02
FEB/2015

女優風スタイルが完成! ストール&スカーフのおしゃれ巻きテクニック

タグ:

宮田理江が働く女子に“旬”のファッションを解説
今知りたい!トレンド・キーワード

ファッションは自分流に楽しみたいから、目先の流行に振り回されたくない。でも、新トレンドのエッセンスは押さえておきたい。そう思っている働く女子は多いハズ。そんな気持ちに応えて、ファッションジャーナリスト・宮田理江が「これだけは見逃せない」という旬のおしゃれトレンドを解説し、明日からの着こなしを引き立てるお役立ちテクニックを提案します。オフィスやプライベートでのスタイリングに生かせる知恵とスキルをあなたにレコメンドします。

ファッションジャーナリスト 宮田理江(みやたりえ)
ファッションブランドの販売員やバイヤー、プレスを経験して、ファッションジャーナリストへ。現場経験を生かしたファッショントレンド分析・解説、スタイリング提案までマルチにこなす。自分らしい着こなしを見つけるための手ほどきを集めた著書『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(共に学研)が発売中http://riemiyata.com/

「人生を変える1着の服」を仕立てる

働く女性にとって映画は身近な存在。仕事が終わってまったりDVDを見たり、週末には映画館に行ったり。実は、映画には使える着こなしや旬のファッションがいっぱい。映画を満喫するのと同時に、オフィスやプライベートで取り入れられるおしゃれのコツを学んでみませんか?

女優風スタイルが完成! ストール&スカーフのおしゃれ巻きテクニック
©2015 池辺葵 / 講談社・「繕い裁つ人」製作委員会
女優風スタイルが完成! ストール&スカーフのおしゃれ巻きテクニック
【映画情報】
繕い裁つ人
1月31日(土)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて順次公開
公式サイト:http://tsukuroi.gaga.ne.jp/
©2015 池辺葵 / 講談社・「繕い裁つ人」製作委員会

映画『繕い裁つ人(つくろいたつひと)』では女優・中谷美紀が職人気質の洋裁店主・市江を演じています。祖母が始めた、住宅地の中にある小さな洋裁店には、祖母が丹念に仕立てた服を愛する住民たちがサイズ直しや修理に訪れます。それぞれの服にまつわる、着る人個々の思い出や物語がつづられ、服と人の深いつながりが描かれていきます。

市江は大手百貨店の担当者、藤井(三浦貴大)からオリジナルの洋服作りを持ち掛けられても、つれない返事を繰り返すばかり。頑固な態度にはプロ意識と臆病さが見え隠れします。でも、祖母の仕立てた服でめかし込んで、年に一度の「夜会」に集う人達と触れ合ったり、彼らの孫世代と接したりするうちに、頑なだった守りの気持ちに変化が起こり始めます。オール神戸ロケで撮られた静かな映像も市江の微妙な気持ちのうつろいを映し出しています。

顧客の服には精魂を傾ける市江ですが、自身の装いは割とレトロで地味め。その着こなしにも冒険を好まない彼女の性格が表れているかのようです。ただ、ストールやスカーフを上手に使うことで、着姿に変化が見られるのが印象的。巻き物のチョイスやあしらい方には品の良いセンスが感じられ、それぞれの場面で市江の内面を写し取っています。

「庶民のオートクチュール」とでも呼べそうな、洋裁店と顧客たちの親密な間柄がファッションの意味を改めて考えさせてくれます。自分のためだけにあつらえてもらった服をまとう幸福感こそが「一生もの」であり、創り手にとっても至福だと気付いた市江。ひたすら祖母の遺作のメインテナンスに努めてきた生き方を改めた彼女は、自分にしか作れない「人生を変える1着の服」を仕立てようと思い立ち、裁ちばさみを手に取ります。

着こなしを格上げしてくれる、存在感のある巻き物を

スカーフやマフラー、ストールは顔に最も近い位置に置くから、フェイス周りのイメージを左右する大切なおしゃれパーツ。人柄や気分まで印象付ける力があり、おろそかにはできません。カシミアに代表される上質な素材感や、センスの良さを感じさせる色・柄を選べば、冬から春にかけての装いにワンクラス上の風情を呼び込めます。

見慣れたチェック柄もモノトーンのように落ち着いた配色なら、子どもっぽく見えにくくなります。逆に複数の色を重ねたマルチカラーで彩って顔周りにインパクトを迎える選択肢もあります。エナジーカラーやジューシーカラーを選ぶと、顔に元気色が照り映えて、若々しくポジティブな見栄えに。フリルやレースをあしらったタイプはエレガントな雰囲気を添えてくれます。控えめ色で大人らしい分別感や堅実ムードをまとう手もあります。

スカーフは柄のバリエーションが豊富なので、着こなしのアクセントに役立てて。近くに寄って初めて何が描かれているのか分かるようなトリッキーなモチーフは会話のきっかけにもなってくれるはず。シンプルなネッカチーフ使い以外に、バッグに結んだり手首に巻いたりといった応用技も使いこなすと出番が増えます。

今季はウィットや茶目っ気をファッションに求めるムードが戻ってきて、スカーフにもユーモラスな柄やサプライズな模様などが増えています。大判だけでなく、首周りにちょこんと巻くスカーフも登場。いろいろな巻き方を研究して、自分流アレンジの幅をさらに広げてみたくなります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あなたにオススメの記事

「黒」を重たく見せないコツって? ウェス・アンダーソン製作の...
ロマンティックコメディ『マイ・ファニー・レディ』から、今期注目の、セクシーな大人の黒スタイルを学びましょう。

「フィット&フレア」ワンピースで大人のドレススタイルにチャレ...
ティム・バートン監督の最新作、『ビッグ・アイズ』では、アメリカンアートが花開いた60年代のファッションがスクリーン上に見...

おしゃれNYマダムたちが登場! 大胆アクセで自分スタイルをつ...
映画『アドバンスト・スタイル そのファッションが、人生』に登場するニューヨーカー女性は全員が60歳を超えています。大胆な...

リッチ小物で手軽にトレンドを取り入れる! セレブに学ぶ冬のド...
出演者のファッションが準主役級の注目を集めるおしゃれ映画は過去にもありましたが、『ブリングリング』のリッチさとリアル感は...

夏の着こなしに品格と意外性をプラス! サマーコートの取り入れ...
映画『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』から学ぶ、夏のレトロファッション。装いに品格と意外性をプラスするサマーコートに注目です...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

単調な毎日を脱出!出会いが多い仕事

インセンティブ充実!プチリッチな生活を手に入れる

女性ならではのアイデアやセンスが活かせる仕事

グローバルな環境で働く!外資系企業&語学を活かせる仕事

仕事と家庭を両立できる仕事