26
DEC/2020

【吉沢亮インタビュー】細やかなこだわりで演じる、人として”必要なもの”が欠けている男の姿

藤井聡太二冠の活躍により、空前の将棋ブームが訪れた2020年。12/25(金)、新たな将棋映画が公開となった。吉沢亮さんが主演を務める映画『AWAKE』だ。

AWAKE

本作は、15年に実際に行われ、当時、ネットユーザーや将棋ファンの間で物議を醸した「棋士VSコンピュータ」の対局に着想を得て、山田篤宏監督が書き下ろした完全オリジナルストーリー。

天才に敗れて棋士になる夢を諦めた主人公・英一が、ある日出会った AI 将棋のプログラミングに新たな夢を見出し、かつてのライバルと再戦を果たす青春物語となっている。

今回は、映画公開と合わせて配信された吉沢亮さんのインタビュー映像より、本作に対する思いや、予想外の質問にはにかむ様子をお届けしたい。

人として必要なものが欠けている男が、成長していく物語

――主人公の英一を演じる上で大切にしたことは?

吉沢さん

「英一から将棋を取ったら何も残らない」という感じを出したいと思っていました。

撮影中は、寝る前にカップラーメンを食べたりビールを飲んだりして、ちょっと太ろうとしてみたり。

視線や姿勢など、本当に細かい部分なんですけど、いろいろと気を付けながら演じていました。

――自分を将棋の駒に例えると?

吉沢さん

難しいですね、これ……。あんまり強いやつを言っても恥ずかしいし、「桂馬」とか、斜めにいってる感じもちょっとカッコ悪いし……。

ま、王様かな(笑)

吉沢さん

……これちょっとカットかもしれないですね(笑)

――本作が描くものとは?

吉沢さん

英一という人物の成長物語ですね。

人との付き合い方など、人として必要なものがいろいろと欠けている男が、将棋以外のものに触れて学んでいく話なのかな、と。

吉沢さん

あとは、「天才と凡人」の差みたいなものも、エンタメとして面白く描かれている作品だと思います。

――最後にメッセージをお願いします!

吉沢さん

将棋ファンの方にはもちろん観ていただきたいですし、将棋のルール分からない方であっても楽しめるエンターテインメントになっています。

ぜひお楽しみください!

映画情報

映画『AWAKE』12/25(金)より全国ロードショー

<ストーリー>
大学生の英一(吉沢亮)は、かつて奨励会(日本将棋連盟の棋士養成機関)で棋士を目指していた。同世代で圧倒的な強さと才能を誇る陸(若葉竜也)に敗れた英一は、プロの道を諦め、普通の学生に戻るべく大学に入学したのだった。幼少時から将棋以外何もしてこなかった英一は、急に社交的になれるはずもなくぎこちない学生生活を始めるものの、なかなか友人もできない。そんなある日、ふとしたことでコンピュータ将棋に出会う。独創的かつ強い。まさに彼が理想とする将棋を繰り出す元となるプログラミングに心を奪われた英一は、早速人工知能研究会の扉をたたき、変わり者の先輩・磯野(落合モトキ)の手ほどきを受けることになる。自分の手で生んだソフトを強くしたい―。将棋以外の新たな目標を初めて見つけ、プログラム開発にのめり込む英一。数年後、自ら生み出したプログラムをと名付け、コンピュータ将棋の大会で優勝した英一は、棋士との対局である電王戦の出場を依頼される。返答に躊躇する英一だったが、相手がかつてのライバル、若手棋士として活躍する陸と知り―。

出演:吉沢亮 若葉竜也/落合モトキ 寛 一 郎/馬場ふみか 川島潤哉 永岡佑 森矢カンナ 中村まこと
監督・脚本:山田篤宏

©2019『AWAKE』フィルムパートナーズ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あわせて読みたい記事

【福士蒼汰インタビュー】「チャンスは“準備した人”のところに...

【福士蒼汰インタビュー】「チャンスは“準備した人”のところに...
デビュー以来、ずっと第一線を走ってきた福士蒼汰さんが、映画『ザ・ファブル』で演じるのは殺し屋フード。新境地となる役を通じ...

「殻を破りたければバカになれ」女優・上白石萌音が語る、自信の...

「殻を破りたければバカになれ」女優・上白石萌音が語る、自信の...
映画『君の名は。』でヒロイン・宮水三葉役を演じ、一躍人気女優となった上白石萌音さん(22歳)。映画、ドラマ、歌、ナレーシ...

【Kis-My-Ft2玉森裕太ロングインタビュー】「表舞台に...

【Kis-My-Ft2玉森裕太ロングインタビュー】「表舞台に...
アイドルグループ・Kis-My-Ft2の一員として輝く一方で、ドラマや映画など俳優としての活躍も目覚ましい玉森裕太さん。...

【稲垣吾郎インタビュー】プロの仕事に“慣れ”は天敵。「いつも...

【稲垣吾郎インタビュー】プロの仕事に“慣れ”は天敵。「いつも...
芸能界で長きにわたり活躍してきた稲垣吾郎さん。「新しい地図」としての活動を開始し、仕事の幅をさらに広げている。一つの道を...

あなたにオススメの記事