21
NOV/2017

お金はあるけど幸せになれない――貯金大好き“超堅実オンナ”の末路【連載:高山一恵さん】

タグ:

高山一恵
~お金との付き合い方で人生は激変する~
「○○な女」の末路

どう稼ぐ? どう使う? どう貯める?……お金にまつわる選択で、今後の女性の人生がどう変わるのか、女性に人気のFP高山一恵さんに教えてもらいます。生涯お金に困らない人生を歩んでいくために、想定される未来を知り、今からできるリスク回避を!

ファイナンシャルプランナー(CFP®認定者・1級FP技能士)
マネーマネジメントコーチ、DCプランナー
高山 一恵(たかやま・かずえ)
1974年生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。2005年に女性向けFPオフィス、株式会社エフピーウーマンの設立に参画し、10年間取締役を務め、退任。その後、2015年に株式会社Money&Youの取締役へ就任。女性FPと女性をつなぐマッチングサイト「FP Cafe」の事業に注力。また、全国で講演活動・執筆活動、相談業務を行い、女性の人生に不可欠なお金の知識を伝えている。明るく、親しみやすい性格を活かした解説や講演には定評がある。著書に『35歳までにはぜったい知っておきたい お金のきほん』(アスペクト)など多数

収入が増えない中、税金、社会保険料の負担は増すばかり……。加えて、少子高齢化も加速し、年金不安も強まっています。このように、先行き不透明な時代に生きていると、つい、「お金を使わずに少しでも貯蓄しよう」という思考になってしまう人も少なくないことでしょう。もちろん貯蓄するのはよいことですが、行き過ぎてしまうとその先はどうなってしまうのでしょうか……。

「老後がとにかく心配」と相談にくる20代女性たち

貯金

ひと昔前に比べて、お金の相談にくる人が増えましたが、最近多いのが20代女性からの相談です。

20代というと、まさに花盛りの時で何も不安なんてないように思えますが、私のところにくる人は口を揃えて「老後が不安」と言います。

加えて、「結婚できない可能性が高いから一人でも生きていけるかマネープランをつくってほしい」というのです。私から見れば、おしゃれでとてもかわいい彼女たち。十分に結婚のチャンスがあると思いますが、明るい未来を描けないようです。

これは生きてきた時代背景も影響していると思います。というのも現在の20代は、自分たちが生まれたときから日本はデフレの状況にあり、景気のよい時を知りません。また、少子高齢化が加速し、国も会社も余力が少なくなる中、将来に希望が持てるような明るいニュースが全くない……。そんな中で、この世代の人たちは総じて消費意欲が低く、家計は堅実、将来に対する不安が強いという特徴があります。

お金を使わないことで、失ってしまうものもある

ただ、将来の不安が強いばかりに節約ばかりしていると、結果的に失うものも多くなってしまいます。

私のお客さまの中に1億円の資産を持っている65歳のシングル女性がいます。この方は、若い頃から将来に対する不安が強く、とにかく節約してお金を貯めてきたそうです。

その節約ぶりは徹底していて、食事は絶対に自炊。オリジナルの節約料理をフル活用し食費は3万円程度に抑えていました。住居も都心部から電車で40分程度の家賃が安いエリアのアパートを借り、住居費も抑えていました。プライベートも会社の同僚や友人とのつきあいもほとんどせず、家と会社の往復だったそうです。

この方は、公務員だったので、毎月のお給料はそれなりにあったにもかかわらず、このような節約生活を徹底していました。ですから、毎月順調に貯蓄できる上に、投資もたしなんでいたので、気がつけば1億円も貯まっていたというわけです。

65歳になり、退職を迎えた彼女。普通なら1億円も資産があるし、第2の人生を謳歌するぞ!というところですが、いざ、お金を使おうと思っても使い方が分からない、さらには、一緒に遊びに行ける友人がいない、ということに気がつきました。

お金は貯まったけれど、その使い道がなく、“失ってしまったもの”も多かったのです。

お金を貯めること自体を目的にしてはいけない

貯金

この例は、貯蓄好きな方によくある傾向です。本来お金は使うためにあるのに、お金を貯めること自体が目的になってしまうのです。

お金は自分のやりたいことや夢を実現するためのツールに過ぎません。まずは、なぜお金を貯めたいのか、ここを考える必要があります。

そして、意外に難しいのが、お金の使い方です。上記の方のように、お金を貯めることだけに集中してしまうと、お金の使い方が分からなくなってしまうのです。

もちろん、やたらと無駄にお金を使うことは良いことではありませんが、有効にお金を使うことができれば、人生は何倍も楽しくなります。そして、自分にとってどのようなお金の使い方が有効なのかは、若い頃から経験を積むしかないのです。

例えば、食事に行ったり、美術館に行ったり、物を買ったりした場合、「この時は幸せな気持ちになれた」、「これは買わなきゃよかった」両方あると思います。この経験を通して、どんなお金の使い方をすれば自分が幸せになれるのかが分かります。

この経験を積むことで初めて、お金の使いどころと節約しどころがわかり、バランスの取れたお金の使い方ができるようになるのです。

つまり、若い頃からこの訓練をしていないと、私のお客さまのように1億円も資産があるのに何にお金を使ったらよいのかわからない老後を迎えてしまうことに……。そして、友人やパートナーを作る機会も無くしてしまっているんですね。

貯蓄大好きでお金を使わないという若い人が増えていますが、適度にお金を使うことも経験し、充実した人生を送れるようにしましょう。

>>今後のマネープランの参考に!
「あなたにぴったりの年収はいくら?」診断テストでチェックする


『FP Cafe』

『FP Cafe』は、一生涯の「お金の相談パートナー」が見つかるFPと女性をつなぐマッチングサイト。たくさんの女性FPが登録しているからこそ、自分にぴったりなFPを探すことができます。また、『FP Cafe』内のサービスは完全無料・匿名で利用可能。女性の人生の変化や転機に強い、「ハッピーマネープラン」をサポートしています

連載『「○○な女」の末路』の過去記事一覧はこちら

>> http://woman-type.jp/wt/feature/category/oowomanをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あなたにオススメの記事

「貯金ほぼなし。リッチ男子と結婚して専業主婦になりたい」アラ...
ファイナンシャルプランナー高山一恵さんが、「貯金ほぼなし。リッチ男子と結婚して専業主婦になりたい」アラサー女の末路を解説...

「33歳独身で、郊外に新築マンションを買った」女の末路【連載...
女性のお一人さまがマンションを買う場合、いくつもの罠が潜んでいるのぞご存知でしょうか……!?郊外に新築マンションを買った...

「50歳で仕事を辞めてハワイに移住したい」働く女性に必要な貯...
ファイナンシャルプランナー高山一恵さんが、「50歳で仕事を辞めてハワイに移住したい」会社員女性のお悩みにずばり回答します...

「人生100年時代」未来を豊かに生き抜くために、女性が知って...
今回『Woman type』では、「お金」、「結婚」、「キャリア」、「健康」のそれぞれの分野で活躍する識者に人生100年...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

育児と両立可能な会社

賞与・インセンティブ充実!働くならしっかり稼ぎたい

やっぱり欲しい安定感! 大手・上場企業で働こう

グローバルな環境で働く!外資系企業&語学を活かせる仕事

長期休暇、社宅、社食など!嬉しい福利厚生のある会社