25
MAY/2020

【太らないおやつの選び方】コロナ太り対策で「甘いものを我慢するのは禁物」と管理栄養士が話す理由

タグ:

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、在宅勤務や外出自粛になったことで、「コロナ太り」というキーワードを耳にするようになりました。

株式会社サーティフィットの調査によれば、新型コロナ感染拡大をきっかけに自宅にいる時間が増えたことで、女性の42.7%が体重が増加、男性も30.4%が「コロナ太り」を経験していることが分かりました。

また何kg増加したかという質問では、女性は平均で2.6kg増(回答数:128名)、男性は平均で3.3kg増(回答数:91名)という結果になり、実際に「コロナ太り」が起こっていることが分かります。

また、外出自粛により、長時間自宅にいることにストレスを感じている女性も55.7%という結果に。

単なる運動不足というだけでなく、我慢が続くことでストレスも増え、食に走ってしまう人も少なくないのかもしれません。

管理栄養士・健康検定協会理事長の望月理恵子さんは、コロナ太りについて、次のように話します。

望月先生

慢性的なストレスを受けると、ストレスホルモンによって脂肪を貯め込みやすくなります。

つまり、ストレスは血糖値を上げ、脂肪をつきやすくしてしまうのだそう。「コロナ太り」が気になるからといって、食べたいものを我慢し過ぎてしまうと、悪循環を生んでしまいかねません。

望月先生

砂糖を含む甘いものを食べると、幸福感や癒やしを与えるドーパミンやセロトニンなどの脳内神経伝達物質が脳内に分泌されるため、ストレス解消にも一役かいます。ですから、甘いものを一切食べないダイエットではなく、太らないおやつを取り入れるなどして、健康的な食生活を心掛けることが大事です。

では、太りにくいおやつとは、一体どんなものなのでしょうか? 続けて、選び方のポイントを5つご紹介します。

太りにくいおやつ選びの5つのポイント

①糖質が少なく、食物繊維が多いもの

糖質が多いと血糖値を急上昇させ、その後急降下することで、脂肪になりやすい上、空腹感を感じやすくなります。 寒天ゼリーやおからを使ったスイーツなど、できるだけ糖質が少なく、また血糖急上昇を防ぐ食物繊維の多いものを選ぶのがおすすめです。

②たんぱく質が豊富なもの

ヨーグルトなどの乳製品、ナッツ類、サラダチキンやプロテインバーなどたんぱく質が多いものは満腹感を得やすく、1日の総摂取カロリー を抑えることが可能です。多少糖質が含まれていてもたんぱく質が含まれていれば、血糖値の急上昇が起こりにくく、脂肪になりにくいです。

③ゆっくりよく噛むもの

噛むことは脳の満腹中枢を刺激するため、ゆっくりよく噛むことで、少量でも満腹感を感じやすくなります。さらに、噛むことで消費エネルギーが増え、脂肪を燃えやすくしてくれます。するめやジャーキー、素焼きのナッツなどはたくさん噛むので満腹感を得やすくなります。

④砂糖の代わりとなる甘味料・オリゴ糖入りのもの

例えば、おやつの定番チョコレートを選ぶときは、オリゴ糖入りのものがおすすめです。オリゴ糖は砂糖と近い甘さを持ちながらカロリーは ほぼ半分。その中でも、フラクトオリゴ糖という種類は、糖として身体に吸収されず、血糖値がほとんど上がりません。さらに腸内フローラを改善するため、太りにくいと言えます。

⑤200kcal以内のもの

おやつは食事の補助的な役割でもあります。1日200kcalを目安に選びましょう。

望月先生

おやつは空腹を満たすだけでなく、次の食事の血糖値の急上昇を抑え、太りにくい体をつくります。おやつを賢く取り入れることで、1日の総摂取エネルギーも適量で満足を得られるようになり、太るどころか、痩せやすい体づくりを行うことが出来ます。

まずは健康第一。無理せず、“太りにくいおやつ”を賢く選び、コロナ太り解消に役立ててくださいね。

管理栄養士・健康検定協会理事長  望月理恵子さん

【記事監修】
管理栄養士・健康検定協会理事長 
望月理恵子さん

さまざまな分析に基づく、本当に健康効果のある食事提案、レシピ開発には定評があり、プライベートジム『RIZAP』の立ち上げの際の栄養監修や服部栄養専門学校特別講師、山野美容芸術短期大学講師、小田原銀座クリ ニック栄養顧問など幅広い活動を行っている。テレビやラジオなどメディア出演多数。近著に『ダイエットの新提案 食べる前に飲む特製野菜ジュース』(アスコム)がある

文/Woman type編集部


【「コロナ太りと甘いもの我慢に関する調査」概要】
調査主体:株式会社サーティフィット(第三者機関調べ)
調査方法:インターネットリサーチ    
調査期間: 2020年5月12日(火)~2020年5月13日(水)
調査対象: 全国の男女20歳~49歳    
有効回答数:600人(20代・30代・40代の男女:各100名)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あわせて読みたい記事

「太らない&眠くならない」のダブル効果! ダイエット外来医師...

「太らない&眠くならない」のダブル効果! ダイエット外来医師...
今回は、「眠気撃退もダイエットもできる」、そんな一石二鳥のランチの取り方をダイエット外来クリニックの渋谷DSクリニック院...

【びっくえんじぇる】総重量280キロ!自他共に認める“おデブ...

【びっくえんじぇる】総重量280キロ!自他共に認める“おデブ...
"おデブな自分"を愛する3人組『肥満落下系堕天使アイドル びっくえんじぇる』。細くて華奢な女性が多いアイドルたちの中で異...

ダイエット中こそ取り入れたい! しっかりお腹にたまるヘルシー...

ダイエット中こそ取り入れたい! しっかりお腹にたまるヘルシー...
管理栄養士・道江美貴子さんが働く女性に食の知恵を伝授! 今回は、ダイエット中の働く女性にオススメのヘルシー系おやつ3つを...

朝一杯の豆乳が決め手! 冷え知らずの体づくりに効果バツグンの...

朝一杯の豆乳が決め手! 冷え知らずの体づくりに効果バツグンの...
夏本番を迎えると、ますますクーラーの設定温度が低くなり、冷えから体調を崩す人も多くなります。そこで今回は、冷えに負けない...

あなたにオススメの記事

あなたにオススメの企業