05
JAN/2015

「フィット&フレア」ワンピースで大人のドレススタイルにチャレンジ!

タグ:

宮田理江が働く女子に“旬”のファッションを解説
今知りたい!トレンド・キーワード

ファッションは自分流に楽しみたいから、目先の流行に振り回されたくない。でも、新トレンドのエッセンスは押さえておきたい。そう思っている働く女子は多いハズ。そんな気持ちに応えて、ファッションジャーナリスト・宮田理江が「これだけは見逃せない」という旬のおしゃれトレンドを解説し、明日からの着こなしを引き立てるお役立ちテクニックを提案します。オフィスやプライベートでのスタイリングに生かせる知恵とスキルをあなたにレコメンドします。

ファッションジャーナリスト 宮田理江(みやたりえ)
ファッションブランドの販売員やバイヤー、プレスを経験して、ファッションジャーナリストへ。現場経験を生かしたファッショントレンド分析・解説、スタイリング提案までマルチにこなす。自分らしい着こなしを見つけるための手ほどきを集めた著書『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(共に学研)が発売中http://riemiyata.com/

アート全盛60年代ファッションを凝縮! 映画『ビッグ・アイズ』

働く女性にとって映画は身近な存在。仕事が終わってまったりDVDを見たり、週末には映画館に行ったり。実は、映画には使える着こなしや旬のファッションがいっぱい。映画を満喫するのと同時に、オフィスやプライベートで取り入れられるおしゃれのコツを学んでみませんか?

「フィット&フレア」ワンピースで大人のドレススタイルにチャレンジ!
© Big Eyes SPV, LLC. All Rights Reserved.
「フィット&フレア」ワンピースで大人のドレススタイルにチャレンジ!
【映画情報】
ビッグ・アイズ
2015年1月23日(金)TOHOシネマズ 有楽座他 全国順次ロードショー
公式サイト:http://bigeyes.gaga.ne.jp/
©Big Eyes SPV, LLC. All Rights Reserved.

1960年代はアメリカンアートが花開いた時代。大きな目の子ども達を描いた絵画作品『ビッグ・アイズ』シリーズも、このころに脚光を浴びました。飛ぶように絵が売れて、一躍リッチになった画家夫婦でしたが、実はその創作には決して他人に漏らせない深い秘密が潜んでいたのです。映画『チャーリーとチョコレート工場』や『アリス・イン・ワンダーランド』でも知られるティム・バートン監督は、実話に基づく映画『ビッグ・アイズ』で、美術業界を騒がせた一大スキャンダルを静かなトーンで再現していきます。

娘を連れて最初の夫から逃げ出したシングルマザーのマーガレット(エイミー・アダムス)は、似顔絵描きで生計を立てる苦しい暮らしぶり。でも、口が達者なウォルター・キーン(クリストフ・ヴァルツ)と出会って恋に落ち、「人気アーティストの妻」となって生活は一変。身なりも様変わりしていきます。この映画では、60年代ファッションを見事によみがえらせた衣装デザイナーのおかげで、気取らずリラクシング、楽観的でポジティブな当時のスタイリングがスクリーンに再現されました。また、成功者となっていく夫妻がパーティーに招かれる場面もあり、レトロ感のあるシルエットのドレスコーデも披露されているので、パーティールックの参考になりそうです。

さらに、気候に恵まれたカリフォルニアやハワイが主な舞台とあって、全体にノースリーブやシャツスタイル、コンパクトドレス、パンツルックなどが繰り返し登場。西海岸テイストは、ここ最近のモード界でもキーモチーフになっているので、次の春夏に向けてのおしゃれもいち早く取り入れられそう。

1枚で主役! 華やかで上品な「フィット&フレア」ドレス

沈んだ色合いが多くなりがちな秋冬だからこそ、利かせ色をうまく織り交ぜて、退屈に見せない工夫をしたいもの。この秋冬は鮮やかなヴィヴィッドカラーとちょっとくすんだスモーキーパステルの両方が支持を集めそうな気配。どちらも程よく主張してくれる大人っぽい色だから、この流れに乗ってキレイ色のアウターに挑戦してみたくなります。

映画でマーガレットや彼女の友人達が好んでまとっていたのが、上半身を絞って腰から下を裾広がりにした「フィット&フレア」シルエットのドレス。めりはりを利かせた、やや古風な仕立てがかえって上品ムードを引き出します。アートを感じさせるプリントドレスはあでやかな着姿に導いてくれそう。モチーフに赤を程よく迎えると、華やぎが増します。

いさぎよく袖をオフしたワンピは正面の大きめジップとダイナミックなアート風プリントがキャッチー。黒ベースのフラワープリントのドレスは、シックな印象が深くなり、格上感が漂います。フィット&フレアのレディー感を際立たせるのが、ウエスト下の優美なフォルム。上半身はノースリーブを選ぶと、タイトなシルエットが生きて細目の印象に。上半身にレースを重ねたり、切り替えを施したりすると、全体に動きが出ます。たっぷりした着丈のタイプは裾に向かうボリューム感が強まってロマンティックな着映えに仕上がります。

逆に、ミニ丈は裾が大げさに見えないので、若々しい着姿に整えられ、色や柄で遊ぶ余地も生まれます。流れ落ちるようになだらかなシルエットのワンピは流行の「エフォートレス」ムードにぴったり。“力みを遠ざける”このトレンドに合わせてガウン風の仕立てや、風をはらむ薄手生地などを取り入れれば、エレガンスさがいっそう薫ります。

新しい年が始まり、もう一段上の自分を演出してみたくなるこの時期。バレンタインデーも控えて、注目の華やかで上品な60年代ルックを取り入れたドレスアップにトライするのも良さそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あなたにオススメの記事

「黒」を重たく見せないコツって? ウェス・アンダーソン製作の...
ロマンティックコメディ『マイ・ファニー・レディ』から、今期注目の、セクシーな大人の黒スタイルを学びましょう。

70年代風デニムが流行! 春夏に向けてジーンズの着回しパター...
フランス映画『間奏曲はパリで』から、今年らしいデニムの着こなしを学びましょう。フランスらしい気取らないスタイリングは春か...

おしゃれNYマダムたちが登場! 大胆アクセで自分スタイルをつ...
映画『アドバンスト・スタイル そのファッションが、人生』に登場するニューヨーカー女性は全員が60歳を超えています。大胆な...

リッチ小物で手軽にトレンドを取り入れる! セレブに学ぶ冬のド...
出演者のファッションが準主役級の注目を集めるおしゃれ映画は過去にもありましたが、『ブリングリング』のリッチさとリアル感は...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

単調な毎日を脱出!出会いが多い仕事

インセンティブ充実!プチリッチな生活を手に入れる

女性ならではのアイデアやセンスが活かせる仕事

グローバルな環境で働く!外資系企業&語学を活かせる仕事

仕事と家庭を両立できる仕事