28
SEP/2016

『syunkonカフェごはん』山本ゆりさんの秋冬シーズン「主役おかず」時短レシピ/鶏の甘辛きのこ&マヨだれ

タグ:

食欲の秋が到来! おいしい食べ物が増えるこの季節、旬の食材をたっぷり使って、自炊生活をスタートしてみるのも素敵ですね。

とはいえ、忙しく働く女性には、毎日手の凝った料理を作る余裕なんてない!?

そこで今回は、『syunkonカフェごはん』(宝島社)著者であり、料理ブロガーとして大人気の山本ゆりさんに、料理初心者でも時短かつ簡単にできる、秋冬シーズンにおすすめの“主役おかず”レシピを教えていただきました。

 山本ゆり

山本ゆりさん

料理コラムニスト。1986年大阪府生まれ。広告代理店勤務を経て主婦であるかたわら料理やコラム執筆の仕事をしている。日々の料理や日常の出来事を紹介したブログ『含み笑いのカフェごはん「syunkon」』が話題となる。
2016年の冬には、扶桑社からエッセイ本を発売予定!

作ったおかずを次の日のお弁当にも活かせるよう、アレンジポイントも紹介しています!

旬のキノコの旨みがたっぷり
たった20分で完成!「鶏の甘辛きのこ&マヨだれ」レシピ

「ただ鶏肉を焼いてタレを絡めるだけのすごく簡単なレシピなのに、2種類のタレがかかっているというだけで見た目にもオシャレで凝った料理に見える一品。マッシュポテトなんぞを添えればさらに贅沢! 旬のキノコの旨みがたっぷりの甘辛いソースと、酸味と甘みのきいた白いマヨだれがめちゃくちゃ合います!」(山本さん)

山本ゆり おかず
【材料】(2人分)
鶏モモ肉・・・・・1枚
塩、コショウ・・・・・各少々
シメジ・・・・・1/2パック(約50g)
シイタケ・・・・・3枚ぐらい
エリンギ・・・・・・1本 ※キノコは好きなものでOK
片栗粉・・・・・・小さじ1/2ぐらい
<A>
しょうゆ、みりん、酒・・・・・・各大さじ1ぐらい
ケチャップ、砂糖・・・・・各小さじ1ぐらい
水・・・・・大さじ2ぐらい
<B>
マヨネーズ・・・・・大さじ1ぐらい
牛乳・・・・・大さじ1弱ぐらい
砂糖・・・・・小さじ1ぐらい

※あればドライパセリ、粗挽き黒コショウ・・・・・各少々

【作り方】
① 鶏肉は筋を切って分厚い部分に切り込みを入れ、厚みを均一にする。2等分して塩コショウを振る。シメジ、シイタケは石突きを取り、シメジはほぐして入れる。シイタケは薄切り、エリンギは縦に4等分し、長さを半分にカット

② フライパンに油(分量外)を敷いて熱し、鶏肉の皮目を下にして並べ、こんがり焼けてきたら裏返し、蓋をして弱~中火で5~7分焼き、中まで火を通す。取り出して皿に盛る

③ 油の落ちたフライパンでキノコを炒める。材料がくたっとなったら片栗粉を振り入れ、混ぜ合わせた<A>を加えてジャーッと絡め、とろみがついたら鶏肉にかける。混ぜ合わせた<B>をかけて、あればパセリ、黒コショウを振って完成!

【マッシュポテトの材料】(2人分)
ジャガイモ・・・・・1個(150gぐらい)
<A>
塩・・・・・小さじ1/4ぐらい
バターまたはマーガリン・・・・・小さじ1ぐらい
牛乳、オリーブ油・・・・・各大さじ1ぐらい

【マッシュポテトの作り方】
① ジャガイモは洗って水気が付いたままラップに包み、電子レンジ(600w)で2分30秒~3分ほど加熱し、皮をむいてつぶす

② <A>を混ぜ合わせて完成!鶏肉にタレとともに塗りつけて召し上がれ

山本ゆり syunkonカフェごはん
『syunkonカフェごはん レンジで絶品レシピ』(宝島社)
<シリーズ累計430万部突破! 日本一売れているブログ料理本>
料理コラムニスト山本ゆりさんの人気ブログ料理本『syunkon カフェごはん』シリーズに電子レンジだけで出来る簡単レシピを詰め込んだ本が登場! 今回も身近な食材を使った、誰にでも作れる簡単&実用的なレシピが満載。手間がかかってそうに見えるけれど、火を使わずに電子レンジだけで、ここまで出来る、という料理がてんこ盛り! 永久保存版の一冊です
>>amazonで購入する

★おいしく食べたい!
調理&盛り付けポイント

「タレは煮詰め過ぎるとしょっぱくなるので、少し沸騰し出したらすぐ火を止めてください。もし煮過ぎてしまっても、ちょっとずつお湯を足してゴムべらでガァー!!っと混ぜて伸ばせば大丈夫です! あとは、鶏肉を皿に盛りつける前に食べやすいサイズに切っておくと、お箸でも食べられますよ」(山本さん)

★明日の平日ランチに!
お弁当用アレンジアイデア

「残ったおかずを大葉でくるっと巻いてお弁当箱に詰めれば、さっぱりといただけるランチおかずに変身します。保存する場合は、マヨだれが別添えの方が傷みにくいです。マッシュポテトはサンドイッチの具にするのもオススメです!」(山本さん)

★山本ゆりさんに聞きました!
働く女性の“料理気分”をアゲるには?

「仕事終りの料理は面倒くさい! その気持ち、よく分かります。でも、好きなものが食べられて、おいしくて、断然ヘルシーで、体にも良くて、安上がりで……。自炊っていいことだらけ! まずは大好きな食材で、めちゃくちゃ簡単で洗い物も少なく、見た目もいいな、と思えるレシピを1品だけでも作ってみるのはどうでしょうか」(山本さん)

【山本ゆりさんのレシピをもっと見る】
>>牛肉とごぼうの炒め煮
>>鮭とじゃがいもの塩バター

取材・文/栗原千明(編集部) 画像提供/山本ゆりさん

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あなたにオススメの記事

“レンジでチン”5分で作れる「ゆでだし豚」は忙しい女性の味方...
フードクリエイターの八代恵美子さんが教える、【10分で完成!】減塩・減糖のヘルシー常備菜「だしマリネ」アレンジレシピ! ...

〆のパスタまで絶品!だしマリネで作る『トマトすき焼き』レシピ
フードクリエイターの八代恵美子さんが教える、【10分で完成!】減塩・減糖のヘルシー常備菜「だしマリネ」アレンジレシピ! ...

14万人の食事データから判明! 20・30代女性が不足しがち...
毎日の食事で自分に必要な栄養素が足りているか、考えたことはありますか?そこで今回は、その食事データを分析し、20代・30...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

育児と両立可能な会社

福利厚生が充実している会社

賞与・インセンティブ充実!働くならしっかり稼ぎたい

女性ならではのアイデアやセンスが活かせる仕事

月給25万円以上の事務職求人