17
FEB/2012

社内LOVEのお相手は「先輩」が1位! 成婚率23.3%の“オトナの恋愛模様”

タグ:

社内LOVEのお相手は「先輩」が1位! 成婚率23.3%の“オトナの恋愛模様”【アンケート企画:働く女の本音白書 Vol.4】

バレンタインも過ぎ去って、ホワイトデーが楽しみな女性社員と、お返し選びに悩む男性社員の思惑が交差する職場も多いのでは?
もしかすると、見事告白を成功させ、社内恋愛をスタートさせた方もいるかもしれません。

上のグラフは、働く女性65人に聞いた「社内恋愛の経験があるか」という質問の答え。やや「ない」が多いものの、ほぼ半々に分かれました。
それぞれ平均年齢を調べてみると、「ない」と答えた方の平均年齢が27.7歳なのに対し、「ある」と答えた方の平均年齢は29.5歳と、少しだけ「経験値の差」があることが判明。

社内LOVEのお相手は「先輩」が1位! 成婚率23.3%の“オトナの恋愛模様”【アンケート企画:働く女の本音白書 Vol.4】

さらに、「そのお相手はどんな立場?」と質問をしたところ、過半数に迫る勢いで多かったのが「先輩」という回答。次いで「上司」が30%と続き、なんと、社内恋愛のお相手が「自分より上の立場の男性」である女性は約8割にものぼることがわかりました!

「仕事ができて頼りになる」という職場の仲間としての評価ポイントが、“異性”としての高評価にリンクしているみたいですね。

Q.3は「社内恋愛中、そのことは職場内で秘密にしていましたか?」という質問。
オフィスラブといったら、「書類を渡すフリしてこっそりメモでデートの約束♪」みたいな懐かしのトレンディドラマのようなイメージがありますが、現実もやはり秘密にしている方が大半のようです。

その理由の第1位もかなり衝撃的、「不倫だったから」というものが最多! 世の中にこんなにも多くの“オフィス不倫”が存在することに編集部は驚きを隠せません。

同数の「その他」の中には、
「仕事の成果やミスを恋愛のせいにされたくなかった」「仕事がやりにくくなると思ったから」「好奇心の目で見られるのが嫌だったから」という、業務に支障が出ることを避けるためという意見が多くありました。

「別れてしまったときに周囲の目が気になるから」という項目を選んだ方も含めて、“恋は盲目”にならずに常に頭の片すみでは仕事のことを考えているあたりが“オトナの働く女”っぽいですね。

社内LOVEのお相手は「先輩」が1位! 成婚率23.3%の“オトナの恋愛模様”【アンケート企画:働く女の本音白書 Vol.4】
社内LOVEのお相手は「先輩」が1位! 成婚率23.3%の“オトナの恋愛模様”【アンケート企画:働く女の本音白書 Vol.4】

別れ?結婚?社内恋愛の終わりはいつ来る?

では、社内恋愛の終わりはいつ来るのでしょう?
右のグラフを見ても分かるように、約2割が「結婚」に至っている事実はあるものの、社内恋愛の約半数が「別れ」という結末を迎えています。

社内LOVEのお相手は「先輩」が1位! 成婚率23.3%の“オトナの恋愛模様”【アンケート企画:働く女の本音白書 Vol.4】

ただし、交際期間別に見ると「1年以上交際して別れた」がもっとも多く、真剣にお付き合いしているカップルが大多数であることも読み取れます。だから、結婚までたどり着くケースも多いのでしょうね!

ちなみに前出の不倫経験者の方々の結末も「1年以上交際して別れた」が最多でしたが、不倫の末、結婚に至ったパターンはゼロ。やはり報われない恋になってしまうケースが多いみたい……。

最後に社内恋愛経験の有無に関わらず、もし、今の会社で社内結婚をした場合、結婚後はどうすると思うかを聞いてみました。

社内恋愛を秘密にしていた反動か、「夫婦そろって同じ会社で働く」と答えた方が約4割もいました。回答した理由を見てみると、身近に社内結婚の夫婦がいたり、会社が社内結婚を公認しているなど、「どちらも辞める必要がない」という捉え方をしている模様。

社内LOVEのお相手は「先輩」が1位! 成婚率23.3%の“オトナの恋愛模様”【アンケート企画:働く女の本音白書 Vol.4】

そしてアンケートでは、「どちらかが転職・退職をする」という選択肢を4つ用意していましたが、「夫は退職し、専業主夫になる」「夫だけ転職する」と回答した人はなんとゼロ。「自分だけ転職する」が4割弱、「自分は退職し、専業主婦になる」が1割強という結果になりました。

理由を聞いてみると、「会社の規則で辞めざるを得ない」という人はかなりの少数派。

では、なぜ男性ではなく、女性が転職・退職する場合が多いのでしょうか?

その理由は、「相手が同じ職場だと、仕事がやりづらい」という社内結婚ならではの理由と、「今の会社では、育児休暇など取れないと思うから」「今の仕事を続けながら家事はできない」といった女性ならではの環境面でのネック、この2パターンに分かれました。
後者は、社内恋愛ならではの理由ではありませんが、「結婚・出産をしても仕事を頑張りたい」という現代女性の仕事に対する意欲の高さが表れていると言えそうです。

それにしても、2人に1人の割合で社内恋愛の経験者があるってことは……。
もしかすると、あなたの周りにもこっそり社内恋愛中の人がいるかも?

【アンケート調査概要】
●調査方法:転職サイト『女の転職@type』の20代~30代女性会員およびWebマガジン『Woman type』サイト読者へのWebアンケート
●調査期間:2012年1月14~18日/2月2~9日
●有効回答者数:65名

取材・文/根本愛美(編集部)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あなたにオススメの記事

ニセ恋人、秘密の場所で待ち合わせ、ジュースを飲んだ日は一緒に...
もしかしたらあなたの隣でも……? オフィスで密やかに繰り広げられる社内恋愛。その実態に迫るべく、アンケートを実施しました...

穴あけパンチを投げ付ける!? 予想以上に大人げない「職場のケ...
売ったり買ったり、突然起きてしまう、ケンカ。6割の人が職場でのケンカを目撃したことがあるようですが、小さな言い争いから命...

20代の自分が『サプリ』を読んだらきっと怒り出すと思う【今月...
日々の暮らしの中でちょっとしたチャレンジをすること、それがWoman typeが 働く女性たちに提案する『Another...

トキメキでさらに熱が上がりそう!? 風邪を引いた働く女性が「...
今回は、「風邪を引いたときのトキメキ」にスポットを当ててみました。仕事で関わる男性たちに心動かされた、みんなの胸キュンエ...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

育児と両立可能な会社

福利厚生が充実している会社

賞与・インセンティブ充実!働くならしっかり稼ぎたい

女性ならではのアイデアやセンスが活かせる仕事

月給25万円以上の事務職求人