25 JUL/2012

いつものコーデにレオパード柄を加えて手持ち服のムードを変える 【連載:宮田理江が解説 今知りたい!トレンド・キーワード Vol.3】

宮田理江が働く女子に“旬”のファッションを解説
今知りたい!トレンド・キーワード

ファッションは自分流に楽しみたいから、目先の流行に振り回されたくない。でも、新トレンドのエッセンスは押さえておきたい。そう思っている働く女子は多いハズ。そんな気持ちに応えて、ファッションジャーナリスト・宮田理江が「これだけは見逃せない」という旬のおしゃれトレンドを解説し、明日からの着こなしを引き立てるお役立ちテクニックを提案します。オフィスやプライベートでのスタイリングに生かせる知恵とスキルをあなたにレコメンドします。

ファッションジャーナリスト 宮田理江(みやたりえ)
ファッションブランドの販売員やバイヤー、プレスを経験して、ファッションジャーナリストへ。現場経験を生かしたファッショントレンド分析・解説、スタイリング提案までマルチにこなす。自分らしい着こなしを見つけるための手ほどきを集めた著書『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(共に学研)が発売中http://riemiyata.com/
いつものコーデにレオパード柄を加えて手持ち服のムードを変える 【連載:宮田理江が解説 今知りたい!トレンド・キーワード Vol.3】

定番プリント柄として浸透しつつあるレオパード(ヒョウ)柄。近頃は様々なアイテムが登場し、着こなしのバリエーションも増えてきました。

爽やかでカジュアルなイメージのボーダー、ガーリー&フェミニンなムードのドット、ボーイッシュ&トラッドな雰囲気のチェックと、柄にはそれぞれの持ち味があるもの。レオパード柄は装いにスパイスを加えたいときにぴったり。

夏場はどうしてもさっぱり、ゆるい着こなしになるから、そんな時にレオパード柄スカートを合わせれば、リラックスコーデにも辛口エッセンスが加わります。スカートやシャツなど割とシンプルなアイテムで取り入れるのが、レオパードをうまく操るコツです。

夏リゾートスタイルの日はサンダルやかごバッグで合わせて。一足先に秋モードを先取りしたいなら、バッグをレザーにしたり、スニーカーで合わせたりと注目トレンドアイテムを取り込んで。着こなしの幅がぐんと広がります。

いつものコーデにレオパード柄を加えて手持ち服のムードを変える 【連載:宮田理江が解説 今知りたい!トレンド・キーワード Vol.3】

レオパードは主張のある柄だけに、最初は小物や靴で差し込んで、着こなしにアクセントを加えて。扱いに慣れてきたら、次は洋服へ。いつもの手持ちワードローブからも、別の表情を引き出してくれるから、頼りがいがあります。

いつものコーデにレオパード柄を加えて手持ち服のムードを変える 【連載:宮田理江が解説 今知りたい!トレンド・キーワード Vol.3】

1.「Ujoh」のサテンワンピース 3万8000円 (スピック&スパン ノーブル 日本橋店)
レオパードにもカムフラージュ模様のような表情の新タイプが登場。パウダーのような淡いトーンの柄ならやさしく上品な雰囲気にアレンジしやすそう。特有のワイルドなムードはちゃんと残っているから、花柄やドット柄に比べると、大人っぽい出で立ちに仕上がります。

2.「Abas」のウォレット 2万3000円 (スピック&スパン 新宿店)
「Abas」のカードケース 5500円 (スピック&スパン 新宿店)
財布やカードケースは、バッグから出し入れするときに目に留まりやすい小物。だから、レオパード柄を選べば、ちょっとした仕草の折に、おしゃれ度を印象づけることができます。クラッチバッグのようなデザインの財布は、そのまま手に持ってお出かけしたくなるようなデザイン。

3.「PAOLO SANTI」のバレエ 9500円 (ル タロン 町田店)
リボン付きのフラットシューズは上品で愛らしい姿。レディーな丸っこいフォルムに、レオパード柄が不思議とマッチ。落ち着いた雰囲気とパンチの利いた柄のいいとこ取りだから、合わせる服を選びません。ハンサムなパンツルックにもレディーなスカートにも合わせやすそう。

4.「Via Principessa」のボストン 2万8000円 (スピック&スパン 新宿店)
丸みを帯びた形が愛くるしい小ぶりのボストンは引き続きマストハブのバッグ。上質なハラコ素材がリッチ感と遊びごころをプラス。花柄のようにも見えるラウンド状のレオパード柄は微笑ましく愛嬌を感じさせます。左右で異なる持ち手デザインも目を惹きます。

5.「MAGOBLAN」のスエードパンプス 1万2000円 (スピック&スパン 新宿店)
カムフラージュ柄のようなレオパード柄が大人なたたずまい。このところ人気が復活している、先の尖ったポインティッドトゥはオフィスでもりりしい足先を演出してくれます。スエードの品格とレオパード柄のスパイシーさが程よく溶け合って、さりげないおしゃれを主張して。

ブランド問い合わせ先
■スピック&スパン 新宿店 TEL:03-5366-5482 URL:http://www.frame-works.co.jp/
■スピック&スパン ノーブル 日本橋店 TEL:03-5205-8720 
URL:http://www.frame-works.co.jp/index_n.html
■ル タロン 町田店 TEL:042-710-2333 URL:http://letalon.jp/

イラスト/杉山 美奈子 撮影/柴田ひろあき