22
APR/2021

6割以上の女性がコロナ禍に「一人時間が増えた」と回答。一人時間を有意義に過ごす“新・ルーティン”を一挙公開

一人時間

新型コロナウイルス感染拡大の収束がなかなか見えない中、「自宅で過ごす時間」や「一人で過ごす時間」が増えた人は多いのではないでしょうか。

ただ、いざ何かしようと思っても、一人時間を有効活用する方法が思いつかない……という人もいるかもしれませんね。

そこで今回は、20~30代の働く女性100名に、コロナ禍で増えた「一人時間」の過ごし方についてアンケートしてみました!

Q.1 コロナ禍、一人で過ごす時間は増えましたか?

コロナ禍以降、一人で過ごす時間は増えましたか?

まずは、一人で過ごす時間の変化について質問。結果、6割以上の女性が「一人で過ごす時間が増えた」と回答しました。

リモート勤務の普及や、外出自粛によるステイホーム、友人や遠方の家族と会う機会の減少などが影響していると考えられます。

Q.2 コロナ禍に、仕事や将来のキャリアのために新たに始めたことはありますか?

コロナ禍以降、仕事や将来のキャリアのために新たに始めたことはありますか?

「ある」「近々始める予定」を合計すると、約4割以上の女性が仕事やキャリアのために行動を起こしていることが明らかに。実際何を始めたのか、具体的に聞いてみました。

資格取得目指して勉強

・キャリアアップのために、ずっと受けようと思っていた専門性の高い資格の試験を受けようと思っている。そのために、日々の業務で扱う装置の精度管理に関わる専門書を購入した。また、試験対策のオンライン講座に申し込んだ(36歳/医療関係)

・数年前に落ちて以来やる気がなくなってしまったFP1級に再挑戦を考えてます(31歳/金融事務)

・資格を取得したいです。 これから先も需要があるであろう、介護系や医療系の資格をオンラインで取得したいと考えています(35歳/飲食接客販売)

実務で役立つスキルを磨く

・知識や技術をプラスするために、オンラインセミナーで呼吸器や病態についての勉強をしてみたり、心電図検定に向けて自宅で参考書をもとに勉強しています(24歳/看護師)

・リモートワークが増え、今までよりPCだけで業務が終わることが多くなったので、マクロや簡単なプログラミングを勉強して、作業の効率化を図りたいと思っています(37歳/一般事務)

プログラミングにチャレンジ

・在宅でもできる仕事として、プログラミングに興味を持って、習うところを探している(38歳/一般事務)

・プログラミングの知識をもっと増やしてスキルを上げたいと考え、プログラミングスクールの受講を検討しています。 ニーズのある言語をマスターして今後のキャリアにつなげたいです(39歳/Webデザイナー)

副業始めました

・現職が在宅ではできない仕事なので家で稼ぐ仕組みを作りたいと思い副業を始めました(28歳/一般事務)

・動画編集の副業で稼げるようにと、独学でプレミアプロを勉強し始めました(32歳/一般事務)

・Webライター活動を副業としてスタートしました。今後は大手企業でも先行きが不透明な時代がくると感じたので、何かしらのWeb系のスキルを身に付けるべく選んだのがWebライターです。ありがたいことに現在も継続依頼をいただいているのでさらなるスキルアップを目指しています。今後はWebデザイン等も始められたら…と考えています(37歳/営業職)

コロナ禍、一歩先を見据えた取り組み

・新型コロナウイルスが終息すると、コロナ禍で閉店した店舗を借りて新しく飲食店などを始める人が増えるので、CADオペレーターやインテリアコーディネーターなど、内外装総合職として通用するような資格取得を会社から推奨され、実際に昨年インテリアコーディネーターを取得しました(34歳/建設会社経理)

・旅行業を営んでいて、コロナ禍によって先行き不透明なので飲食業を新たに始めようと動いています(32歳/旅行業)

その他

・英語があまり得意ではなく、学生時代に覚えたことを忘れかけているので、英文法を学べる学習書を買ってもう一度学び直しをしたいと思っています。資格欄にTOEICのスコアを書きたいと思っているので、TOEICの勉強も始めたいです(36歳/一般事務)

・ネットショップの運営方法について少しずつ勉強を始めたい(37歳/営業事務)

・安定した職業に就くために、公務員試験の勉強を始めた(26歳/塾講師)

資格取得のための勉強をしたり、ビジネススキルアップに役立つオンラインセミナーを受講したり、プログラミング学習をしたり……。手に職に磨きをかけようとしている人が多く見られました。

続いて、暮らしを豊かにする「趣味」についても聞いてみました。

Q.3  コロナ禍、新しく始めた趣味はありますか?

コロナ禍、新しみつけた趣味はありますか?

続いて、コロナ禍に新しく始めた趣味について聞いてみると、6割近い女性が「ある」「近々始める予定」と回答。こちらも詳しく見ていきましょう。

運動不足を解消!

・家で簡単にできる運動としてヨガにハマっています(27歳/一般事務)

・簡単なヨガと筋トレ。座りっぱなしで体を動かさなくなったので腰や肩が固まってしまうので、それを解消しようと始めたのですが、思いのほか気持ち良くハマってしまいました(28歳/イラストレーター)

・運動不足解消にジョギングを始めました。まずは10kmマラソンに参加し、ゆくゆくはハーフマラソンに参加できるようになりたいです。観光も兼ねて他県の大会にも出場できたらと思います(39歳/経理)

・以前から興味のあったヨガやピラティスを本やYouTubeを見ながらやるようになった(35歳/事務職)

自炊に挑戦

・節約を兼ねて料理を始め、アプリやYouTubeを見ながら自炊をするのが習慣になった(20歳/宿泊業)

・オンラインの料理教室を始めました。 結果、外で食べるよりおいしくて太った…(36歳/営業事務)

・料理の腕をもっと高めたいと思い、料理本を買いました。コロナ禍で家にいるからこそ、しっかりと料理ができるようになりたいと思います(26歳/一般事務)

・海外旅行ができないので、家で各国の料理を作ることに挑戦して、海外気分を味わっています(29歳/一般事務)

エンタメにどっぷりハマる

・Netflixに登録して、海外ドラマや洋画をたくさん見るようになった(35歳/Webデザイナー)

・本屋をのぞく機会が減ってしまったので、ジャンルはあまり問わずに、Web小説を読むようになった(34歳/一般事務)

・気軽に外出できないこともあり、自宅でできる新たな趣味を探そうと任天堂のSwitchを購入した結果、ゲームをするようになりました。これをきっかけにオンライン、アナログ問わず脱出ゲーム等もするようになり、これまでは興味のなかった分野に新たなアンテナができました(33歳/ECサイト管理者、WEBデザイナー)

奥深いハンドメイドの世界

・ハンドメイド作品を作ることにハマりました。これまで、イヤリング、マフラー、バッグなどいろいろなものを作りました(33歳/経理)

・ミシンを購入しました。ランチョンマットや、マスク作りにハマっています(27歳/営業事務)

・おうち時間が増えたので、前から気になっていたレジンアクセサリー作りを始めてみたところ、思っていた以上に楽しくてどハマりしてしまいました(31歳/販売サービス)

その他

・昔買ったギターを放置していたので、練習するようになった(38歳/システムエンジニア)

・以前から気になっていたウクレレを始めて、簡単な楽曲を弾けるようになった(35歳/ITエンジニア)

・家庭菜園に目覚めました。極力外出を控えようと考えた結果、買い物も減らせるならと思い、ミニトマトやバジル、ホウレンソウなど育て始めました(25歳/一般事務)

・生け花。外出する機会が減り鬱々とした気持ちが続く日々、せめて家の中だけでも華やかに過ごしたいと思って始めてみました(33歳/事務職)

・コーヒーを豆から挽いて楽しんでいます(36歳/営業事務)

・株式投資です。今まではつみたてNISAを活用しての投資信託のみでしたが、コロナ禍をきっかけに日本株・米国株の個別株投資を始めました。配当・優待などももらえて、経済に敏感になったので始めて良かったと思います(37歳/営業職)

・SNSよりも直筆のつながりがほしくて文通を始めた(35歳/コピーライター)

手軽にできる運動や自炊など、自宅にいながら暮らしの質を上げるような趣味に取り組み始めた・取り組みたいと考えている女性が多いようです。また、ストレス解消や、リラクゼーションを目的にした趣味を回答する人も目立ちました。

ここまでで、キャリアアップのための勉強や、クオリティーオブライフ(QOL)を上げる趣味など、新しいことにチャレンジする女性が多くいることが分かりました。

では、試して終わり、ではなく、実際に習慣化できていることとしては、どんなことがあるのでしょうか?

Q.4  コロナ禍、ルーティーンになったことはありますか?

コロナ禍以降、ルーティーンになったことはありますか?

コロナ禍にルーティンになったことはあるか質問すると、約6割の女性が「ある」と回答。具体的にはどんなことなのでしょうか?

おうちで食を楽しむ

・今まで朝ごはん抜き生活だったが健康を考え朝ごはんを食べるようにした(34歳/営業職)

・以前は子どもを保育園に送ったあと、カフェでテイクアウトして出勤するのが好きでした。在宅勤務が多い今は無理になってしまったので、保育園送迎後、家に帰ってからおうちカフェをしてます。時間がない時はインスタントのコーヒースティックで済ませますが、余裕がある時はコーヒーに入れるミルクを泡立てたりラテアートっぽくして楽しんでます(31歳/金融事務)

継続は力なり!インプットを習慣化

・少しでも時間を見つけた時には勉強(問題を2問解くだけでも)しています(24歳/看護師)

・今までYouTubeを見ることがほとんどなかったが、見る機会が増えたことで毎晩語学に関する動画を見ながら寝るようになった(32歳/旅行業)

・おうち時間を充実させるために始めた読書が今ではすっかり日課になっていて、就寝前に必ず本を読むようになりました(31歳/販売サービス)

・今まで、そこまで気にしなかったニュースを頻繁にチェックするようになりました(36歳/一般事務)

運動して健康な体づくり

・運動不足解消のために、朝早く起きてヨガを始めた。自宅でできる簡単なもので10分くらいだが、YouTubeで動画を見ながら行っている(36歳/医療関係)

・家から出ることが少なくなったので、運動不足解消のため、毎朝ラジオ体操をするようになった(38歳/システムエンジニア)

・夜寝る前のストレッチです。やり始めてからぐっすり眠れるようになりました(38歳/秘書)

・家からあまり出られない分、筋トレでスタイル維持の努力を今まで以上にしている。週に一度程度だった軽めの筋トレ(腹筋や背筋などを20回ずつくらい)を、2~3日に一度はやるようにしている。近頃連続で腹筋が100回できるようになって地味にうれしく達成感がある(33歳/小売業)

・自宅で過ごすことが多くなり体重が増加したので、ダイエットと運動不足解消も兼ねて、YouTubeで見た運動方法を毎日15分継続しています(29歳/接客業)

お風呂でリフレッシュ

・決まった時間に入浴して、湯船に浸かるようにしている(36歳/教師)

・今までは帰宅したらご飯を作ることが先だったが、コロナがはやり始めてからは、帰宅したらすぐにお風呂に入って外からウイルスなどを持ち込まないようにしている(35歳/事務職)

・自粛期間中、湯船でテレビを見るようになって今も続けている(26歳/塾講師)

その他

・お金を使う機会が減ったので貯金を始めて、毎日必ず貯金箱にお金を入れるようにしている(26歳/食品製造業)

・起きたらベランダへ出て朝日を浴びること(30歳/エンジニア)

・家に一人でいる時間が増えているので、洗濯や掃除を以前より細かくしっかりと毎日やるようになりました(36歳/一般事務)

・昔習っていたピアノを自宅で弾くようになりました。新しい曲にも挑戦して毎日少しずつ練習を重ねています(39歳/テレアポ)

・健康と運動不足が気になり、毎朝体重計に乗るようになりました。また、途中から日々の食事記録も栄養管理アプリでつけるようになりました。以前よりは食事の内容を栄養バランスやカロリーで考えるようになり、周囲から少し痩せたと褒めてもらえたので、現在でも継続しています(33歳/ECサイト管理者、WEBデザイナー)

自炊、運動、リフレッシュなど、やはり「健康な心と体」を維持するためのルーティンを意識している人が多いようです。

まだしばらくは続きそうなコロナ禍。外出や対面で人と会うことは難しい日が続きますが、ちょっとした工夫で自宅での一人時間も有意義に過ごせそうですね。


【アンケート調査概要】
●調査方法:20~39歳の女性へのWebアンケート(クラウドワークスにて)
●調査期間:2021年4月22日
●有効回答者数:100名

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あわせて読みたい記事

「転職意欲が向上した人は約5割」コロナ禍、女性が転職したい理...

「転職意欲が向上した人は約5割」コロナ禍、女性が転職したい理...
仕事は楽しい?何歳まで働き続けたい?など、働く女性に関するさまざまな情報を調査。今回は、「コロナ禍の転職」をテーマにアン...

コロナ禍、転職できる? 経験者に聞く良い点・悪い点のリアル【...

コロナ禍、転職できる? 経験者に聞く良い点・悪い点のリアル【...
仕事は楽しい?何歳まで働き続けたい?など、働く女性に関するさまざまな情報を調査。今回は、コロナ禍の前・後の両方で転職活動...

コロナ禍でのテレワーク導入、どうだった? 「よかった」派は体...

コロナ禍でのテレワーク導入、どうだった? 「よかった」派は体...
仕事は楽しい?何歳まで働き続けたい?など、働く女性に関するさまざまな情報を調査。今回は、コロナ禍をきっかけに導入が進んだ...

日常的に「寂しい」と感じる女性が6割以上。コロナ禍で増す孤独...

日常的に「寂しい」と感じる女性が6割以上。コロナ禍で増す孤独...
新型コロナウイルスの感染拡大によって対面でのコミュニケーション機会が減り、孤独感が増したという女性も少なくないのではない...

あなたにオススメの記事