眠研究のパイオニアに学ぶ
“疲れのメカニズム”

「脳の自律神経は、体中の内臓組織や筋肉を24時間休みなく制御しています。運動時はもちろん、デスクワーク中も集中力や緊張をコントロールするために、脳は常にフル回転で活動しているのです」(梶本さん)

こうして脳の疲れが蓄積すると、自律神経に過度な負荷をかけないように、脳が「体が疲れた」という信号を出す。これが疲労感の原因だという。

また、自覚がないうちに疲労が溜まってしまうというケースもあるそうだ。例えば、楽しい仕事をしているときは疲れを感じにくく、その結果、自分のキャパシティー以上に頑張ってしまうことがある。しかし、その間も「疲労感なき疲労」が蓄積され、脳と体を蝕んでしまうのだという。

そこで、正しい自分の脳の状態を知るため、まずは下記のチェックリストで脳疲労を確認してみよう。

脳の疲れ具合チェックリスト

□毎朝、目覚まし時計やスマートフォンのアラーム音で目覚める
□毎晩、ベッドに入ると5分以内に寝つける
□夏でも就寝時にエアコンを消す
□いびきをかく
□集中力が高く何かに没頭するとまわりが見えなくなる
□疲れたら栄養ドリンクを飲む
□ノルマを決めて運動するようにしている
□仕事中、こまめに休むより、まとめて休みたい
□熱めのお風呂に長湯をするのが好き
□「今日だけタクシー」と思ってもがまんして歩く

実はこのチェックリスト、一つでも当てはまれば脳が疲れているというサイン。
自分が思っていたよりも、疲労を蓄積させてしまっている人が多いのではないだろうか。

脳疲労をリセットするための唯一の方法が、“睡眠”です。効果的に疲労をケアするために、寝る前の『1分間すっきりストレッチ』がおすすめです」(梶本さん)

このストレッチを行うことで、眠りを妨げる原因である「いびき、血管のつまり、リンパ管のつまり」を改善し、深い眠りに導くことで、効果的に疲れをケアできるようになるという。

「1分間すっきりストレッチ」の方法
“良い睡眠”に導く3STEPで疲れをリセット!

STEP1 太ももゆるゆる伸ばし[20秒]

ストレッチ
血管やリンパ管の詰まりを取って疲労感を解消

(1)ベッドや布団の上で横になる。腕は力を抜いて体の横に置く
(2)両ひざを立てる
(3)太ももを左右に開き、左右の足の裏をぴったりと付ける。そのままの姿勢で10~15秒キープ
(4)ゆっくり太ももを閉じ、両膝を立てた状態に戻す

STEP2 ひざばたばたストレッチ[30秒]

ストレッチ
寝返りの癖付けでいびきを防止、眠りを深める

(1)両ひざを立てた状態からスタート
(2)上半身は上を向いたままで、両ひざを一緒に左側に倒す
(3)右腕と一緒に、上半身も左側に倒す
(4)両ひざを立てた状態に戻し、右側も同様に行う。これを左右交互に3秒ずつ、5回繰り返す

STEP3 全身ゆったり伸ばし[10秒]

ストレッチ
全身の関節を伸ばしてすっきり

(1)ゆっくり呼吸をしながら両手を上に伸ばす。ひざを伸ばし、両足もまっすぐ伸ばす
(2)手首、ひじ、肩、首、腰、股、ひざ、足首などの関節部分をまっすぐ伸ばすように意識して10秒キープ

“鶏むね肉”が疲れた脳を軽くする!

『1分間すっきりストレッチ』で脳疲労をリセットすると共に、疲労軽減物質「イミダペプチド」を含む食品を積極的に摂り、脳疲労を溜めないことも大切だと梶本さんは言う。

イミダペプチドは鶏むね肉に多く含まれる。コンビニのサラダチキンでも摂取できるので、毎日100gを目標に継続してみてほしい。

▼オススメレシピ

鶏むね肉をつかったレシピ
鶏むね肉を使ったレシピ

マッサージに通っても、お風呂に浸かっても改善しないしつこい疲れに悩んでいる人は、さっそく寝る前の「1分間すっきりストレッチ」を試してみてはいかがだろうか。ぐっすりと深い眠りで脳から疲れをとることができれば、気持ちも体も軽くなり、日々を快適に過ごせるようになるはずだ。

 疲労回復専門医 梶本修身

疲労回復専門医 梶本修身

東京疲労・睡眠クリニック院長。文部科学省「疲労と疲労感に関する分子神経メカニズム研究班」において疲労の定量化技術の開発に携わり、「産官学疲労定量化および抗疲労食薬開発プロジェクト」ではプロジェクト責任者を務める。ニンテンドーDS『アタマスキャン』をプログラムして「脳年齢」ブームを起こした人物


疲労回復の名医が教える 誰でも簡単に疲れをスッキリとる方法
【書籍紹介】
疲労回復の名医が教える 誰でも簡単に疲れをスッキリとる方法
何をやっても疲れがとれない、寝てもすっきりしない。そんなあなたにこそ試してもらいたい疲労回復法を紹介します。

>>Amazonで購入する

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あなたにオススメの記事

「もしかして私、息臭い……?」食後の“毒出しうがい”で仕事合...
今回は、歯学博士・照山裕子先生に、働く女性にオススメの口臭予防の方法を教えてもらいました。

あくびは身体の危険信号! 酸欠状態から脱するための3つの方法
眠いときや、退屈なときに出てしまうあくび。あくびは身体に酸素を取り込み、疲労回復を促す効果がありますが、あまり頻繁にあく...

【原因はストレス?】頭痛で吐き気・めまいを感じたときの対処法...
ストレスからくる慢性的な頭痛。どうしたら起こらないように予防できるのか、2人の専門家に聞いてみました。

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

福利厚生が充実している会社

やっぱり欲しい安定感! 大手・上場企業で働こう

制度充実!子育てしやすい会社

トレンドを発信!ファッション・コスメ系の仕事

女性ならではのアイデアやセンスが活かせる仕事