24
DEC/2013

「冬季うつ病」を寄せ付けない簡単ライフスタイルチェンジ術

タグ:

イベント盛りだくさんで、楽しいはずの冬なのに、なんだかイライラしたり、ヤル気が出なかったり…この正体は「冬季うつ病」かもしれません。

「冬季うつ病」は、「冬うつ」とも呼ばれ、その名の通り、冬が引き起こすシーズン限定のうつ症状。「一年間でいちばん日照時間が短い冬は、人の精神の安定をつかさどるセロトニンという脳内物質の分泌が弱まります。そのため、憂うつになったり、疲れやすくなったりすることがあります」というのは産業カウンセラーの大美賀直子さん。

「冬季うつ病」には、一般的なうつ症状のほかに、極度な眠気を感じたり、甘いものや炭水化物への欲求が高まり、太ってしまったりするという特徴が。なんだか気分がパッとしない、と感じたらライフスタイルを少しだけ変えてみましょう。

今日から簡単にできる「冬季うつ病」を防ぐ簡単ライフスタイルチェンジ術を大美賀さんに教えてもらいました。

「冬季うつ病」を防ぐ簡単ライフスタイルチェンジ術

■朝起きたらカーテンを開けて、日の光を浴びる
朝起きたら、まずはカーテンを開けて日の光を浴びること。日の光を浴びれば、、脳内のセロトニン分泌が高まり、憂うつな気持ちがすっと落ち着きます。ベランダに出て深呼吸する、近所のコンビニにモーニングコーヒーを買いに行く…太陽を感じながら行う朝のささやかな行動の積み重ねが、「冬うつ」知らずの毎日を約束してくれます。

■朝のメークや着替えは窓辺近くで
蛍光灯が煌々と照らす明るい部屋でも、照度はせいぜい500ルクス程度なのに対し、曇りの日でも屋外の明るさは10000~20000ルクスと圧倒的な明るさがあります。少しでも自然光の恵みを得るために、メークや着替えも洗面所ではなく、日が差す場所で行うのがベター。とはいえ窓辺は寒いので、足元ヒーターを利用して。

■いつもより、ちょっと長めにてくてく歩き
セロトニンの分泌には、単純なリズム運動もひと役買います。一番簡単にできるのが、リズミカルな歩行です。少し早めに家を出て、いつもよりちょっと長めにてくてく歩いてみてください。右、左、右、と軽快に、リズムを意識することがポイントです。

■ランチやお茶は窓辺のテラス席で
日の光を長く浴び過ぎても、セロトニン分泌の抑制が働いて逆効果。1回につき30分程度日の光を浴びる程度でも、十分なのです。これは、ランチやお茶をするのにちょうどいい時間です。温かい日なら、お弁当を公園や庭でとるのもいいし、お店を利用するなら、窓辺のテラス席を選んでみて。

■甘いものを食べるなら「3時のおやつタイム」に
「冬季うつ病」はやたらと甘いものが欲しくなるのが特徴ですが、甘いもので満腹になると、偏食になり、必要なミネラルやビタミンが不足して健康にも悪影響を及ぼしてしまいます。甘いものを食べるときなら、「私は今、おいしい甘いものを食べた」と満足感を得られるものを少量、脳のエネルギーが不足しやすい3時のおやつタイムに口にするといいでしょう。漫然と食べてしまうと、栄養が偏り、太る原因にも。

■主食の炭水化物は「ご飯」を基本に
「冬季うつ病」は炭水化物の欲求を高めますが、それを気にするあまり、ご飯を一切食べないというのはよくありません。ご飯は栄養バランスがよく、心身の健康を維持するには最適な主食です。白米が気になるなら、もちろん玄米でもOK。少なくとも1日1回は食べるといいでしょう。

■11時睡眠、夜明け起床のライフスタイルを
冬は「夜長」を楽しみ、寒い朝にはいつまでも布団の中でぬくぬくしていたくなるもの。こんな「夜更かし朝寝坊」の生活が続くと、朝の体温上昇が悪くなり、いつまでも眠気が治まりません。やたらと眠くなるのは「冬季うつ病」の代表的な症状の一つ。夜は11時には就寝、朝は夜明けとともに起きて、朝からシャキッと活動できる体づくりを。

いかがでしたか? 今回は具体的な改善策を紹介しました。「私にもできそう!」と思うものがあったら、ぜひ試してみてください。もし、不調や気分が改善されず、日常生活に深刻な支障を感じるときには、迷わずカウンセラーやクリニックに相談してみてください。

大美賀 直子さん
メンタルヘルス•ジャーナリスト、カウンセラー。オールアバウト「ストレス」ガイド。精神保健福祉士、産業カウンセラー、キャリアコンサルタントの資格を持つ。都内私立大学学生相談室カウンセラーとしても活動。『なぜあの人の働き方は「強くて美しい」のか』など、著書・監修多数
この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あなたにオススメの記事

年末年始の飲み会太りを回避! ダイエット中に選ぶべきお酒ベス...
太りにくいお酒の選び方に関する基本的な知識と、一般的に飲まれるお酒の中でダイエット中に選ぶべきお酒の種類をランキング形式...

「私に任せて」の一言が悲劇を招く!? 同僚が「うつ病っぽい」...
職場の「うつ病」で悩む人々の診療・復職支援を行う精神科医の五十嵐良雄さんに、「この人、うつ病かも?」と思う同僚を精神的に...

うつ病を招く危険行為!? 自律神経のバランスを崩すNG行動
ミチワクリニック心療内科・内科院長の佐久間一穂さんに、働く女性たちがやってしまいがちな「自律神経のバランスを崩すNG行動...

働く女性が陥りやすい「うつ病」や「不安障害」などの不調を招く...
今回は、働く女性が陥りやすい、精神的な不調を招く食生活のNGパターンをご紹介します。

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

育児と両立可能な会社

福利厚生が充実している会社

賞与・インセンティブ充実!働くならしっかり稼ぎたい

女性ならではのアイデアやセンスが活かせる仕事

月給25万円以上の事務職求人