29
JAN/2020

生理用品が進化している!月経カップ、生理用パンツ、おしゃれナプキンほか5選

2019年は、これまでになく「生理」関連のトピックスが話題になった一年でした。

例えば、株式会社ウツワ代表取締役のハヤカワ五味さんが立ち上げた生理用品のセレクトショップ『illuminate』や、ユニ・チャームが行った「#NoBagForMe」プロジェクト、女性ファッション誌『SPUR』(集英社)が渋谷で行った7400枚のナプキン配布イベント……。

「生理用品を隠すための紙袋やビニール袋は いりません」その選択肢を後押しするプロジ ェクト「#NoBagForMe」を、生理用ナプキンな どを扱う大手メーカー、ユニ・チャームが始めた。プロジェクトメンバーは、ハヤカワ五味さんや菅本裕子(ゆうこす)さんなど
「生理用品を隠すための紙袋やビニール袋はいりません」その選択肢を後押しするプロジェクト「#NoBagForMe」を、生理用ナプキンなどを扱う大手メーカー、ユニ・チャームが開始。プロジェクトメンバーは、ハヤカワ五味さんや菅本裕子(ゆうこす)さんなど

>>【ハヤカワ五味】「なぜ可愛いナプキン使うしかないんだろう」生理用品開発に乗り出した理由

生理をタブー視するカルチャーを変え、もっと自然に生理を受け入れ、生理用品の購入においても一人一人が持つ選択肢を増やしていこうとする動きが目立ちました。

その流れを受け、生理用品のバリエーションも徐々に多様化。目新しいアイテムも多数登場しています。

そこで今回は、進化する生理用品を5つピックアップしてご紹介します。

新しく自分の選択肢に加えたいサニタリーアイテム

1.【月経カップ】慣れたら手放せない!生理を快適に乗り切る必需品
メルーナ クラシック M サイズ

メルーナ クラシック M サイズ

欧米を中心に広まっている、腟内に入れて直接経血を受け止めてくれるシリコン製のカップ。最長 12 時間交換不要(個人差あり)とあり、外出時に生理用品を持ち歩かなくて済むのが魅力。

膣内に入れている感覚がほとんど無く、タンポンのように紐が垂れたりもしないので、「慣れたら手放せない」という利用者の声も。生理日をより快適にしたいという人は、一度トライする価値あり。

 

2.【生理用パンツ】履くだけで実現するラクチン生理ライフ
ムーンパンツ

ムーンパンツ

15~20mLの液体を吸収してくれるサニタリーショーツ。経血量が多い日を除けばナプキンが不要となるため、ムレやかぶれが気になる人から支持されています。

使った後は、すすいで洗濯機で洗えるのでお手入れもラクチン。月経カップやタンポンのように膣に入れる必要が無いため、初心者もトライしやすいのが特徴。「多い日は月経カップと併用する」という人もいるようです。

 

3.【使い捨てビデ】生理期間が短くなる?膣内洗浄ですっきり爽快に
matsukiyo リエッセ 4本入り

matsukiyo リエッセ 4本入り

膣内を洗浄してさっぱりできる使い切りビデ。生理の終わりかけ、膣内に残った経血もスッキリ洗い流してくれるため「使い切りビデのおかげでナプキンの必要な期間が短くなった」という声も。

オリモノが多くムレやかぶれが気になるときや、海やプールで泳いだ後の衛星面が気になるときにも役立つアイテム。

デザインのバリエーション広がる、生理用ナプキン

月経カップなどの新しいアイテムには「抵抗がある」という人も少なくないと思いますが、使い慣れた生理用ナプキンも実は進化中。デザインのバリエーションが広がっています。

これまではハートやフリルがあしらわれた“かわいらしい”デザインが生理用ナプキンでは主流でした。でも、かわいいものが好きな女性ばかりではありませんよね。そこで今、かっこいい・シンプル・クールなデザインのアイテムも増えています。

4.トイレに置いてもお洒落な、茶色一色のシンプルなデザイン
エリス Megami(メガミ) 素肌のきもち※ネット通販限定デザイン

エリス Megami(メガミ) 素肌のきもち

茶色一色という、生理用品としてかつて無いシンプルさを実現したEC 限定デザイン。2019 年 10 月にロハコで先行販売され、SNS で「こんなの欲しかった!」の声多数。上部がパカッと取り外せる外装は、そのままトイレに置いてもお洒落。

 

5.オーガニックコットン100%、シックなモノトーンパッケージ
ネイチャリス※マツモトキヨシ専売品

ネイチャリス オーガニックコットンナプキン

ドラッグストア「マツキヨ」で買える生理用ナプキンには、モノトーンのパッケージがシックな「ネイチャリス」が新登場。100%オーガニック素材でふんわりやさしい肌触り。

 

生理の重さや期間中の症状は一人一人違い、さらに年齢や環境によっても変化していくもの。その時々の自分に合うアイテムを選べるよう、サニタリーアイテムの進化にぜひ今後も注目を。

構成/Woman type編集部

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あわせて読みたい記事

【ハヤカワ五味】「なぜ可愛いナプキン使うしかないんだろう」生...

【ハヤカワ五味】「なぜ可愛いナプキン使うしかないんだろう」生...
ハヤカワ五味さんが今、生理用品の開発を進めている。ハヤカワさんは株式会社ウツワの代表取締役として、これまでランジェリーブ...

“アラサー3大疾病”を発表! 20代後半からリスクが高まる病...

“アラサー3大疾病”を発表! 20代後半からリスクが高まる病...
産業医の石井りな先生にアラサー世代が特に気を付けるべき病気3つと、健康な体で30代を迎えて過ごすためのコツを教えていただ...

「検診を受けてるからOK」ではない!? 働く女性が見落としが...

「検診を受けてるからOK」ではない!? 働く女性が見落としが...
アラサー世代がかりやすい婦人科系疾病を早期発見するのに役立つ、危険シグナルを成城松村クリニックの松村先生に教えてもらった...

ハヤカワ五味が“自分らしさ迷子”に示す道筋「人に流されるのは...

ハヤカワ五味が“自分らしさ迷子”に示す道筋「人に流されるのは...
株式会社ウツワ代表取締役社長のハヤカワ五味さんは、「人生の舵を切るためには、自分の意思で“選ぶ練習”をしておいた方がいい...

あなたにオススメの記事