24
JUN/2020

「汗・蒸れに要注意」夏のマスク着用で起きる肌荒れ対策法とは?【医師監修】

新型コロナウイルス感染拡大予防の観点から、マスクを着用する機会が増えている。そんな中で、鼻や頬、口の周りなどの肌荒れが気になるようになった人は多いのではなだろうか?

マスク 肌あれ

よしき皮膚科クリニック銀座の吉木伸子院長によれば、「マスク着用時にかく汗によって、肌荒れが悪化してしまう可能性がある」という。

リモートワークも浸透しつつあるが、職場に出勤しなければいけない人であれば、仕事中のマスク着用を義務付けられているケースも多いだろう。

これからますます気温が上がり、汗をかきやすくなる中で、マスク着用による肌荒れはどのようにすれば防げるのだろうか。吉木先生に対策方法を聞いた。

マスク着用による肌トラブルに悩む女性が増加中

マスク 肌あれ

吉木先生によれば、「マスクに触れる部分の皮膚がかゆい」「赤くなる」などの症状を訴える人の相談が、GWを過ぎた頃から増加傾向にあるという。

吉木先生

特に、女性からの相談が増えています。今後もしばらくマスク生活が続くことが予想されるので、肌荒れを未然に防ぐよう対策していくことが重要になります。

そもそも、なぜマスク着用で肌トラブルが起こりやすくなるのだろうか。

吉木先生

マスクを着用しているときは、顔まわりに汗をかきやすくなります。この、汗に含まれる成分であるアンモニアや塩分などが肌を刺激し、かゆみが起きたり、チクチク、ピリピリといった痛みが生じるようになります。

下記のシートでチェックがついた数が多い人ほど要注意。マスクが手放せない今年の夏は、例年以上に肌のケアに力を入れたい。

危険度チェック

□汗をかきやすい
□敏感肌だと思う
□肌がかぶれることがよくある
□汗をかいても拭かない
□マスクをしている時間が長い
□マスクを動かしてしまう
□マスクのサイズが合わない
□暑いところでマスクをする
□スーツなどの涼しくない服装で、さらにマスクをする

マスク着用による肌トラブルを防ぐ方法

では、マスク着用による肌トラブルを回避するための有効な手段とは何だろうか? 吉木先生がお勧めするのは、次の3つだ。


①汗を小まめに拭くこと
②肌を清潔に保つ&ごしごし洗顔しないこと
③肌を保湿すること

マスク 肌あれ
①汗を小まめに拭くこと
吉木先生

汗をかいたままにしておくと、水分が蒸発して汗の成分だけが肌に残り、刺激になりやすくなります。汗をかいたら、小まめに拭き取りましょう。

汗を拭くときには、濡れタオルなどを利用するとよいという。タオルやガーゼなど肌への刺激が少ない素材で、そっと押さえるように汗を吸い取るようにしよう。

マスク 肌あれ
②肌を清潔に保つこと&ごしごし洗顔しない

次に、洗顔。肌を清潔に保つためには、洗顔料を使ってごしごし洗いたくなってしまうが、“洗い過ぎ”には注意が必要だ。

吉木先生

汗やほこりはお湯だけでも十分洗い流せます。洗顔ソープなどで顔を洗い過ぎると、肌のバリア機能まで低下させてしまいますので、やさしく洗顔することを心掛けて。

マスク 肌あれ
③肌を保湿する

続いて、保湿も夏の肌トラブルを回避するには重要だという。

吉木先生

夏は比較的、肌が乾燥しづらいので保湿ケアが疎かになりがちですが、マスク着用が続いているときは、入浴後や洗顔後の保湿を忘れずに。保湿剤は、ベタつかずさらっとした使い心地のジェルタイプやローションタイプがおすすめです。

ユースキン
携帯サイズの保湿剤などもあるので、職場や外出先でも活用したい

また、既にかゆみや痛みがひどくなってしまっている場合は、すみやかに皮膚科を受診してほしいと吉木先生。基本の肌ケアを意識しつつ、マスクが手放せない夏を快適に乗り切りたい。

構成/栗原千明(編集部)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします