13
MAY/2020

在宅ワークで悪化した首こり・肩こりを解消するには? 医師に聞く心と体をリラックスさせるコツ【医師監修】

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、在宅ワークをする人が増えています。会社で使っているようなデスク、チェアが使えず、一日中座りっぱなしという環境で、「首や肩のこりがひどくなっている」と感じている人も多いのではないでしょうか。

肩こり 首こり

また、自粛生活の中で気持ちが苛立っていたり、体が緊張状態になっているという人もいるかもしれません。

そこで今回は、池袋大谷クリニック院長の大谷義夫先生に首・肩のこりを解消し、自宅でリラックスして過ごすためのコツを伺いました。

大谷義男

池袋大谷クリニック 院長  大谷義夫さん

1963年に東京都豊島区に生まれる。1989年に群馬大学を卒業後、東京医科歯科大学第一内科、呼吸器内科、睡眠制御学講座において、21年間にわたり、内科疾患・呼吸器疾患・アレルギー疾患・睡眠医療に従事する

首・肩こりの改善には、血行ケアがポイント

肩凝り 首凝り

大谷先生がオススメするのは、下記の4つ。いずれも、血行改善に効果があり、それが首こり・肩こりの解消につながるとのこと。

血行改善に効果的なこと

・深呼吸をする
・鼻呼吸をする
・水分をしっかり取る
・磁気治療器を使ってみる

いずれも、自宅で気軽に取り入れられるものばかり。仕事でPC作業が多い人は、自然と呼吸が浅くなりがちなので、小まめに休憩時間を確保し(1時間作業したら、10分程度休憩を入れる)、深呼吸、水分補給をしてみましょう。

大谷先生

全身に新鮮な酸素を取り込むためには、浅くなってしまっている呼吸を深く戻すことが重要です。そのため、意識的にゆっくり、深く、鼻で呼吸することを気付いた時にだけでも意識してみてください。

加えて、水分補給も有効です。乾燥しがちな粘膜保護にも役立ちますし、血の流れを良くします。それでも首や肩など、体のこりが気になる場合は、市販の磁気治療器を背中や肩に貼ってみるのもオススメです

血行改善を促すことは、疲労解消にも役立つそう。何となく疲れがとれない状態が続いている人にもぜひ意識してみてください。

また、普段から口呼吸が癖になってしまっている人の中には、鼻呼吸がうまくできないという人も。意識的に鼻呼吸をするための効果的な方法を大谷先生が紹介してくれました。

【1】口に水を含んで呼吸

鼻呼吸

1.適量の水を口に含みます
2. 口は使わず、鼻呼吸を続けます

口に水を含んでいる間は、必然的に鼻呼吸をすることになります。深い呼吸を鼻で行うためのトレーニングとして有効です。

【2】口すぼめ呼吸

口すぼめ

1.2秒かけて鼻から息を吸う
2.口をすぼめて6秒かけて口から息を細く長く吐く(1セット10回程度繰り返します)


ゆっくり息を吐き出すことで副交感神経が優位になるため、リラックス効果があります。イライラしたときや、疲れを感じたときにもおすすめの呼吸法です。

首や肩のこりが改善され、深い呼吸によって体がリラックスすると、眠りの質まで改善されるので、疲労回復にも役立つそう。テレビを見ながらや、お風呂に入りながら、日常生活の中で是非取り入れてみてくださいね。

文/Woman type編集部 イラスト画像提供/ピップ株式会社

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あわせて読みたい記事

首・肩の凝りや代謝ダウンを招く「スマホ巻き肩」が働く女性に急...

首・肩の凝りや代謝ダウンを招く「スマホ巻き肩」が働く女性に急...
ピップ株式会社の調べによれば、20代女性の75%が1日あたり1時間以上スマホを使用。それによって、“スマホ巻き肩”の状態...

生理痛・だるさ・イライラなどの不調を根本から改善! 自分の体...

生理痛・だるさ・イライラなどの不調を根本から改善! 自分の体...
今回は、漢方薬でホルモンバランスの乱れを整える方法をご紹介! 自分の体質に合った漢方薬を選ぶコツもお教えします。

あくびは身体の危険信号! 酸欠状態から脱するための3つの方法...

あくびは身体の危険信号! 酸欠状態から脱するための3つの方法...
眠いときや、退屈なときに出てしまうあくび。あくびは身体に酸素を取り込み、疲労回復を促す効果がありますが、あまり頻繁にあく...

原因はストレス? 頭痛で吐き気・めまいを感じたときの対処法「...

原因はストレス? 頭痛で吐き気・めまいを感じたときの対処法「...
ストレスからくる慢性的な頭痛。どうしたら起こらないように予防できるのか、頭痛予防・改善に詳しい脳神経内科の医師と六本木・...

あなたにオススメの記事

あなたにオススメの企業