03
FEB/2014

たまにはドレスアップして出かけてみない? “女っぷり”を上げるトレンドドレスの着こなし術

タグ:

宮田理江が働く女子に“旬”のファッションを解説
今知りたい!トレンド・キーワード

ファッションは自分流に楽しみたいから、目先の流行に振り回されたくない。でも、新トレンドのエッセンスは押さえておきたい。そう思っている働く女子は多いハズ。そんな気持ちに応えて、ファッションジャーナリスト・宮田理江が「これだけは見逃せない」という旬のおしゃれトレンドを解説し、明日からの着こなしを引き立てるお役立ちテクニックを提案します。オフィスやプライベートでのスタイリングに生かせる知恵とスキルをあなたにレコメンドします。

ファッションジャーナリスト 宮田理江(みやたりえ)
ファッションブランドの販売員やバイヤー、プレスを経験して、ファッションジャーナリストへ。現場経験を生かしたファッショントレンド分析・解説、スタイリング提案までマルチにこなす。自分らしい着こなしを見つけるための手ほどきを集めた著書『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(共に学研)が発売中http://riemiyata.com/

映画『アメリカン・ハッスル』的セクシースタイルを研究

働く女性にとって映画は身近な存在。仕事が終わってまったりDVDを見たり、週末には映画館に行ったり。実は、映画には使える着こなしや旬のファッションがいっぱい。映画を満喫するのと同時に、オフィスやプライベートで取り入れられるおしゃれのコツを学んでみませんか?

たまにはドレスアップして出かけてみない? “女っぷり”を上げるトレンドドレスの着こなし術
©2013CTMG
たまにはドレスアップして出かけてみない? “女っぷり”を上げるトレンドドレスの着こなし術
©2013CTMG
【映画情報】
アメリカン・ハッスル
2014年1月31日 より TOHOシネマズみゆき座他ロードショー
配給:ファントム・フィルム
©2013CTMG

映画『アメリカン・ハッスル』は1970年代に実際にあった汚職スキャンダルに基づいて、FBI捜査官と天才詐欺師アーヴィン(クリスチャン・ベイル)が組んだおとり捜査を描いた作品です。アーヴィンのビジネスパートナーと愛人という両方の立場で支える野心的な詐欺師役の女優エイミー・アダムスが演じるシドニーはセクシーでクールビューティなファッションを披露しています。映画にはイタリアのラグジュアリーブランド『グッチ』が協力し、エイミーは官能的でエレガントなグッチウーマンらしい着こなしを見せました。

元ストリッパーという設定もあって、ところどころでエイミーは胸元に深く切れ込みの入ったセクシー服をまとって登場。ストーリーにふさわしい危険なムードを呼び込んでいます。今年の春夏では谷間を露出する大胆なカッティングが相次いでお目見えする兆し。ここまで挑発的ではないにしても、少し妖艶な服の操り方を映画から学べます。

当時、世界的な大ヒットとなった、『ダイアン・フォン・ファステンバーグ』のラップドレスも時代を感じさせる服として描き込まれています。1枚でサッと着られて、動きやすく様になるラップドレスは今なおブランドのアイコン的存在。映画に登場するような、身体の線が出て程よい官能美を漂わせやすいデザインでは、カシュクールやV襟の服であれば、セクシーな胸元を演出しやすいでしょう。

そんな華やかなファッションに加え、だましだまされの駆け引きがスリリングな痛快エンタテインメント。それぞれの欲望や愛憎が渦巻きながらもユーモアたっぷりに描かれていて、当時のファッションと音楽とともに、展開を楽しめる内容となっています。波乱のストーリーに浸りながら、大人セクシーを感じさせる着こなしと仕草を研究してみるのもよさそうです。

欧米流大人ドレスの着こなし術

欧米人に比べ、日本女性は優美なドレス姿が不得意だといわれます。一番の原因は経験値の低さ。着ていくシーンが幼いころから何度も用意されている欧米女性に比べると、日本ではそのチャンスに恵まれないところがあります。でも、大人になると否応なしにドレスシーンが増えるので、自分らしいスタイルでの着こなしを覚えておきたいもの。

まずはオーソドックスなシルエットから始めて、徐々にカッティングやレース、刺繍の凝ったデザインに手を広げて。しっかり背筋を伸ばして着れば、ひときわ美しく見えるように仕立ててあります。ドレスの力を信じてまといましょう。

Vゾーンが深いタイプはジュエリーの応援を仰ぎたくなります。映画でもエイミーはネックレスを上手に使っていました。ワンショルダーや左右アシンメトリー(非対称)のようなドラマティックなデザインは、ドレスを着慣れた印象を与えてくれます。晴れやかなパーティーの場では、盛り上げるのもゲストの義務と心得て、見栄えのするシルエットを選びましょう。ドレープをふんだんにあしらったドレスは体型をカバーする効果も大。優雅なムードが引き立ちます。

きちんとドレスアップするお出掛けイベントがあると、日々の暮らしに良い緊張感が加わり、装いのモチベーションを高めてくれます。素敵にエスコートしてもらえるパートナーと一緒に、視線を浴びる時間を体験することは、着こなしを進化させる大事なステップです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あなたにオススメの記事

「黒」を重たく見せないコツって? ウェス・アンダーソン製作の...
ロマンティックコメディ『マイ・ファニー・レディ』から、今期注目の、セクシーな大人の黒スタイルを学びましょう。

女優風スタイルが完成! ストール&スカーフのおしゃれ巻きテク...
映画『繕い裁つ人(つくろいたつひと)』の中谷美紀さんの着こなしから、旬のストール&スカーフ使いを学びましょう。

ロイヤルファッションがお手本! 秋冬のトレンド「きれい色アウ...
映画『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』では、物語の舞台となる60年代モナコのロイヤルファッションが随所に登場。この...

ロング&ショートのダブルトレンドが到来!旬のブーツを賢く選ぶ...
映画『ニューヨークの巴里夫(パリジャン)』から、気取らない大人の冬ルックを学びましょう!この冬の足元のおしゃれを決定づけ...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

育児と両立可能な会社

憧れの上司と働く!女性管理職がいる会社

インセンティブ充実!プチリッチな生活を手に入れる

プライベートも充実!年間休日120日以上の求人

未経験でも安心!ノルマが厳しくない営業求人