26
FEB/2018

年収1000万世帯でも家計に余裕はない!? 収入・貯蓄がいくらあっても「不安」に苦しむ人に欠けている視点

タグ:

高山一恵さん
お金のプロに聞きたい!
働く女性のマネーのお悩み相談室

仕事をしている女性であれば、自分の収入や貯金、保険や税金のことなど、お金のことで一度は悩んだことがあるはず。そこでこの連載では、女性から大人気のファイナンシャルプランナー・高山一恵さんに、読者の皆さんから寄せられたマネーのお悩み相談に乗っていただきます! 自分のお金を賢く貯める・増やす・使う術を学びましょう

ファイナンシャルプランナー(CFP®認定者・1級FP技能士)
マネーマネジメントコーチ、DCプランナー
高山 一恵(たかやま・かずえ)
1974年生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。2005年に女性向けFPオフィス、株式会社エフピーウーマンの設立に参画し、10年間取締役を務め、退任。その後、2015年に株式会社Money&Youの取締役へ就任。女性FPと女性をつなぐマッチングサイト「FP Cafe」の事業に注力。また、全国で講演活動・執筆活動、相談業務を行い、女性の人生に不可欠なお金の知識を伝えている。明るく、親しみやすい性格を活かした解説や講演には定評がある。著書に『35歳までにはぜったい知っておきたい お金のきほん』『1000円から増やす積み立て投資術』など多数

【今回のマネー相談】
将来のお金のことを考えると不安で仕方なくなります。家も買いたいし、旅行にも行きたいし、子供ができたらいい学校にも通わせたいし、でもそんなのいくらお金があっても足りないのではと思います。どうしたら不安に対処できるのでしょうか?
……(20代事務職女性/年収300万円程度/既婚/子なし/夫の年収400万円程度)


【解説&アドバイス】

少子高齢化が加速し、将来の年金不安は増すばかり……。お給料も右肩で上がらず、社会保険や税金の負担は増えるばかり……。このような状況では、若い女性たちが将来に漠然とした不安を持つのも無理はありませんよね。

年収1000万円世帯でも家計に余裕がない時代

お金 不安
とはいえ、日本の経済が右肩で上がっていった高度経済成長時代とは違い、今の日本は低成長時代が続いています。ですから、ひと昔前のように、家も教育も娯楽も全てを満たそうとすると、お給料が伸びない今、年収1000万円世帯でも家計に余裕がありません。“何もかも希望通りに”というのは、多くの人にとって現実的ではないのです。

今回の相談者さんは家計収入では約700万円程度あるということになりますが、それでも取捨選択をすることが大事になりますね。

仮に、家を買うという場合、具体的に「どこのエリア」に「どんな家が欲しいのか」「それを買うとするといくら必要なのか」という具合に、考えてみてください。子どもの教育や旅行についても同様に、パートナーと一緒に希望を話し合ってみてください。おそらく、「全部実現するのは難しい」という結論になると思います。極々一部の人を除けば、それが普通です。

その場合は、夫婦でさらに相談を重ねて、妥協できるポイントを探してみてください。

例えば、「家は都内に買うことにこだわりたいけど、趣味への出費は少しおさえられそう」、「子どもの教育にはお金をかけたいから、家はしばらく賃貸で良い」など、優先順位をつけていきます。

改めて言いますが、今の時代はこうして取捨選択をするということが、当たり前の時代。一人一人が自分にとって大切なものに向き合っていく必要があります。

貯蓄を増やし、夢を叶えた人たちに共通すること

また、今まで多くの人の家計相談にのってきましたが、次々に夢を実現し、ちゃんと貯蓄もできているという人にはある共通点があります。それは、「自分がどんな人生を送りたいか」が明確なこと。そして、それを実現するために「いつまでに」「いくら必要なのか」も明確にしていることです。さらに、全てを実現できない場合でも、何を優先させると人生がハッピーになるのかが分かっています。

人生全体を俯瞰して、必要なお金も自分の価値観も「見える化」することができれば、漠然とした不安はなくなります。病気になった場合でも原因が分からないうちは不安が募ると思いますが、原因が分かれば、それに向かって治療すれば良いという安心に変わりますね。お金の不安についても同じです。原因をはっきりさせて、対策を立てればよいのです。

いつまでも自分の人生ビジョンが明確にならないままだと、たとえ貯蓄が数千万円あったとしても、漠然とした不安が続くでしょう。実際、今まで私が相談にのった方の中にも1000万円以上の貯蓄があっても不安でたまらないという人は少なくありませんでした。

漠然とした将来への不安に意識を向けている今だからこそ、人生の目標や自分にとって大切なものを「見える化」してみましょう。どうしても叶えたいことを実現できるように、それに向けて計画的な貯金をしてみてはいかがでしょうか。

>>今後のマネープランの参考に!
「あなたにぴったりの年収はいくら?」診断テストでチェックする


『FP Cafe』

『FP Cafe』は、一生涯の「お金の相談パートナー」が見つかるFPと女性をつなぐマッチングサイト。たくさんの女性FPが登録しているからこそ、自分にぴったりなFPを探すことができます。また、『FP Cafe』内のサービスは完全無料・匿名で利用可能。女性の人生の変化や転機に強い、「ハッピーマネープラン」をサポートしています

連載『マネーのお悩み相談室』の過去記事一覧はこちら

>> http://woman-type.jp/wt/feature/category/soudanをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あなたにオススメの記事

「収入が増えても貯まらない」本当のワケは? 貯金ゼロ子がすべ...
ファイナンシャルプランナーの高山一恵さんが、読者の皆さんから寄せられたマネーのお悩みに回答していきます。今回は、「無駄遣...

マネーのプロならボーナスをどう活かす? 20代の働く女性が知...
ファイナンシャルプランナーの高山一恵さんが、読者の皆さんから寄せられたマネーのお悩みに回答していきます。今回は、「ボーナ...

妥当だと思う金額はいくら? 働く女性のリアルな希望年収
収入に納得感があるか否かで、仕事に対するモチベーションは変わってきそう。そこで今回は、「自分の年収は妥当だと思うか」を調...

“不安定地獄”からは逃げられない!「とりあえず正社員」オンナ...
若いうちに、どうしても正社員として働いた方がいいのだろうか? 働き方の多様化が進む昨今、正社員にこだわる理由があるのか、...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

育児と両立可能な会社

賞与・インセンティブ充実!働くならしっかり稼ぎたい

やっぱり欲しい安定感! 大手・上場企業で働こう

グローバルな環境で働く!外資系企業&語学を活かせる仕事

長期休暇、社宅、社食など!嬉しい福利厚生のある会社