11
NOV/2019

30代半ばで乳がん・不妊治療を経験した私が、アラサー&アラフォー女性に伝えたいこと

タグ:

持つべきものは、頼れるメンター!
「後輩たちへ」

長く仕事は続けていきたい。でも、どんな仕事が自分に合っているのか、そもそもどんな人生を送りたいのか、自分のありたい姿が明確にならない女性も多いはず――。そこでこの連載では、さまざまな人生経験を積んできた『Mentor For』のメンターたちが、“豊かなキャリア”を描いていくためのヒントを後輩女性に向けて送ります

皆さんこんにちは!

今回から計3回の連載を担当します、Mentor For公式メンターの西部 沙緒里です。本業は「働く女性の健康支援」を手掛けるベンチャー企業、株式会社ライフサカスの代表をしています。

>>「私、子供が欲しい気持ちに本気で向き合えてなかった」30代で不妊を宣告され、不妊サポート会社をつくった女性が語る“後悔しない生き方”

2018年、Woman typeで私自身のインタビューを掲載いただきました。ですので、自己紹介は上記の記事に譲るとして、取材当時からの自身の変化と発見、そこから読者のみなさんへ今、お伝えしたいことについて書いていきます。

 西部 沙緒里さん

【この記事を書いた人】
西部 沙緒里さん

博報堂をへて16年(株)ライフサカス創業。「現代女性の健康と生殖」をテーマに、不妊体験などを紹介するウェブメディア『UMU』運営、企業や学校で研修・講演活動も担う。Mentor For公式メンター、中小機構人材支援アドバイザー。女3人ユニットでポッドキャスト番組『edamame talk』も放送中

乳がん宣告、不妊治療……
30代半ば、リアルに感じた“ライフステージの変化”

全体をくくるテーマはズバリ、「アラサー・アラフォー女子のための、逆境を転機に変える方法」にします。巷で流行りの言葉で言えば、“レジリエンス”でしょうか。

私はこの数年、自社で主宰するリアルストーリーWEBメディア『UMU』の中で、不妊、産む、産まないにまつわる、まさに「逆境」=「ままならない境遇、人生の想定外」を経験した数多の女性と、そのパートナーの肉声を伝えてきました。

かくいう私自身、30代半ばから、女性のライフステージで起こるさまざまな問題に翻弄され、逆境や想定外の連続でした。

時系列に書いていくと、

・会社員だった37歳で突如「乳がん」の宣告
・ひと山越えた直後、今度は「不妊」に直面
・辛い「不妊治療と仕事の両立」に苦しむ
・ようやく妊娠が発覚したのが、タイムリーにも「会社設立の1週間後」
・闘病~不妊治療期間の「体力ロス」が戻らない上、怒涛の創業期と高齢妊娠&出産~新生児育児期が「完全に丸かぶり」に(もはやカオス……)

と、例えるなら、リセットボタンの無いRPGゲームの主人公になり、ひたすら泣きながら敵に立ち向かい続ける……そんな感覚の数年間でした。

これらに加え、約1年前。事業で失敗し、創業を支えてくれた大切な仲間たちと離れる、ということを経験しました。多くの人に迷惑も心配も掛け、消えたくなるほどの心境で、やむを得ない場合を除きしばらくは外出さえできませんでした。

不妊

ですが、そこから暗黒の時間を過ごし、あらゆる負の感情を感じきった時、不思議と湧き上がる感覚がありました。それは、何も無いこんな自分だけど、でも「生きている」という、鮮烈な実感でした。平穏な時には、認識さえしていなかったことかもしれません。

その時、私は一つの気付きを得ます。「最悪の出来事も最高の出来事も、どちらも自分の“底力”に立ち帰らせてくれる点においては同列で、正も負も、良いも悪いも本当は無いのかもしれない」、と。

そんな発見の後、少し時間が経過して、家族以外の人と連絡が取れるようになりました。すると現実に変化が起こり始めたのです。新たな出会いがひらけたり、お仕事をいただいたり、食事をおごっていただいたり(笑)と。そして、四季が一巡した今、より多くのプロジェクトに携わり、かつ、去年にはなかった肩書きまでがいくつか加わることとなりました。

逆境は転機の入り口である

不妊

直近の経験を踏まえ、改めて確信したこと。それは「逆境は転機の入り口」であり、かつ、自分をアップデートできる機会でもあるということです。

渦中はもちろん、ドロドロになりますよ(苦笑)。ですが復活した時には、闘えるステージがフワっと一つ上がっている。そんな感覚です。

かたや残念ながら、逆境を抜けたら人生バラ色、にもならないのが現実です。一時的なポジティブハイにはなれても、過去まで「無かったこと」にできる訳じゃない。経験上、消えてしまいたいような出来事が一気に帳消しになることは、ほぼ“無い”んです。

だから大切なのは、心にあり続ける傷を、毒を淡々と受け入れ、でもなお「生きる」と前を向く。そんな決意や覚悟、周囲への感謝、そして先ほどの“底力”を信じ続ける力ではないか……私は、そう考えます。

結局のところ、私自身も会社も、女性がライフステージで直面する「逆境の越え方」の経験則や、選択肢を提供する活動をしているように思います。

もちろん一般化は不可能ですし、絶対の正解もないでしょう。が、数え切れない女性の生き様を取材し、自身もこの数年のプロセスを辿ってきた中、そこに「一定のポイントや共通項は存在する」ことが分かってきました。

七転八倒して得てきたその中身を、日頃のメンタリングでメンティーに、研修・講演では女性社員や女子学生たちにお話しているメッセージからも吟味し、読者の皆さんにお伝えしていきます。

具体的には、

・アラサー・アラフォー女性が直面しうる逆境、ネガティブな出来事(心身不調やメンタルダウン、不妊、仕事上の失敗など)からの「転機」の導き方
・未来の逆境や想定外に備えるための「ライフプラン」や「ヘルス・リテラシー」の重要性、高め方

などを取り上げる予定です。

同じ時代を生きる女性同士、ある人の身に起きたことは明日、他の誰かに訪れるかもしれない出来事です。一人一人の経験を皆の力に変え、互いにサポート・応援しあえる社会をつくっていきたいですね。

次回もどうぞお楽しみに!

>>Mentor for

『後輩たちへ』の過去記事一覧はこちら

>> http://woman-type.jp/wt/feature/category/work/juniorをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あなたにオススメの記事

出産後、キャリアに悩む女性には“ある想像力”が必要だ「ワーマ...
今、ワーキングマザーに新たな悩みが浮上している。「ただ復帰するだけじゃいや。仕事のやりがいに関する悩みが増えています」こ...

「管理職は特別な人がなるもの」という考え方が間違っている理由
長く仕事は続けていきたい。でも、どんな仕事が自分に合っているのか、そもそもどんな人生を送りたいのか、自分のありたい姿が明...

「私、子供が欲しい気持ちに本気で向き合えてなかった」30代で...
欲しいと思ったときに子供を授かれるかは、誰にも分からない。でも漠然と、根拠もなく、「自分は大丈夫」と思ってしまう。37歳...

「ありたい姿」が見つからず悩み抜いた20代――社会人留学、転...
長く仕事は続けていきたい。でも、どんな仕事が自分に合っているのか、そもそもどんな人生を送りたいのか、自分のありたい姿が明...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

インセンティブ充実!プチリッチな生活を手に入れる

女性ならではのアイデアやセンスが活かせる仕事

グローバルな環境で働く!外資系企業&語学を活かせる仕事

仕事と家庭を両立できる仕事