13
AUG/2020

手抜きでもいい。“自分のための料理”がwithコロナ時代の暮らしを豊かにする【クックパッド小竹貴子さん】

コロナショックに見舞われて以来、外食の機会が減っている。外出自粛要請やリモートワークの推進などで在宅時間が長くなり、自炊の機会が増えている人もきっと多いはずだ。

では、毎日の料理を“面倒なもの”にせず、楽しむコツとは何だろうか。『ちょっとの丸暗記で外食レベルのごはんになる』(日経BP)の著者の小竹貴子さんに話しを聞いた。

小竹貴子
クックパッド株式会社
コーポレートブランディング・編集担当本部長
小竹貴子さん

1972年石川県生まれ。関西学院大学社会学部卒業。株式会社博報堂アイ・スタジオでWebディレクターを経験後、2004年有限会社コイン(後のクックパッド株式会社)入社。広告主とユーザーのwin-winを叶えた全く新しいレシピコンテストを生み出す。06年編集部門長就任、08年執行役就任。09年日経WOMAN「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2010」を受賞。12年、クックパッド株式会社を退社、独立。16年4月クックパッドに復職、現在に至る。また個人活動として料理教室なども開催している。シンプルで美味しく、しかも手順がとても簡単なレシピが大人気で、生徒から「料理のハードルが低くなった」「毎日料理が楽しいと感じられるようになるなんて」の声多数

>>前編:料理も仕事も「ちょっとの丸暗記」で驚くほど楽しくなる。クックパッド小竹貴子さんに聞く“自分らしく働く”を叶えるヒント

手を抜いても「美味しいごはん」は作れる

コロナ禍、毎日の自炊生活に疲れてきた人、メニューのレパートリーが広がらず困っているという人もいるかもしれない。できるだけ手間をかけずに美味しいものを作りたいけれど、そんなに簡単に料理上手になれるなら苦労はない。

だが、「実は、美味しいご飯を作るのってそんなに難しいことではありません」と小竹さん。基本のポイントだけ、丸暗記してしまえばいいのだという。

小竹貴子 クックパッド

料理は、最低限身に着けておかなくてはならない基本的なスキルと、自分の好みで自由にアレンジしていいクリエイティビティーから成り立つもので、「基本さえしっかり押さえておけば、上級者でなくても美味しい料理が作れる」と話す。

近著の『ちょっとの丸暗記で外食レベルのごはんになる』では、クックパッド332万品のレシピを見てきた経験から、手を抜いても美味しくなるギリギリのラインを紹介している。

小竹さん

例えば、複雑そうに思える味付けも、基本はすべて大さじ1と覚えておけばOKです。

サラダも和食も、調味料は1:1の比率でほとんど対応できるので、何度か作ればすぐに覚えられますよ。

基本スキルは、一度覚えれば一生もの。身に着ければ何度でも美味しい料理を再現でき、慣れたら自分次第でアレンジを加えていくこともできる。

これさえ覚えれば料理が楽しくなる
忙しい人におすすめの基本メニュー3つ

続けて、小竹さんが教えてくれたのは、簡単に作れて美味しく楽しめる3つの基本メニュー。

小竹さん

私がおすすめしたいのは、味噌汁、パスタ、サラダの基本レシピを覚えてしまうこと。

この3つは基本的な作り方だけ最初に覚えたら、あとはアレンジも自由自在なので、毎日の食卓にバリエーションが出せるようになると思います。

【メニュー1】
アレンジの幅が広がる「ごちそう味噌汁」

味噌汁
小竹さん

具材は冷蔵庫にある残り物でOK。具だくさんの味噌汁とあつあつのご飯さえあれば、それだけでごちそうになりますね。

大きめの煮干しでだしを取ると、だしパックよりもヘルシーで簡単に味噌汁が作れると小竹さん。

小竹さん

味噌汁をより美味しくするためのポイントは、具を3種類以上入れること。

一つ目は、油揚げやちくわ、貝類や肉など、うまみが出る素材を。二つ目は、かぼちゃや大根など食べ応えのある根菜類、三つ目はホウレンソウなどの葉物を入れると、食べて満足度の高い味噌汁ができるはずです。

また、冷やした味噌汁に豆乳を加えれば、冷製スープとしても味わえるという。

小竹さん

夜のうちに多めに作っておけば、翌日の朝食や昼食にも楽しめますし、味噌汁は忙しい人のおうちごはんにぴったりです。

【メニュー2】
フライパン一つで作れる「たらこパスタ」

味噌汁
小竹さん

具がシンプルで、誰にでも簡単に作れるたらこパスタ。基本の作り方さえ覚えておけば、好みにあわせて海苔や大葉を添えたりしてアレンジも自在です。

いつものたらこパスタをより美味しく食べたいときには、ほぐしたたらことバターと昆布茶をボウルに入れておき、ゆでたパスタと和えてみるのが小竹さんのお気に入り。

朝のうちに準備をしておけば、帰宅後はパスタをゆでるだけですぐに食事ができるという。

また、レシピ検索サイト『クックパッド』で人気の“フライパン一つで作れる”ワンパンレシピもぜひ参考にしてほしいと小竹さん。

小竹さん

フライパンにソースを入れ、汁が冷たい状態からパスタと一緒に煮込めばできあがり。手軽で美味しいので、覚えておくと便利です。

メニュー3:デパ地下に負けない贅沢「サラダ」

サラダ
小竹さん

外で惣菜を買って帰るときにサラダを選ぶ人はきっと多いと思いますが、主食をお店で買って、サラダをおうちで作るだけで、一気に食卓が豪華になります。

サラダはアレンジ次第で見た目もきれいになるし、栄養もたっぷり。圧倒的にコスパも高いです。

サラダの味付けには、大さじ1の法則が適用できる。「オイル1:酢1」+「少しの塩分か甘み」と覚えておくと便利だ。

小竹さん

外食気分を味わえるサラダを作りたいときは、オリーブオイルとりんご酢を加えるのがおすすめです。

そこに少しの塩を入れるか、甘みならハチミツを使うと簡単。和風や中華風にしたければ、ごま油+米酢+しょうゆに味付けを変えるといいですよ。

サラダを作るコツとしてぜひ覚えておきたいのが、野菜の切り方。基本的にすべて同じサイズに切ると、食感が良くなり美味しさもアップすると小竹さん。

また、「アボカドときゅうり」「いかとセロリ」など同系色でそろえると、おしゃれ度が一気に高まるとのこと。

小竹さん

デパ地下の惣菜に負けない、味も見た目もばっちりのサラダがあれば、それだけで気分も上がりますね。

「自分のための料理」を覚えましょう

クックパッド 小竹貴子

ちょっとしたコツをつかむだけでで、毎日の料理のハードルはぐっと下がるはず。しかし、料理を「つらいもの」にしないために大切な心掛けが一つあると小竹さん。

小竹さん

それは、自分のために料理をするということ。子どものため、家族のため、恋人のために頑張るのではなくて、自分が食べたいものを楽しんで作ってください

私も以前は、子どものためにという一心で、毎日栄養バランスを考えながら、手料理を作り続けていたんです。

でも、以前子どもと一緒にファミレスを訪れた時に、こんなことを言われました。『今日はお母さんといっぱいしゃべれてむっちゃ楽しかった!』と。

その時、親が忙しくしながら手の込んだ料理を作るよりも、一緒に買い物をしたり、一緒に料理をしたり、ときには外食しても、親子でおしゃべりしながら食べる方が、子どもにとっては楽しい食事なのだと気付いたのだそう。

小竹さん

誰かのために頑張るというのは、実は単なる自己満足なのかもしれません。手を抜くところは抜いて、自分自身が料理を楽しむことが大切だと思えた瞬間でしたね。

惣菜を買って来て、サラダや味噌汁など1品だけ手作りするとか、ひたすらビジュアルにこだわってお皿や盛り付けを工夫してみるのも料理を楽しむ一つの方法。料理をただの作業にするか、楽しみにするかは自分の考え方次第だ。

小竹さん

新型コロナの問題が落ち着くまでは、しばらく外出する機会は減っていくでしょう。

家にいる時間が長くなる分、料理やおうちごはんの時間をわくわくするものへと変えられれば、毎日はより充実しますね。

楽しくて、美味しくて、健康にもいい。料理が得意になると、良いことづくめです。

>>前編:料理も仕事も「ちょっとの丸暗記」で驚くほど楽しくなる。クックパッド小竹貴子さんに聞く“自分らしく働く”を叶えるヒント

取材・文/瀬戸友子 人物撮影/赤松洋太 料理写真撮影/深澤慎平


著書情報

ちょっとの丸暗記で外食レベルのごはんになる

ちょっとの丸暗記で外食レベルのごはんになる(日経BP刊)

料理が楽しく・得意になるには、美味しくつくれることが一番の近道です。クックパッドの立ち上げメンバーとして、さまざまなレシピに触れ、自ら料理してきた小竹貴子さんが「手を抜いてOKなところ」「こだわった方が良いポイント」を簡単なルールにして解説。「調味料はすべて大さじ1」など、ちょっとの丸暗記で日々の料理が楽しく、美味しくなります。

価格:1,650円(税込)
発行日:2020年6月1日

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あわせて読みたい記事

「部下が次々に離れていった」帰ってきたクックパッド初代編集長...

「部下が次々に離れていった」帰ってきたクックパッド初代編集長...
子育てとの両立、フリーランスとしての活動など、多様な働き方を経験しながら軽やかにキャリアを積んできたクックパッド初代編集...

社員3名、月給5万円からスタートしたクックパッドでの9年間―...

社員3名、月給5万円からスタートしたクックパッドでの9年間―...
社員3名、月給5万円からスタートしたクックパッドでの9年間―小竹貴子さん×藤井佐和子さん対談企画

「結婚・出産後は辞めようと思っていた」――育児と仕事を両立す...

「結婚・出産後は辞めようと思っていた」――育児と仕事を両立す...
株式会社STRIDEの代表取締役社長 石田裕子さんと、クックパッド株式会社で編集長を務める草深由有子さん。幼い子供を抱え...

料理も仕事も「ちょっとの丸暗記」で驚くほど楽しくなる。クック...

料理も仕事も「ちょっとの丸暗記」で驚くほど楽しくなる。クック...
手早く、おいしい料理を作るコツは、「ちょっとの丸暗記」と話す、『クックパッド』の編集担当本部長・小竹貴子さん。この「ちょ...

あなたにオススメの記事