24
AUG/2017

「平日休み」で浪費に拍車!? “カード請求地獄”で貯金できないホテルフロント女子のお財布事情

タグ:

高山一恵さん
職種別にチェック!
隣のアノ子のお財布事情

どんなに仲の良い友達でも、「年収どのくらいあるの?」「貯金いくら持ってるの?」なんて、聞きにくいもの。周囲の人のお財布事情が分からないだけに、今の自分のお金のやりくりが正しいのかどうか、判断できないものですよね。そこでこの連載では、ファイナンシャルプランナー高山一恵さんに、これまでにあった相談事例を元に、働く女性たちのお財布事情を職種別に解説してもらいます。

ファイナンシャルプランナー(CFP®認定者・1級FP技能士)
マネーマネジメントコーチ、DCプランナー
高山 一恵(たかやま・かずえ)
1974年生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。2005年に女性向けFPオフィス、株式会社エフピーウーマンの設立に参画し、10年間取締役を務め、退任。その後、2015年に株式会社Money&Youの取締役へ就任。女性FPと女性をつなぐマッチングサイト「FP Cafe」の事業に注力。また、全国で講演活動・執筆活動、相談業務を行い、女性の人生に不可欠なお金の知識を伝えている。明るく、親しみやすい性格を活かした解説や講演には定評がある。著書に『35歳までにはぜったい知っておきたい お金のきほん』(アスペクト)など多数

~File.20~
ホテルフロント女子

先日、27歳のシングル女子Aさんがマネー相談にやってきました。彼女は、都内の中堅ホテルでフロント業務をしています。元々人と接することが大好きでサービス精神旺盛なAさんは、この仕事にやりがいを感じているようですが、立ち仕事で夜勤も多く体力的に厳しいとのこと。仕事内容がハードな割に、お給料は高くないと感じています。

ホテルフロント

平日休みを利用して1人でエステや買い物へ……

ホテルのフロント業務は、宿泊客のチェックイン・チェックアウトの対応、宿泊予約の管理、会計業務、案内業務、モーニングコール対応など、非常に多岐にわたります。フロント業務というと、「ホテルの顔」で華やかなイメージがありますが、実際は、上記のように仕事内容は多岐にわたる上に、立ち仕事で夜勤や週末も仕事で体力的に厳しいそう。

その代わり、しっかりお休みはもらえているAさん。平日休みなので友人たちとは休暇が合わず、1人でエステに行ったり、買い物をして過ごすことが多いそう。しかも、平日はお店が空いているので店員さんも丁寧に接客してくれてついつい買い過ぎてしまうと言います。

手持ちの現金が少ないため、いつも買い物はクレジットカードでするそうですが、気がつけば、毎月まとまった金額の請求がきて、まったく貯蓄できないと悩んでいました。

家計簿アプリで支出を見える化してみよう

Aさんのようにカードで買い物をし過ぎてしまうという人にオススメなのが、家計簿アプリを使った支出管理です。

例えば、『マネーフォワード』や『Zaim』などのアプリでは、銀行やクレジットカード会社などの金融機関と連携し、出入金情報を自動で取り込むこともできます。そうすれば、クレジットカードでの買い物の管理が簡単にできるようになりますね。

特に『マネーフォワード』は、銀行口座やクレジットカード、電子マネーも連携できる数は多く、一度登録してしまえば、自動的に情報を取得して振り分けてくれます。家計簿をつけるというと、自分の銀行口座やクレジットカードの明細を見て記録する必要がありましたが、そういった手間をかけずに全てのお金の流れを一括管理できるのが魅力です。

また、『Zaim』には、「予算」を設定できる機能があり、月、週、日など、期間ごとに予算残額が表示されます。「予算内で収めよう」という意識が働くので、無駄な出費をしないですむようになりますね。

忙しい人ほど、いつでもどこでも手軽に使える家計簿アプリを使って家計を管理するとよいでしょう。

英会話にマナー教室……
キャリアアップにつながる自己投資は続けてOK

「買い物し過ぎ」に悩むAさんですが、一方で英会話教室やマナー教室に通い、自己研鑽にお金を使っているのは素晴らしいことだと思います。今は「収入が少ない」とAさんは思っているようですが、ホテル業界は勤務するホテルのグレードや、社内でのポジションによっては年収が大きくアップする可能性もあります。マネジャーや支配人クラスへの昇進を目指すなら、ビジネスに活かせるスキルアップのための自己投資は今後も続けていった方がいいですね。

ただし、急な病気で働けなくなったり、何かチャンスがきたときに「お金がなくて動けない」という事態に陥らないよう、せめて半年分の生活費に相当する額くらいの貯蓄はしておきたいものです。

毎月の「浪費」項目をできるだけ減らし、毎月手取りの1~2割程度は必ず貯蓄できるようにしていきましょう。

ホテルフロント

>>あなたにぴったりのお給料はいくら?
「年収診断テスト」でチェックしてみる

『FP Cafe』

『FP Cafe』は、一生涯の「お金の相談パートナー」が見つかるFPと女性をつなぐマッチングサイト。たくさんの女性FPが登録しているからこそ、自分にぴったりなFPを探すことができます。また、『FP Cafe』内のサービスは完全無料・匿名で利用可能。女性の人生の変化や転機に強い、「ハッピーマネープラン」をサポートしています

連載『隣のあの子のお財布事情』の過去記事一覧はこちら

>> http://woman-type.jp/wt/feature/category/saifuをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あなたにオススメの記事

女・28歳独身! 理想的なお金の使い方&貯め方って?――働く...
20代~30代の働く女性455名を対象に、月々の手取り収入のうち支出と貯金にどれくらいを割いているのか項目別に調査! さ...

「女子力を磨くより、稼ぐ力を身に付けなさい!」上野千鶴子さん...
男女雇用機会均等法の成立から、もうすぐ30年。企業や社会の中で活躍する女性は増えたように思える一方、厳しい側面も少なくな...

「収入が増えても貯まらない」本当のワケは? 貯金ゼロ子がすべ...
ファイナンシャルプランナーの高山一恵さんが、読者の皆さんから寄せられたマネーのお悩みに回答していきます。今回は、「無駄遣...

「20代で年収550万円だけど貯金ができません」顧客ゲットの...
ファイナンシャルプランナー高山一恵さんに、これまでにあった相談事例を元に、働く女性たちのお財布事情を職種別に解説してもら...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

育児と両立可能な会社

賞与・インセンティブ充実!働くならしっかり稼ぎたい

やっぱり欲しい安定感! 大手・上場企業で働こう

グローバルな環境で働く!外資系企業&語学を活かせる仕事

長期休暇、社宅、社食など!嬉しい福利厚生のある会社