05
JUL/2016

人気女優・モデルから指名が絶えないカリスマトレーナーAyaさんが語る“真の美しさ”とは? 「誰かになろうとすることをやめたら、納得できる自分になれた」

タグ:

「痩せたい」は多くの女性が抱く願望。だが、人気のダイエット法をいろいろ試してみるものの、一向に長続きせず、なかなか変化しない自分の体型に不満を持っている女性が多いかもしれない。

そこで改めて考えてみたいのが、女性にとって本当の美しさとは何なのかということ。ふと周りを見渡してみても、素敵だなと思う女性は、単に“痩せている”だけではないはずだ。

CrossFit(クロスフィット)トレーナーのAyaさんもその1人。

彼女のinstagramのフォロワー数は7万人超。細いだけではない健康的で筋肉質なボディーは、現代の女性美のアイコンとして多くの人から注目されている。そこで、Ayaさんが考える「真の美しさ」とは何なのか、その答えを聞いてみた。

Aya
Aya(あや)さん
CrossFit(クロスフィット)トレーナー兼フィットネスモデル。ReebokONEアンバサダー。体育大学卒業後、フィットネスインストラクターとファッションモデルの二束の草鞋で活躍。その後、クロスフィットと出会い、現在は「Reebok CrossFit Heart & Beauty」でトレーナーとして多くの芸能人から一般女性まで多数担当。中村アンさん、黒木メイサさん、西内まりやさん、森星さんなどの有名女優・モデルのボディーメイクも手掛けている

モデルに筋肉は不要。「本来の自分」を否定され、悩んだ過去の日々

六つに割れた腹筋に、無駄な贅肉が一切削ぎ落とされた長い手足。Ayaさんの鍛え上げられた肉体は、彫刻のような美しさと存在感がある。しかし、今でこそ迷いのないまっすぐな眼差しが印象的なAyaさんも、かつては自分らしさを見失い悩んでいた時期があったと言う。それは、体育大学を卒業して間もなく、フィットネスインストラクターの仕事をしながらモデルの活動を始めた頃のことだ。

「当時、日本のモデルは痩せていれば痩せているほど良いと言われていたような時代。棒のようにガリガリの女の子が美しいとされていました。一方、私はもともと大の運動好き。インストラクターの仕事もしていたので、一般的な女の子よりずっと筋肉質でした。『こんな体じゃモデルの仕事はない』と言われて、筋肉を落とさなくちゃいけなくなったんです」

Ayaさんの半生は、スポーツと共にあった。陸上競技に新体操、テニス、バレーボール、乗馬とあらゆる種目にチャレンジした。これまでの人生の中で身に付けてきた筋肉を手放すことは、自分自身を否定されているのも同然だった。

筋肉を落とすべく、食事は野菜中心。体を動かすことは一切厳禁の生活に。インストラクターの仕事も、手本は見せずに口頭だけで指導するやり方に切り替えた。「痩せていれば痩せているほどいい」のだと、自分でも思い込もうとした。

Aya

「大好きな運動をやめてとにかく痩せようと必死になったけれど、細くなれたからといってモデルの仕事が保障されているわけでもないんですよね。インストラクターとしての自信もどんどん無くなってきて、もう完全に板挟みになってしまって……。そんな苦しい状況が数年続いて、心はボロボロになっていきました」

出口の見えない迷路に迷い込んだAyaさん。突破口となったのが、アメリカのファッションブランド『Victoria’s Secret』のモデルたちとの出会いだった。

「『Victoria’s Secret』のモデルって、世界的なスーパーモデルでありながら、みんな腹筋は割れているし太ももに筋もついている。健康的で筋肉質な彼女たちの体にはパワーがみなぎっていて、すごく圧倒されました。日本でもてはやされている女性美は、すごく狭い世界の価値観に過ぎないと気付かされました。そこからですね、私は私らしくいればいいんだって思えるようになったのは」

指名が絶えない人気トレーナーへと変わることができた理由とは

時を同じくして、インストラクターとしても転機を迎えた。それが、クロスフィットとの出会いだ。

クロスフィットとは、基礎運動要素を10個に分け、それぞれ万遍なくトレーニングをする手法のことで、日常生活に役立つ筋肉を鍛える新しいフィットネスプログラム。60分という短い時間の中で、筋力トレーニング・有酸素トレーニング・柔軟トレーニングと様々な要素が盛り込まれる。その面白さに、Ayaさんはたちまち夢中になった。

Aya
「陸上もバレーもテニスも、競技が違えば求められる運動能力も鍛える箇所もさまざまです。でも、クロスフィットは、パワーもスピードもスタミナも全部鍛えなくちゃいけない。それがすごく面白かったんです。今までいろんなスポーツをやってきた私にとって性格的にもぴったりでした」

決してマンネリ化することのないクロスフィットのメニューの多彩さに惹かれたAyaさんは、クロスフィットトレーナーとしてのキャリアをスタート。今では多くのモデルや女優から指名が絶えない人気トレーナーに。

「クロスフィットの面白さは、見る見るうちに体が変わっていくこと。一般的なスポーツジムでのフィットネスは体を変えることよりも汗を流す楽しさに重きを置いていることが多いんですね。その点、クロスフィットは体が締まっていくだけじゃなく、こんなに重いウエイトを上げられるようになったとか、一回もできなかったはずの懸垂ができるようになったとか、自分の体に眠っていた底力がどんどん目覚めていくのまで分かるようになります。それがすごく不思議で、やりがいのあるフィットネスなんです」

自分が本来ありたい姿で、心から楽しめる仕事に向き合った結果、Ayaさんのキャリアは瞬く間に広がっていった。

彼女は彼女の武器で戦っている。私は、私が持っているもので戦おう

クロスフィットトレーナーとして、「美しい体を手に入れたい」と願う数多くの女性たちを見てきたAyaさん。現代人女性にとって「真の美」とは何なのか、その考えも仕事を通じてより一層深まった。

Aya

「外見的なことで言えば、単に細く痩せているだけでは、やはり綺麗だとは思いません。健康的な筋肉と女性らしいカーブを両立させてこそ、本当に美しいと言えるのではないでしょうか」

そう前置きをした上で、Ayaさんはぐっと言葉に力を込める。

「何よりも大切なのは、人それぞれの美しさがあるということを理解すること。例えば、私たちはみんな違う骨格を持っていますよね。だから、全員が同じようなモデル体型を目指すんじゃなくて、自分本来の体型に合った美しさを引き出すことを目指した方がいい。誰かになろうとするのではなく、自分自身が持っている素材を活かす努力をするんです。それが真の美に近付く第一歩だと思います」

Ayaさん自身もモデルとして仕事をする中で、“自分にはないもの”を持つ同業者に圧倒されることはあった。だが、それが骨格的な特徴であれば、努力したところで手に入るものではない。

「彼女は彼女の武器で戦っている。私は、私が持っているもので戦おう」

“誰か”になることをいい意味で諦められるようになったら、モデルとして、トレーナーとして、目指すべき方向性も明確になっていった。

Aya
私たちがAyaさんという1人の女性に魅力を感じずにいられないのは、鍛え抜かれた体の持ち主だからというだけではない。さまざまな葛藤の中でようやく見つけた「Ayaさんだけの美」を、努力を重ねながら自ら体現する姿に引き付けられてしまうのだ。

>>後編へ続く
“おうちでできる”トレーニング法をAyaさんが伝授!

 AYAボディメソッド

【著書紹介】
『AYAボディメソッド』(講談社)

本書では、ただ細いだけではない、タフに引き締まった「燃焼するカラダ」を目指すための、AYAさんオリジナル・14日間ワークアウトプログラムを紹介。1日10~15分間、道具なしでできる有酸素運動×無酸素運動の組み合わせで、3~8種目を行います。付属のDVD(60分収録予定)でAYAさんのワークアウトを見ながらトレーニングをすれば、実際に指導を受けている感覚に! AYAさんの美BODYの秘密に迫る1冊です。
【発売日】2016年7月21日(木)
【価格】1600円(税別)
>>ご予約はこちらから

取材・文/横川良明 撮影/洞澤佐智子(CROSSOVER)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あなたにオススメの記事

痩せたらキレイは大間違い! ミス・ユニバース・ジャパンを育て...
ミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタントとして多くの美女を育ててきたエリカ・アンギャルさんに、本当の美しさを手に...

「ジュースクレンズ」「ココナッツオイル」「8時間ダイエット」...
クレンズジュース、ココナッツオイル、8時間ダイエット、これらのダイエット法は本当に効果がある!?管理栄養士の道江さんが検...

30代になるとなぜ痩せにくい? 20代と同じダイエット方法が...
20代と30代の身体は実際どう違うのか、なぜ歳を重ねると痩せにくいのか。そんな普遍的な悩みを解決すべく、「ダイエット王子...

「8時間睡眠がベスト」は都市伝説!? 短い時間で快眠を得るた...
質の高い睡眠を取るためにはどのようなことに気を付ければいいのだろうか。日常の中でやってしまいがちな、快眠を妨げるNG行動...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

育児と両立可能な会社

福利厚生が充実している会社

賞与・インセンティブ充実!働くならしっかり稼ぎたい

女性ならではのアイデアやセンスが活かせる仕事

月給25万円以上の事務職求人