01
JUL/2015

夏の着こなしに品格と意外性をプラス! サマーコートの取り入れ方

タグ:

宮田理江が働く女子に“旬”のファッションを解説
今知りたい!トレンド・キーワード

ファッションは自分流に楽しみたいから、目先の流行に振り回されたくない。でも、新トレンドのエッセンスは押さえておきたい。そう思っている働く女子は多いハズ。そんな気持ちに応えて、ファッションジャーナリスト・宮田理江が「これだけは見逃せない」という旬のおしゃれトレンドを解説し、明日からの着こなしを引き立てるお役立ちテクニックを提案します。オフィスやプライベートでのスタイリングに生かせる知恵とスキルをあなたにレコメンドします。

ファッションジャーナリスト 宮田理江(みやたりえ)
ファッションブランドの販売員やバイヤー、プレスを経験して、ファッションジャーナリストへ。現場経験を生かしたファッショントレンド分析・解説、スタイリング提案までマルチにこなす。自分らしい着こなしを見つけるための手ほどきを集めた著書『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(共に学研)が発売中http://riemiyata.com/

即マネできる60~70年代ファッションが満載!

働く女性にとって映画は身近な存在。仕事が終わってまったりDVDを見たり、週末には映画館に行ったり。実は、映画には使える着こなしや旬のファッションがいっぱい。映画を満喫するのと同時に、オフィスやプライベートで取り入れられるおしゃれのコツを学んでみませんか?

夏の着こなしに品格と意外性をプラス! サマーコートの取り入れ方
©FINDLAY PRODUCTIONS LIMITED 2012
夏の着こなしに品格と意外性をプラス! サマーコートの取り入れ方
【映画情報】
ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』(GOD HELP THE GIRL)
2015年8月1日(土)、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー
配給:アット エンタテインメント
公式サイト:http://www.godhelpthegirl.club/
©FINDLAY PRODUCTIONS LIMITED 2012

ポップなサウンドが心地よいミュージカル映画『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』は女の子2人と男の子1人が結成した3人組ポップスバンドの物語です。切ない恋心がすれ違い、それぞれが成長していく展開で、格好のデートムービーに仕上がっています。音楽が自然に溶け込んでいるのは、人気バンド『ベル・アンド・セバスチャン』のフロントマンが監督と脚本を手掛けているから。そもそもアルバムが先に出ていて、その映画化という変わり種です。60~70年代風のちょっとレトロなファッションもストーリーを彩っています。

拒食症で入院していた少女イヴ(エミリー・ブラウニング)は、病院を脱けだして飛び込んだライブハウスでギターを弾くジェームズ(オリー・アレクサンデル)と出会い、音楽を通じて意気投合。ジェームズに紹介された、もう1人の少女キャシー(ハンナ・マリー)を加えた3人でバンドを組むことに。レコードデビューをめざして曲作りや音合わせに励むが、徐々にイヴは自分が本心では本格派ミュージシャンになりたがっていることに気付き始める――。

ジェームズと出会ったころは、はにかんだような表情を浮かべていたイヴですが、音楽を通して自分らしさを取り戻していきます。心境の変化は彼女の着こなしにも表れていて、大人しいお嬢様的な着姿から、サングラスに帽子といった段々と主張の強い装いへと変わっていきます。最初のうちは大きな襟のクラシックなワンピースでしたが、やがてバンドメンバーらしい着こなしになり、終盤ではレオパード柄のアウター姿も披露。キャシーのコケットでセクシーなスタイリングも映画を色めかせています。

ロングアウター、スリーブレスコートに注目

劇中でイヴたちが見せる装いのうち、ロングアウターやスリーブレスは近頃のモード界でもクローズアップされているアイテムです。着丈の長いコートは見た目をすっきり縦長に演出。ボタンが見えないカシュクール風の打ち合わせは品格を感じさせます。ベルトをしっかり巻いて、きちんと感を醸し出す着方も習得しておきたいもの。細身のシルエットは全身のイメージを気高く印象付けてくれます。

コートは無地や地味柄が多いのですが、あえてポジティブなカラフルモチーフをあしらうと、着姿が若々しく元気に映ります。見慣れた花柄や水玉のほかに、近頃は鳥や昆虫、魚などをユーモラスに配したアウターも登場しています。レインコートに迎えると、うっとうしい雨の日も気持ちがやわらぎそうです。

ノースリーブのワンピースはシャープな着映えに仕上がります。凛々しい雰囲気も出るので、シーンを選んでうまく操りたいアイテムです。一方、近頃の注目度急上昇ウエアはノースリーブのコート。丈の長いジレ(ベスト)のようにも見えますが、さらにロング丈で、スレンダーなフォルムを目に残します。

袖を短く裁ち落としたようなアレンジは、パーカやジャケットなどにも飛び火。ほんのちょっと肩口にだけ袖を残したデザインは不思議なバランス感を生んで、着姿にサプライズや新鮮さをもたらします。着丈の長いタイプを選ぶと、さらにほっそり感が強まるので、薄着になるシーズンに試したくなります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あなたにオススメの記事

「黒」を重たく見せないコツって? ウェス・アンダーソン製作の...
ロマンティックコメディ『マイ・ファニー・レディ』から、今期注目の、セクシーな大人の黒スタイルを学びましょう。

たまにはドレスアップして出かけてみない? “女っぷり”を上げ...
大人になると否応なしにドレスシーンが増えるので、自分らしいスタイルでの着こなしを覚えておきたいもの。まずはオーソドックス...

70年代風デニムが流行! 春夏に向けてジーンズの着回しパター...
フランス映画『間奏曲はパリで』から、今年らしいデニムの着こなしを学びましょう。フランスらしい気取らないスタイリングは春か...

アニエスベーの映画がお手本!秋レッドでつくるフレンチシックな...
アニエスベーの初監督作品・映画『わたしの名前は…』から学ぶ、大人のフレンチシックスタイル。赤をうまく使って、秋冬ファッシ...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

単調な毎日を脱出!出会いが多い仕事

インセンティブ充実!プチリッチな生活を手に入れる

女性ならではのアイデアやセンスが活かせる仕事

グローバルな環境で働く!外資系企業&語学を活かせる仕事

仕事と家庭を両立できる仕事