28
MAY/2018

株を売るタイミングはいつがいい? 恋人との別れと重ねて考えてみた【小説で学ぶ初心者のための投資術】Vol.4

タグ:

今どき女子は、恋もお金も「賢く」たしなむ
投資、時々、女と男。

働けど働けど、なかなか給料は増えない――。その上、この超低金利時代。預貯金だけの運用では、貯金も増えず、将来が心配! そこで気になるのが「投資」だけど、始め方やうまく付き合う方法は……?株式投資のプロが、恋愛小説風に指南します!

>>初回の記事はこちらから
>>Vol.2はこちらから
>>Vol.3はこちらから


株を売るタイミングはいつがいい? 恋人との別れと重ねて考えてみた【小説で学ぶ初心者のための投資術】Vol.4
通じぬ想いに悩む恋多きめぐみの背中をドンと押してから、冬が去り、春、夏と季節は駆け抜け、また、物憂い秋がやってきた。相変わらず粛々とキャリアを積み重ねる優子は、今日もカフェCALMの窓際、明るい席で、経済レポートに目を通しては重要なポイントにマーカーを引いていた。

「アメリカの金利、ついに3%超え……か。日本はなかなか金利が上がらないね。預貯金だけじゃ、老後もなかなか厳しいよね……」溜息まじりに、疲れた目を休めようと窓の外を見ると、見知った顔が飛び込んできた。

「あ、めぐみ?」内側から窓をコンコン叩くと、無表情で歩みを進めていためぐみがクルっと振り返った。コンコンの主が優子であることを確認すると、ニコッと笑い、CALMの大きな木のドアから入ってきた。

めぐみ「優子、久しぶり!!」 
優子 「会うの1年ぶりじゃない? その後、彼との『箱根』やら『シンガポール旅行』やら、幸せそうなインスタは見てたけどね」
めぐみ「ふふふ」

優子 「今日は、日曜日だってのに、一人? 奥手のダイチくんとはまだ仲良くやってる?」
めぐみ「うん。うまくいってるよ。今日はアタシが休日出勤だったからね」
優子「そーか、そーか。それはよかった」

めぐみにイスをすすめ、メニューを手渡す優子。
それを受け取りながらめぐみは、「……でも、別れようかどうしようか、正直迷ってるの」と一言。

優子は椅子から滑り落ちそうになりながら、
「え!? うまくいってるんじゃないの? しかも、ばっちりって言わなかった?」

めぐみ「うまくはいってるのよ」
優子 「つまり、どういうこと?」

めぐみ「ダイチさ、会社で応募していた海外留学テストに合格しちゃったの」
優子 「よかったじゃない」
めぐみ「彼のお父さんが証券会社を経営していてね、ビジネスマンはグローバルな視点を持てって言うんだって」
優子 「そりゃそうよ。チャンスがあれば、どんどん海外に行って世界を見るべきだと思うよ」

しかし、めぐみは寂しそうに下を向いて吐き捨てるように言った。

「……アタシはどうなるのよ?」

優子 「寂しいの?」
めぐみ「寂しいっていうか、……日本に何年も放置されるわけだよね?」

優子 「でも、長い将来、例えばそうね、夫が国際派ビジネスマンだったら素敵じゃない? お給料も高いだろうし、めぐみ好きそうじゃん(笑)」
めぐみ「結婚? まだよ、そんなの。もう少し、自由でいたい」
優子 「別に今急いで結婚しなくても」
めぐみ「じゃあ、やっぱり別れた方がいいかな」

優子はフッとため息をつくと、座りなおして、きつめの口調でめぐみに聞いた。

「うーん、めぐみはどういうつもりで彼と付き合ってるの?」

めぐみ「ど、どういうって……? 一緒にいるとすごく楽しいし、とっても紳士で……」
優子 「そうじゃなくて、将来を見てるの? それとも、単なるお遊び?」

めぐみはブンブン首を振ると、必死になって答えた。
「遊びじゃないよ、遊びじゃない。でも、そんなこと今決めなくたって、まじめに付き合ってるよっ!」

もちろん分かっていた、めぐみはいつも恋愛には真剣だ。
優子はやさしい顔に戻り、めぐみのために勝手にモンブランを注文した。

「いい? 決めないとダメなのよ。株式投資で学んだでしょ? 彼との付き合いも、うまくやるにはちゃんと自分で決めないと」

めぐみ「今すぐ決めないと、ダメ?」

優子はうなずきながら、めぐみに諭すように話し始めた。

優子 「株式投資は目的によって、売り方、売るタイミングが違ってくるよね」
めぐみ「つまり、それが恋愛だったら、どういうつもりで付き合うかで別れ方が変わるってことね……」
優子 「そう」

めぐみ「例えば、結婚前提の付き合いだったら、どうなるの?」
優子 「結婚前提、つまり、死ぬまで一緒にいたい場合。期限を決めずに、一度購入した株式をずっと持っているつもりであれば、売却するのはこの2つのパターンだけ」

株を売るタイミングはいつがいい? 恋人との別れと重ねて考えてみた【小説で学ぶ初心者のための投資術】Vol.4

優子は愛用のスケッチブックを取り出すと、さらさらっと書いた。

①お金が必要になったとき
②その企業のビジネスに対して、買った時に持っていた期待感がなくなったとき

優子 「株式投資をする資金は、今すぐに使う必要のないお金じゃないといけないんだけど、投資の途中で、どうしてもそのお金を別のことに使わなきゃならなくなったときね」

めぐみ「えーと、例えば、アタシがアイドルとして芸能界デビューすることになり、彼氏の存在がマズいってことになった場合とか?」

優子 「アハハハ、現実的かどうかはともかくとして、外的な事情でやむを得なくという意味では合ってるわ。資産運用としては、急に家を買うことになった……とかかな」

めぐみは自分の出した例えで楽しくなって、可愛らしくモンブランの栗をつつき出した。

優子 「そんな事情さえなければ、投資した企業の成長を待って、ず~っと持ち続けるのよ」
めぐみ「はい、一生添い遂げます。アーメン」

優子 「次に2つ目ね。その企業のビジネスに対して、買った時に持っていた期待感がなくなったとき。例えば、これから人工知能(AI)が伸びると思って買ったのに、いきなりその企業がAI事業をやめてしまったとかね」

めぐみ「人生いろいろあるからね~。彼が何かのきっかけで酒乱になったり・・・とか? 絶対ヤダもん、そんな人」

優子 「絶対イヤなら別れなさい。その企業の成長を信じて買ったのに、信じられないような変化が起きたら売った方がいいわ。その後、ダメだと思ったビジネスでも株価が上がることはあるかもしれないけど、下がってしまった時の後悔は大きいもの」

めぐみ「そうだよね。相手に不信感を持ちながらだと、一緒に人生の荒波を越えていける気がしないしね。やっぱり、一生のパートナーはいつも信じて応援したいわ」

株を売るタイミングはいつがいい? 恋人との別れと重ねて考えてみた【小説で学ぶ初心者のための投資術】Vol.4

彼氏のことを考えながら、めぐみはモンブランのクリームをつつく。

めぐみ「分かったわ。一生添い遂げるって決めた相手なら、別れるときは、特別な事情があったり、相手をどうしても許せなくなったときだけにしなさいって、親友からのそういうアドバイスね!」

そういうと、モンブランの上にのっていた栗をパクっと口に放り込んだ。

優子 「株を買って、何年も何十年も持ち続けて、持っていることさえ忘れかけていた頃に、ふと株価を見てみると、買ったときの何倍にもなっていた……、そんな話を聞くことができるのも、この投資スタイルならではのことなのよ」
めぐみ「長年寄り添って空気のような存在になったパートナーの価値はプライスレスだよね! うちのおじいちゃんとおばあちゃんは仲が良くて、ホントにうらやましくて」

彼との遠い将来を思い描き、ほわっと幸せな気持ちになるめぐみに、「でもね、別にそればかりが幸せってことじゃないのよ……」長いストレートの黒髪をかきあげながら早口でいう優子は、大人の女を感じさせた。

「え?」
滅多に自分のことを語らないクールな優子にも、昔、一つだけ、めぐみに話した恋愛話があった。

めぐみはそれを思い出し、優子の次の言葉を固唾をのんで待った。

優子 「人生は甘くないわ、人を信じないっていう選択肢もあるのよ。ねぇ、もっとドライな生き方してみる気はないの?」

優子は、めぐみを試すように言葉を投げた。

優子が指南するもう一つの投資方法とは……?
究極のリスク管理術が語られる。

次回へ続く

 株式会社One Tap BUY

【著者プロフィール】

株式会社One Tap BUY
執行役員コーポレートコミュニケーション室長
三好美佐子さん

1966年生まれ。明治大学法学部卒業。準大手証券会社の投資信託部を皮切りに、外資系資産運用会社3社や銀行での勤務を経て、オンライン証券の経営に携わる。2014年、3タップで1,000円から株が買えるスマホ証券「One Tap BUY」の立ち上げに参画。個人向け金融商品の開発やマーケティングに携わるなかで得た個人投資家の行動・心理と市場の動きに関する知識を活かし、数々の執筆を行う

>>初回の記事はこちらから
>>Vol.2はこちらから
>>Vol.3はこちらから

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あなたにオススメの記事

【小説で学ぶ初心者のための投資術】Vol.1 恋も株も、短期...
働けど働けど、なかなか給料は増えない――。その上、この超低金利時代。預貯金だけの運用では、貯金も増えず、将来が心配! そ...

【小説で学ぶ初心者のための投資術】Vol.2 めぐみ、真の...
働けど働けど、なかなか給料は増えない――。その上、この超低金利時代。預貯金だけの運用では、貯金も増えず、将来が心配! そ...

「きつくても好きな仕事」を続けるために! 投資を味方にお金を...
ファイナンシャルプランナー高山一恵さんに、これまでにあった相談事例を元に、働く女性たちのお財布事情を職種別に解説してもら...

恋多き女、めぐみに訪れたまさかのスランプ【小説で学ぶ初心者の...
働けど働けど、なかなか給料は増えない――。その上、この超低金利時代。預貯金だけの運用では、貯金も増えず、将来が心配! そ...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

単調な毎日を脱出!出会いが多い仕事

インセンティブ充実!プチリッチな生活を手に入れる

女性ならではのアイデアやセンスが活かせる仕事

グローバルな環境で働く!外資系企業&語学を活かせる仕事

仕事と家庭を両立できる仕事