29
AUG/2016

「20代で年収550万円だけど貯金ができません」顧客ゲットのための自腹経費がきつい!? 保険営業女子のお財布事情

タグ:

高山一恵さん
職種別にチェック!
隣のアノ子のお財布事情

どんなに仲の良い友達でも、「年収どのくらいあるの?」「貯金いくら持ってるの?」なんて、聞きにくいもの。周囲の人のお財布事情が分からないだけに、今の自分のお金のやりくりが正しいのかどうか、判断できないものですよね。そこでこの連載では、ファイナンシャルプランナー高山一恵さんに、これまでにあった相談事例を元に、働く女性たちのお財布事情を職種別に解説してもらいます。

ファイナンシャルプランナー(CFP®認定者・1級FP技能士)
マネーマネジメントコーチ、DCプランナー
高山 一恵(たかやま・かずえ)
1974年生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。2005年に女性向けFPオフィス、株式会社エフピーウーマンの設立に参画し、10年間取締役を務め、退任。その後、2015年に株式会社Money&Youの取締役へ就任。女性FPと女性をつなぐマッチングサイト「FP Cafe」の事業に注力。また、全国で講演活動・執筆活動、相談業務を行い、女性の人生に不可欠なお金の知識を伝えている。明るく、親しみやすい性格を活かした解説や講演には定評がある。著書に『35歳までにはぜったい知っておきたい お金のきほん』(アスペクト)など多数

~File.08~
金融業界 保険営業女子のお財布事情

今回のご相談者のAさんは、大手保険会社に勤務する、保険業界の営業女子。年齢は26歳。人と接することが好きだったため、営業職を選んだそう。

保険営業女子

持ち前の明るさとバイタリティーで保険の契約を次々に取り、お給料は右肩上がり。自分の努力次第で収入も比例して伸びる今の仕事には、やりがいを感じているとのことでした。

異業種交流会への参加に、お客さまへのお土産代……
稼いでいるのに貯まらない理由

社内でも営業成績が良いAさん。お給料も同世代の女子の中では高収入の、年収550万円。本来であれば、十分な貯蓄ができるほどの年収です。

しかしながら、「全然貯蓄ができない」というのです。よく話を聞いてみると、新規顧客開拓のための異業種交流会への参加や、顧客フォローのための手土産持参など、全て自腹で用意しているそう。経費がかさんでしまい、稼いでいる割にお金が貯まらないのがお悩みとのことでした。

なぜ、仕事のために必要な経費が自腹なの? と思った人もいるかもしれませんね。

保険営業の場合、正社員ではなく、会社と業務委託契約を結んでいて、いわば個人事業主という立場になることが多いもの。そのため、経費はすべて自腹。新規の契約が取れないとお給料が大幅に減ってしまうという人も多いのです。

お金の使い方を投資、消費、浪費に分けて分析! 投資になるお金の使い方を意識しよう

顧客開拓や維持のための経費がどうしても削れない場合、家計の無駄を見直すことで貯蓄に回せるお金を捻出し、貯蓄額を増やしていくのがベスト。

そこで、現状の家計を見直すために、Aさんと一緒に「投資」「消費」「浪費」の3つをチェックしてみることにしました。

・投資とは?

将来の自分にとって「有益」と判断できる費用のこと。例えば、キャリアアップにつながる資格取得、健康維持のためのジム通いや比較的高価でも安全性の高い食品の購入など。また、貯蓄や株、投資信託など、将来のお金を増やすためにする行動も、「投資」といえます。

・消費とは?

食費、住居費、衣服費、日用雑貨費など、生活するために必要な費用のこと。使った金額とほぼ同等の価値と感じるものは「消費」としてのお金の使い方です。

・浪費とは?

使ったお金よりも価値がなかったと後で感じるものは「浪費」です。例えば、仕事が忙しくて全く通えていない習い事の月謝、欲求のおもむくままに衝動買いして後悔したブランド品などです。何に使ったか覚えていないというようなお金の使い方も「浪費」といえます。

一度、支出を「投資」「消費」「浪費」に分けてみることで、自分のお金の使い方のクセも分かってくるはず。そこからお金を使うべきところ、使わないようにすべきところを見極めていきましょう。

なるべく、浪費を少なくし、投資となるお金の使い方を増やすと、貯蓄も増えていきます。

営業、販売力は一生の財産! 経営の勉強をして付加価値をつけてみよう

既に営業成績が良いというAさん。しかし、やればやるだけお給料が上がる仕組みなのであれば、今以上に稼ぐ力をつけていくというのも貯蓄金額を増やす1つの手です。

人当たりの良さや、コミュニケーション能力の高さに加え、もう1つ自分の強みを作ることができると、市場価値も上がっていくでしょう。

特に営業職や、個人事業主として働いている人であれば、「経営」について勉強し、自分に付加価値をつけることでより稼ぐ力が増していくと思います。ビジネス書を読んでみる、セミナーに参加してみる、できることはいろいろあるはず。

経営を学ぶと、コストをかけずに売上を上げる視点や、仕事の効率化についての知見がよりいっそう深まっていくと思います。 まさに、これは「投資」のお金の使い方と言えるでしょう。

浪費カットと投資の強化で、ますます稼げる&貯まる女性になれるはずです!

保険営業女子
次回は<小売業界 デパート販売職>女子のお財布事情です。
お楽しみに!

>>あなたにぴったりのお給料はいくら?
「年収診断テスト」でチェックしてみる

『FP Cafe』

『FP Cafe』は、一生涯の「お金の相談パートナー」が見つかるFPと女性をつなぐマッチングサイト。たくさんの女性FPが登録しているからこそ、自分にぴったりなFPを探すことができます。また、『FP Cafe』内のサービスは完全無料・匿名で利用可能。女性の人生の変化や転機に強い、「ハッピーマネープラン」をサポートしています

連載『隣のあの子のお財布事情』の過去記事一覧はこちら

>> http://woman-type.jp/wt/feature/category/saifuをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あなたにオススメの記事

落とし穴は身近な○○! 年収700万の編集者女子でも貯金が全...
ファイナンシャルプランナー高山一恵さんに、これまでにあった相談事例を元に、働く女性たちのお財布事情を職種別に解説してもら...

ソニー生命保険 宮下舞子さん/いつもベテランの先輩たちに囲ま...
今回紹介するワーキングビューティは、ソニー生命保険でリスク管理部門に勤務する宮下舞子さん。「人の役に立つ仕事を」と考え新...

20代で2度の転職を経験した女性エンジニアが見つけた「長く働...
今回登場するのは、アメリカンファミリー生命保険会社(以下、アフラック)でシステムエンジニアとして活躍する松島愛子さん。松...

20代独身女子は保険に入るべき? 意外と知らない働く女性向...
ファイナンシャルプランナーの高山一恵さんが、読者の皆さんから寄せられたマネーのお悩みに回答していきます。今回は、「20代...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

育児と両立可能な会社

賞与・インセンティブ充実!働くならしっかり稼ぎたい

やっぱり欲しい安定感! 大手・上場企業で働こう

グローバルな環境で働く!外資系企業&語学を活かせる仕事

長期休暇、社宅、社食など!嬉しい福利厚生のある会社