20
JUL/2017

「転職する前に、会社を辞めて留学したい」社会人留学に必要な費用とメリット・デメリットとは?

タグ:

高山一恵さん
お金のプロに聞きたい!
働く女性のマネーのお悩み相談室

仕事をしている女性であれば、自分の収入や貯金、保険や税金のことなど、お金のことで一度は悩んだことがあるはず。そこでこの連載では、女性から大人気のファイナンシャルプランナー・高山一恵さんに、読者の皆さんから寄せられたマネーのお悩み相談に乗っていただきます! 自分のお金を賢く貯める・増やす・使う術を学びましょう

ファイナンシャルプランナー(CFP®認定者・1級FP技能士)
マネーマネジメントコーチ、DCプランナー
高山 一恵(たかやま・かずえ)
1974年生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。2005年に女性向けFPオフィス、株式会社エフピーウーマンの設立に参画し、10年間取締役を務め、退任。その後、2015年に株式会社Money&Youの取締役へ就任。女性FPと女性をつなぐマッチングサイト「FP Cafe」の事業に注力。また、全国で講演活動・執筆活動、相談業務を行い、女性の人生に不可欠なお金の知識を伝えている。明るく、親しみやすい性格を活かした解説や講演には定評がある。著書に『35歳までにはぜったい知っておきたい お金のきほん』(アスペクト)など多数
社会人留学

今回の相談者さんのように、職場が激務で仕事を続けていけないという方は少なくありません。また、海外留学を考えているとのことですが、「人生100年時代」と言われる今、若いうちから自分に投資し、ビジネススキルを磨いたり、自分を見つめ直したりする時間を持つことはとても有効だと思います。

ただし、会社を辞めて留学する場合、その目的は何なのかを明確にしておくことが大切。「本格的に仕事のスキルアップを目指す」ための留学なのか、「自分を見つめ直してリフレッシュしたい」留学なのか。目的によって、行き先も費用も変わってくるはずだからです。

欧米の語学学校に1年間留学する場合は約300万円が必要になる

例えば、仕事のスキルアップを目的とする場合、語学学校や大学付属の語学コースを利用することになると思いますが、レベルに応じたクラスが用意されているので、自分の希望と合わせた授業を受講することができます。社会人には仕事で使える「ビジネス英語」コースが人気のようです。費用ですが、アメリカやカナダなどの語学学校に1年間留学する場合、授業料、滞在費、渡航費など合わせて、250万円~300万円程度かかると言われています。

リフレッシュも兼ねてということであれば、年齢にもよりますが、現地でアルバイトをしながら語学学校に通うワーキングホリデーという選択もあります(年齢制限を設けている国が多いです)。アルバイトや勉強の合間に旅行や買い物などを楽しむことができますね。例えば、オーストラリアに1年間ワーキングホリデーに行く場合、ざっくりとですが、授業料(4~6カ月分)、滞在費、渡航費など合わせて、約200万円程度。現地で月に10万円程度働いた場合には、100万円程度の収入が入りますので、実質100万円程度の負担になります。

留学することにより、英語力のアップや異文化体験など、日本ではできない体験をすることができるのは大きなメリットになります。一方で、留学後のビジョンが明確でないと、再就職の際、不利になる可能性もありますので注意は必要です。というのも、日本を長期で離れることになるので、再就職の面接のときに、「なぜ日本を長期で離れたのか」、「離れた結果、何を身につけ、どうなったのか」そして、「今後はどうしたいのか」を問われるからです。長期で日本を離れた理由が「現状から逃げ出したかったから」という理由では、企業は採用してくれません。このビジョンがはっきりしていれば、留学中の学びの姿勢も変わりますし、帰国後の再就職にもつながりやすいと思いますよ。

「どうしても留学したいけど、これといった理由はない」という場合、会社を辞めてしまうのはオススメしません。休職するなど長期のお休みを取るかたちで短期間留学をしてみたり、仕事を手放さずに留学できる方法を探してみてはいかがでしょうか。

>>今後のマネープランの参考に!
「あなたにぴったりの年収はいくら?」診断テストでチェックする


『FP Cafe』

『FP Cafe』は、一生涯の「お金の相談パートナー」が見つかるFPと女性をつなぐマッチングサイト。たくさんの女性FPが登録しているからこそ、自分にぴったりなFPを探すことができます。また、『FP Cafe』内のサービスは完全無料・匿名で利用可能。女性の人生の変化や転機に強い、「ハッピーマネープラン」をサポートしています

連載『マネーのお悩み相談室』の過去記事一覧はこちら

>> http://woman-type.jp/wt/feature/category/soudanをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あなたにオススメの記事

「定年を過ぎても続けたい仕事」留学帰りの女子大生が出会った、...
自分と同世代の女性たちの仕事観をのぞき、自分の目指すキャリアを明確にするための材料にしてみよう!今回は、株式会社アウトド...

30歳を目前にアメリカ留学! 仕事も子育ても自ら動けば何とか...
すでに30代を乗り越えた“40’sウーマン”たちが語る等身大の言葉に耳を傾けてみよう。30歳を目前にアメリカ留学を決意し...

「収入が増えても貯まらない」本当のワケは? 貯金ゼロ子がすべ...
ファイナンシャルプランナーの高山一恵さんが、読者の皆さんから寄せられたマネーのお悩みに回答していきます。今回は、「無駄遣...

「彼氏の年収が低過ぎて結婚できない!」結婚後のお金の不安を解...
ファイナンシャルプランナーの高山一恵さんが、読者の皆さんから寄せられたマネーのお悩みに回答していきます。今回は、「年収の...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

育児と両立可能な会社

賞与・インセンティブ充実!働くならしっかり稼ぎたい

やっぱり欲しい安定感! 大手・上場企業で働こう

グローバルな環境で働く!外資系企業&語学を活かせる仕事

長期休暇、社宅、社食など!嬉しい福利厚生のある会社