21
SEP/2017

「月の最終日に退職」しない方がいいのはなぜ? 知らないと“お金で損する”転職の常識

タグ:

高山一恵さん
お金のプロに聞きたい!
働く女性のマネーのお悩み相談室

仕事をしている女性であれば、自分の収入や貯金、保険や税金のことなど、お金のことで一度は悩んだことがあるはず。そこでこの連載では、女性から大人気のファイナンシャルプランナー・高山一恵さんに、読者の皆さんから寄せられたマネーのお悩み相談に乗っていただきます! 自分のお金を賢く貯める・増やす・使う術を学びましょう

ファイナンシャルプランナー(CFP®認定者・1級FP技能士)
マネーマネジメントコーチ、DCプランナー
高山 一恵(たかやま・かずえ)
1974年生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。2005年に女性向けFPオフィス、株式会社エフピーウーマンの設立に参画し、10年間取締役を務め、退任。その後、2015年に株式会社Money&Youの取締役へ就任。女性FPと女性をつなぐマッチングサイト「FP Cafe」の事業に注力。また、全国で講演活動・執筆活動、相談業務を行い、女性の人生に不可欠なお金の知識を伝えている。明るく、親しみやすい性格を活かした解説や講演には定評がある。著書に『35歳までにはぜったい知っておきたい お金のきほん』(アスペクト)など多数
お金で損しない転職

在職中に転職先が決まれば問題ナシ!
「退職後」に転職する場合は要注意

今の会社に在職中に転職先が決まった場合には、転職先の会社が各種保険や税金などの手続きをしてくれるので大丈夫ですが、問題は、今の会社を退職してからしばらく転職先が見つからない場合です。

退職後に転職先を決める場合、「雇用保険から失業給付をもらえるから大丈夫!」と思っている人も多いようですが、「自己都合」で退職した場合には、ハローワークに離職票を提出してから7日間の待機期間に加えて3カ月の受給制限期間があり、失業給付をもらえるのは、退職後3カ月以上経ってからということになります。ですから、ある程度の貯蓄が無いと、その間の生活を乗りきることができません。

また、しばらく転職先が見つからないと、会社員時代にはなかった出費も重くのし掛ります。

例えば、会社員の場合は厚生年金、健康保険の保険料は会社が半分負担してくれますが、退職すると厚生年金から国民年金になり、健康保険は2年間退職した会社の保険の任意継続になるか、居住地の市区町村の国民健康保険に加入するかどちらかになります。いずれにしても全額保険料は自己負担になってしまうのです。

さらに気をつけなくてはならないのが「住民税」です。住民税は、前年の所得に対して税金を支払うので、しばらく無職でも前年の所得分の住民税は支払う必要があります。社会保険料の負担や住民税などの負担も考えると、退職後に転職する際には生活費の6カ月分程度の貯蓄は最低でもほしいところです。

退職日の設定次第でお給料に大きな差が出る!

最後に、既に転職先が決まっている人もそうでない人も、「退職日」の設定には気をつけましょう。なぜなら退職日が1日違うだけで最後にもらうお給料の金額が違ってしまうからです。

というのも、社会保険(健康保険、厚生年金)の資格喪失日は、退職日の翌日となるため、末日退職の場合、資格喪失日は翌月の1日になります。この場合は、1カ月分の社会保険料が発生します。月の途中で退職する場合には、退職する月の社会保険料は発生しません。ですから、この社会保険料の分、手取り金額に差がでるというわけです。

ただし、前述したように、会社を退職後、しばらく転職先が見つからない場合には、自分で国民年金や国民健保険に加入し、保険料は全額自己負担になります。ですから、目先のお得だけを見て退職日を決めるのではなく、長期的な視点で考えるようにしてください。  

>>今後のマネープランの参考に!
「あなたにぴったりの年収はいくら?」診断テストでチェックする


『FP Cafe』

『FP Cafe』は、一生涯の「お金の相談パートナー」が見つかるFPと女性をつなぐマッチングサイト。たくさんの女性FPが登録しているからこそ、自分にぴったりなFPを探すことができます。また、『FP Cafe』内のサービスは完全無料・匿名で利用可能。女性の人生の変化や転機に強い、「ハッピーマネープラン」をサポートしています

連載『マネーのお悩み相談室』の過去記事一覧はこちら

>> http://woman-type.jp/wt/feature/category/soudanをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あなたにオススメの記事

“欲張り転職”は後悔の元!? 年収、人間関係、仕事内容……...
「自分のことなのに、何を一番大切にしたいかが分からない!」そんな迷路にはまってしまっている転職希望の女性たちに向けて、キ...

「30歳までにペットサロンを開業したい」月収17万・家賃貧乏...
ファイナンシャルプランナー高山一恵さんに、これまでにあった相談事例を元に、働く女性たちのお財布事情を職種別に解説してもら...

「ラクして楽しく稼ぎたくない?」伝説の営業ウーマン和田裕美さ...
2017年7月1日(土)、渋谷ヒカリエで行われたWoman typeセミナーをレポート! 伝説の営業ウーマン和田裕美さん...

「年収アップ転職」に成功する女性、失敗する女性の違いとは? ...
ファイナンシャルプランナー高山一恵さんが、年収アップできる転職とそうでない転職、その差について解説します。

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

育児と両立可能な会社

賞与・インセンティブ充実!働くならしっかり稼ぎたい

やっぱり欲しい安定感! 大手・上場企業で働こう

グローバルな環境で働く!外資系企業&語学を活かせる仕事

長期休暇、社宅、社食など!嬉しい福利厚生のある会社