01
JUL/2014

ミモレ丈スカートで気品たっぷり! 大人の涼やかファッションにトライする方法

タグ:

宮田理江が働く女子に“旬”のファッションを解説
今知りたい!トレンド・キーワード

ファッションは自分流に楽しみたいから、目先の流行に振り回されたくない。でも、新トレンドのエッセンスは押さえておきたい。そう思っている働く女子は多いハズ。そんな気持ちに応えて、ファッションジャーナリスト・宮田理江が「これだけは見逃せない」という旬のおしゃれトレンドを解説し、明日からの着こなしを引き立てるお役立ちテクニックを提案します。オフィスやプライベートでのスタイリングに生かせる知恵とスキルをあなたにレコメンドします。

ファッションジャーナリスト 宮田理江(みやたりえ)
ファッションブランドの販売員やバイヤー、プレスを経験して、ファッションジャーナリストへ。現場経験を生かしたファッショントレンド分析・解説、スタイリング提案までマルチにこなす。自分らしい着こなしを見つけるための手ほどきを集めた著書『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(共に学研)が発売中http://riemiyata.com/

映画『ジゴロ・イン・ニューヨーク』の大人色香ルック

働く女性にとって映画は身近な存在。仕事が終わってまったりDVDを見たり、週末には映画館に行ったり。実は、映画には使える着こなしや旬のファッションがいっぱい。映画を満喫するのと同時に、オフィスやプライベートで取り入れられるおしゃれのコツを学んでみませんか?

ミモレ丈スカートで気品たっぷり! 大人の涼やかファッションにトライする方法
©2013 Zuzu Licensing, LLC. All rights reserved
ミモレ丈スカートで気品たっぷり! 大人の涼やかファッションにトライする方法
【映画情報】
ジゴロ・イン・ニューヨーク
2014年7月11日(金) TOHOシネマズ シャンテ他全国順次ロードショー
©2013 Zuzu Licensing, LLC. All rights reserved
公式HP: http://gigolo.gaga.ne.jp/

小粋で切ない大人のラブストーリー『ジゴロ・イン・ニューヨーク』では、アルバイト中のさえない中年男がジゴロに転身。マンハッタンのリッチな女性たちをとりこにしていきます。仕掛け人役の元書店主マレー(ウディ・アレン)にそそのかされた友人フィオラヴァンテ(ジョン・タトゥーロ)が即席ジゴロになったところ、予想外の人気が出て、ジゴロビジネスは大成功。金持ちの皮膚科医パーカー(シャロン・ストーン)はジゴロの上得意客に。ところが、ユダヤ教聖職者の夫を亡くしたアヴィガル(ヴァネッサ・パラディ)にジゴロが掟破りの本気の恋をしてしまったから、商売抜きの複雑な関係へと発展。でも、宗教を大切にするアヴィガルは幼なじみの男性との間で心が揺れて……。

この映画では、セクシー女優のシャロン・ストーンと清楚な美貌のヴァネッサ・パラディが見せる好対照の着こなしが登場します。女性が秘める二面性を象徴するかのような正反対のスタイリングが見どころの一つ。惜しげもなく大胆に肌をさらすシャロン、聖職者の妻らしく露出を避け、気高い装いで身を包むヴァネッサ。さらに、社交やパーティーが定着しているNYらしく、成熟した女性ならではの華やかなフレアスカートやドレスルックも披露されます。服やバッグは数々のラグジュアリーブランドが提供していて、アッパー感たっぷり。アレンとタトゥーロの衣装も有力ブランドが協力しているから、男女どちらにとってもおしゃれの参考になるはずです。

大人の女性に相応しいミモレ丈ワンピース&スカート

この春夏に華々しく復活したのが、ふくらはぎに掛かる長さ「ミモレ丈」のスカートやワンピース。「ミモレ」とは、フランス語でふくらはぎの半分という意味です。長過ぎず短過ぎないこのレングスはエレガントなムードが漂う絶妙な丈感。しかも裾に向かって開くフレアシルエットなら、さらに優雅な風情が際立ちます。ミニ丈よりもボリュームがある分、動きが出て華やかに映るのも良いところ。脚の動きに合わせて、膝下の位置で程よく揺れ遊ぶ姿が麗しく目に残ります。

今季は抽象的なアレンジを加えたフラワープリントに注目が集まっています。一見すると花柄とは気付きにくいデジタル加工やぼかし処理が施され、一般的な花柄よりもシーンを選ばずに着やすくなっています。涼やかな透ける素材も夏のマストアイテムです。デコルテや裾だけを部分的にシースルーにしたデザインが、上品な色香を演出。ミモレ丈のノーブル感とも調和します。

穏やかな色味のパステルは、淑女の雰囲気を演出。ミモレ丈フレアでも試したい気分に誘われます。細かいプリーツ加工は膨らみを抑えて節度を感じさせますが、動きに合わせて揺れるフェミニンなところがミモレ丈と好相性。クールなブルー系プリントにギャザーを利かせたシルエットや、鮮やかなオレンジに箱ヒダのレトロなタイプなど、バリエーションも豊富になっています。蒸し暑くなる夏場にも気品を添えてくれるミモレ丈フレアでレディーライクな装いを楽しんでみませんか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あなたにオススメの記事

「黒」を重たく見せないコツって? ウェス・アンダーソン製作の...
ロマンティックコメディ『マイ・ファニー・レディ』から、今期注目の、セクシーな大人の黒スタイルを学びましょう。

オフィス&プライベートで大活躍! リュック・巾着バッグで“頑...
2015年はリュックや巾着などのバッグが復活しそうな気配。アン・ハサウェイ主演の『ブルックリンの恋人たち』から、フェミニ...

「フィット&フレア」ワンピースで大人のドレススタイルにチャレ...
ティム・バートン監督の最新作、『ビッグ・アイズ』では、アメリカンアートが花開いた60年代のファッションがスクリーン上に見...

おしゃれNYマダムたちが登場! 大胆アクセで自分スタイルをつ...
映画『アドバンスト・スタイル そのファッションが、人生』に登場するニューヨーカー女性は全員が60歳を超えています。大胆な...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

育児と両立可能な会社

憧れの上司と働く!女性管理職がいる会社

インセンティブ充実!プチリッチな生活を手に入れる

プライベートも充実!年間休日120日以上の求人

未経験でも安心!ノルマが厳しくない営業求人