01
OCT/2014

ロイヤルファッションがお手本! 秋冬のトレンド「きれい色アウター」の着こなし術

タグ:

宮田理江が働く女子に“旬”のファッションを解説
今知りたい!トレンド・キーワード

ファッションは自分流に楽しみたいから、目先の流行に振り回されたくない。でも、新トレンドのエッセンスは押さえておきたい。そう思っている働く女子は多いハズ。そんな気持ちに応えて、ファッションジャーナリスト・宮田理江が「これだけは見逃せない」という旬のおしゃれトレンドを解説し、明日からの着こなしを引き立てるお役立ちテクニックを提案します。オフィスやプライベートでのスタイリングに生かせる知恵とスキルをあなたにレコメンドします。

ファッションジャーナリスト 宮田理江(みやたりえ)
ファッションブランドの販売員やバイヤー、プレスを経験して、ファッションジャーナリストへ。現場経験を生かしたファッショントレンド分析・解説、スタイリング提案までマルチにこなす。自分らしい着こなしを見つけるための手ほどきを集めた著書『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(共に学研)が発売中http://riemiyata.com/

映画『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』で出会った60年代スタイル

働く女性にとって映画は身近な存在。仕事が終わってまったりDVDを見たり、週末には映画館に行ったり。実は、映画には使える着こなしや旬のファッションがいっぱい。映画を満喫するのと同時に、オフィスやプライベートで取り入れられるおしゃれのコツを学んでみませんか?

ロイヤルファッションがお手本! 秋冬のトレンド「きれい色アウター」の着こなし術
© 2014 STONE ANGELS SAS
ロイヤルファッションがお手本! 秋冬のトレンド「きれい色アウター」の着こなし術
【映画情報】
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札
10/18(土)より、TOHOシネマズ有楽座ほか全国ロードショー
公式サイト:http://grace-of-monaco.gaga.ne.jp/
© 2014 STONE ANGELS SAS

『エルメス』の名品『ケリー・バッグ』に名を残す、往年のハリウッド女優グレース・ケリー。人気絶頂のまま銀幕を去り、ヨーロッパの小国、モナコの公妃に迎えられたエピソードでも有名です。そのグレース妃の評伝映画『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』では女優ニコール・キッドマンがグレース妃役を演じています。ロイヤルウェディングから6年目となった1962年が時代背景となっているだけに、当時の60年代ファッションが随所に登場し、気品を漂わせる装いのお手本になってくれます。

公妃になったものの、しきたりや立場になじめず、ハリウッド復帰説もささやかれていたグレース妃。しかし、その頃、モナコに国の存立を揺さぶるような外圧が隣国フランスから降りかかってきます。大国が押しつけた無理難題に、国家元首として悩む夫を見て、それまで政治とはほとんど無縁だったグレース妃が立ち上がります。秘策を胸に開いた大パーティーで各国のリーダー達を集めたグレース妃は、一世一代のスピーチに臨みます。

『エルメス』はもちろん、『カルティエ』や『クリスチャン・ディオール』『サルヴァトーレ・フェラガモ』などの有力ブランドが衣装や靴、アクセサリーなどを提供しているので、気品のあるクラシカルなおしゃれが目を楽しませます。ニコールの熱演が生んだ、グレース妃の凛とした所作やクールビューティーな表情も見逃せません。本物のレディーには、単に豪華なうわべだけではなく、芯の強さや品格の備わった物腰なども重要なのだということを、改めて気付かせてくれます。鮮やかな色や抑えめトーンのニュアンスカラーを上手に操っているのも、グレース妃の別格ファッショニスタぶりを印象づけています。

「ヴィヴィッドカラーvsスモーキーパステル」きれい色アウターに挑戦!

沈んだ色合いが多くなりがちな秋冬だからこそ、利かせ色をうまく織り交ぜて、退屈に見せない工夫をしたいもの。この秋冬は鮮やかなヴィヴィッドカラーとちょっとくすんだスモーキーパステルの両方が支持を集めそうな気配。どちらも程よく主張してくれる大人っぽい色だから、この流れに乗ってキレイ色のアウターに挑戦してみたくなります。

ネオンカラーのようなショッキングピンクはインパクトが強すぎて苦手という人も、艶やかなフューシャ系のピンクなら、アウターでもまといやすいはず。ほっこりしたシルエットも、愛嬌たっぷりです。主張カラーの代表格と言えるレッドも上質な素材のアウターならば、格段にクラス感がアップ。ワインに寄せた深みのある赤を選べば落ち着いた印象を与えられます。ゆったり羽織るローブ風のアウターは、着姿に落ち着きをもたらすでしょう。

ロイヤルブルーの人気が飛び火して、青系カラーは注目の色に。ターコイズブルーはシャイニーな生地との相性に優れるので、秋冬の貴重な艶めきカラーに迎えて損なし。面積の広いコートは無難な渋い色を選びがちですが、ライトピンクのような淡い色を選べば大人のかわいらしさを演出できます。少しくすんだ色をアレンジとして加えると、自然体の装いにまとめやすくなります。

エレガントなコートルックに仕上げたければ、浅い色目のミックスカラーが賢い選択肢に。ローズピンクのノーカラーコートは、二の腕までつながった裁ち出しのなだらかなラウンドショルダー。女性ならではのやさしい曲線を描き出しています。さわやかなスカイブルーも彩度を下げた水色ライクなトーンだと、コーデの幅も広がりそう。表面に張り感を出すネオプレン素材だから、若々しいムードを呼び込めます。

アウターのカラーや素材の持ち味を生かせれば、秋冬のスタイルにもリズム感がプラスされるでしょう。春まで着続けやすい“きれい色”とのお付き合いを、この秋から始めてみませんか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あなたにオススメの記事

「黒」を重たく見せないコツって? ウェス・アンダーソン製作の...
ロマンティックコメディ『マイ・ファニー・レディ』から、今期注目の、セクシーな大人の黒スタイルを学びましょう。

女優風スタイルが完成! ストール&スカーフのおしゃれ巻きテク...
映画『繕い裁つ人(つくろいたつひと)』の中谷美紀さんの着こなしから、旬のストール&スカーフ使いを学びましょう。

ロング&ショートのダブルトレンドが到来!旬のブーツを賢く選ぶ...
映画『ニューヨークの巴里夫(パリジャン)』から、気取らない大人の冬ルックを学びましょう!この冬の足元のおしゃれを決定づけ...

夏の装いに華やぎをプラス! 大人のプリントワンピ着まわし術
映画『しあわせはどこにある』で、大人の女性らしいワンピースの着こなしを学びましょう。今期のトレンドは、遊び心たっぷりのプ...

夏のおしゃれ気分を盛り上げる!モードなピンク服を操るコツ
映画『グランド・ブダペスト・ホテル』のキーカラーとなっているのは、夢見心地に誘うようなピンク。2014年のトレンドカラー...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

単調な毎日を脱出!出会いが多い仕事

インセンティブ充実!プチリッチな生活を手に入れる

女性ならではのアイデアやセンスが活かせる仕事

グローバルな環境で働く!外資系企業&語学を活かせる仕事

仕事と家庭を両立できる仕事