17
OCT/2016

肌の老化を早める働く女性にありがちなNG食習慣とは? 食べ物できれいな肌をつくろう【管理栄養士監修】

タグ:

冬が近づくと乾燥してお肌のカサカサが気になりますよね。お肌の調子を整えるにはクレンジングや保湿がすぐに思い浮かびますが、実は食生活もお肌のコンディションと深い関わりがあります。

そこで今回は、お肌の老化を早めてしまう、働く女性たちにありがちなNG食習慣を3つご紹介します。

道江 美貴子

【企画・執筆】株式会社 asken 執行役員 管理栄養士 道江 美貴子

女子栄養大学栄養学部卒業後、グリーンハウス(100%出資親会社)に入社。これまで100社以上の企業で健康アドバイザーを務める。2007年、「あすけん」の立ち上げに参画し、企画・コンテンツ制作・開発管理などに携わる。現在、あすけん事業統括責任者。 著書「なぜあの人は、夜中にラーメン食べても太らないのか?」(クロスメディア・パブリッシング)など

1. 果物を食べない

美肌
「最近果物いつ食べたっけ?」こんな方は要注意。果物は美肌をつくる大切な食物です。その理由は、果物がビタミンCの一番の供給源だからです。ビタミンCは、美肌をつくる成分「コラーゲン」を体内で生成するために必要な栄養素。

ビタミンCを期待するなら、果物の中でも、キウイ・いちご・みかん・グレープフルーツなどの酸味があるものがおすすめです。

特に、グレープフルーツの香り成分「ヌーチカリン」と「リモネン」には新陳代謝をアップさせる効果が。細胞の生まれ変わりが活発になり、美肌づくりやアンチエイジングにも効果が期待できます。

2. 納豆やキムチなど、発酵食品をほとんど食べない

美肌
便秘が続くとお肌に吹き出物が……、なんて経験はないでしょうか? 腸内環境と肌のコンディションは深く関係しています。

腸内環境を整える効果がある発酵食品。発酵食品には、納豆・キムチ・ヨーグルト・味噌などがあります。

発酵食品の他にも食物繊維も腸内環境を整えてくれます。食物繊維は、腸内細菌のエサになり、腸内細菌を活発化するのに役立ちます。

納豆は食物繊維も豊富なので一石二鳥! 美肌のために普段から発酵食品を食事に取り入れたいものですね。

3. カップラーメンと菓子パンで食事を済ませることがある

美肌
忙しいとついつい頼りがちなカップラーメン。たまになら良いのですが、肉や魚が少ない食事はどうしてもたんぱく質や食物繊維が不足しがちに。

コラーゲンは、体内でたんぱく質(アミノ酸)とビタミンCから作られます。キレイな肌はたんぱく質からつくられると言っても過言でありません。

美肌をつくりたいなら、たんぱく源である肉・魚・大豆・卵を毎食取り入れるように工夫してみましょう。

どうしてもカップラーメンを食べるという時には、ゆで卵をプラスし、菓子パンはレタスとチーズの入ったサンドイッチに変えれば、たんぱく質が補えますよ。

 

お肌の老化を防ぎ美肌をつくるには、一汁三菜の定食スタイルの食事が最もおすすめです。

忙しいと食事に気が回らなくなりがちですが、美肌は食事からも作られることを知って、NG食生活を見直してみましょう!

あすけん

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あわせて読みたい記事

55年間仕事を続けてきた“83歳現役セールスレディー”の助言...

55年間仕事を続けてきた“83歳現役セールスレディー”の助言...
83歳の現役美容販売部員。にわかに信じられないかもしれないが、55年間化粧品の訪問販売を続け、現在でも先頭集団で走り続け...

あなたにオススメの記事

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

育児と両立可能な会社

福利厚生が充実している会社

賞与・インセンティブ充実!働くならしっかり稼ぎたい

女性ならではのアイデアやセンスが活かせる仕事

月給25万円以上の事務職求人