16
AUG/2016

知っておくと安心! 生理不順の治療方法

タグ:

婦人科での受診や治療方法について、周りの人に気軽に相談しにくいという方も多いかもしれません。生理不順や無月経と診断された場合、実際にどのような治療が行われているのでしょうか? 今回は、症状やケース別にポイントを抑えて紹介します。

無月経の治療はお薬によるものが中心

生理不順
■生理不順の場合
生理周期が24日以内、または39日以上の「生理不順」の場合は、薬による薬物治療が中心です。ただし、別の病気によって生理不順が引き起こされている場合には、まずは大もととなる病気の治療が行われます。

■無月経の場合
無月経のケースでは、1~2週間のホルモン剤の服用や注射によってホルモンを補い、生理を促します。ただし、体重減少性無月経症では、生理による出血がカラダの負担となるため、体重を戻すことを優先させます。体重の増加によって、自然に生理が起こるケースもあります。
ケース別:生理周期の整え方

■一時的な症状の場合
無月経の原因が一時的なストレスと考えられる場合や、検査の結果ホルモンバランスが正常と診断された場合には、薬で1度生理を起こした後は、基礎体温をつけて様子をみます。一度出血を起こすことで、規則的に生理が来るようになるケースも見られるからです。

■症状が長めの場合
生理不順が続いている人が無月経となった場合や、血液検査によって女性ホルモンが極端に減少していることが判明した場合には、3カ月薬を服用し、薬をやめた後も生理が規則正しく来ることを確認します。

薬別のメリットやその効果をおさえよう!

低用量ピルで、生理周期を整える治療法もあります。ピルは合成ホルモン剤で、避妊になるとともに、生理と同様の出血を起こすことができる薬です。すぐに妊娠を望んでいる場合には、排卵誘発剤を使った治療をする場合もあります。

過剰なダイエットやストレスが生理不順の原因となっている場合には、体質改善のために漢方薬が処方されることも。
医師に相談しながら、自分の症状やライフステージに合わせた治療薬を選びましょう。

※こちらの記事は、『ルナルナ』に掲載された記事を転載しております。
>>『ルナルナ』の記事をもっと読む

 ルナルナ

【協力サイト】
ルナルナ

生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」ならではの、働く女性の役に立つ情報が満載のwebサイトです。生理から妊活・妊娠・出産・育児・美容・ダイエット・病気の悩みまで、すべての女性のココロとカラダをサポートします!
ルナルナでは女性のライフステージや悩みに合わせて、携帯・スマートフォン向けサービスも提供しています。 あなたにぴったりのルナルナを探してみましょう!
サービスの詳細はコチラ ⇒

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あなたにオススメの記事

妊娠のリミットはいつ? 卵子の老化を踏まえたライフプランを考...
妊娠は女性の人生に深く関わる大切な問題です。妊娠出産のタイミングについて正しく理解し、理想的なライフプランを練りたいもの...

「フランスでは、結婚・出産でキャリアを中断する女性はいない」...
"2013年から日本でのサービスをスタートした『My Little Box(マイ・リトル・ボックス)』の創立者であるファ...

「夏本番までに3キロ痩せたい」を叶える! いま注目のグルテン...
管理栄養士・道江美貴子さんが働く女性に食の知恵を伝授! 今回は、今世界のセレブが注目しているダイエット法の1つ、グルテン...

クロスフィットトレーナーAyaの“おうちトレーニング法”を大...
おうちでできる&体が変わるトレーニング法を人気モデルや女優から指名の絶えないCrossFit(クロスフィット)トレーナー...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

福利厚生が充実している会社

やっぱり欲しい安定感! 大手・上場企業で働こう

制度充実!子育てしやすい会社

トレンドを発信!ファッション・コスメ系の仕事

女性ならではのアイデアやセンスが活かせる仕事