スマートフォン版表示に切り替える

株式会社アスマーク

今回募集する2職種、それぞれのチームを束ねる2人のマネージャーにお話を伺いました!

【左】(6年目/未経験・中途入社)簾内さん 【右】(9年目/新卒入社)田中さん


▼簾内さん▼
前職は美容室のSV。リサーチスタッフとして入社し、2019年6月にマネージャーへ昇進。

▼田中さん▼
2011年にアスマークへ新卒入社。営業サポート職として活躍し、2019年4月にマネージャーへ昇進。

女性が安心して長く働ける環境をつくっていきたいです!(簾内)

多少厳しい環境でも、前向きに捉えて色んなことを吸収していける方は、大きく成長できると思います!

―志望動機は?
以前は大手美容院のSVとして勤務していたのですが、労働環境が苛酷で…。休みが週に1日程度しかなく、長く働くことは難しいと思い転職を考えるようになりました。当社への入社を決めたのは、もともとマーケティングに興味があったことと、女性がいきいき働いている姿が素敵だったからです。産育休を取得後、復帰している方も多く、長く働けそう!とイメージができたので安心しましたね。

―今回募集する方々の入社後の成長サポートは?
入社後に3~4ヶ月ほどかけて「マーケティングとは?」「調査とは?」という基本的なことからしっかり研修します。過去の案件内容を基にした課題など、実践的な内容も盛り込んでいるので安心してチャレンジできると思いますよ。

―大変なことは?
調査内容や条件に合致したモニターさんを集めて、座談会や会場調査を行うのですが、前日になって急遽モニターさんが来られなくなったり、台風などで中止になったりといったトラブルが少なくないんです。人をリクルートする難しさを日々感じていますね。そんなときには、当日で別の時間への変更や、別日程への差し替えといった対応を取ります。まだ経験の浅いうちは焦ってしまうこともあると思いますが、チームには相談役としてリーダーが2人おり、困ったときにはすぐ相談できる環境を整えています!

―仕事の魅力は?
業務においては各メンバーの裁量に任されている部分もあり、自分のやり方次第で調査の結果も変わってきます。その分やることも増えてくるのですが、単なるルーティンワークではないので、とてもやりがいを感じられるはずです。私自身、自分の仕事によってお客様の商品開発に貢献し、お客様から「ありがとう、またお願いしたい」と感謝の言葉をいただけるのはとても嬉しいですね!

―マネージャーになって約半年。その振り返りと今後の目標をお願いします。
私はマネージャーになったばかりで、まだまだ勉強中の段階。自分の仕事だけでなく、メンバーの状況も逐一確認して指示を出すのは大変ですね。若い女性が多いチームなので、子どもを持っても女性が長く続けられる環境づくりにも取り組んでいきたいと考えています。一緒に頑張ってくれているメンバーとともに、マネージャーとして成長していきたいです!

有名ブランドのマーケティングにも携われるのが楽しいです!(田中)

仕事を通じて幅広い知識とスキルが身に付くので、積極的に学んでいける姿勢を持った方に来ていただきたいです!

―志望動機は?
当時、マーケティングのお仕事がしたいと思っていたわけではありませんでした。ただ、選考が進むにつれて、先輩社員との座談会や最終面接時の社長のラフな対応に好感を持ち、こんな職場で働きたいと思ったんです。

―お仕事の魅力は?
大手メーカー様の有名なブランドや、大手広告代理店が手掛けるCMなど、大きな商材のマーケティングに携われるのが楽しいです。マーケティングリサーチにはさまざまな方法があって、どういうプロセスを選択するのかは人それぞれです。お客様のご要望や目的を考え、それぞれのプロセスのリスクを理解したうえで最適だと思われるご提案をしていくので、必ずしも正解があるわけではありません。お客様のご要望を、多様な方法で解決していく。自分の提案によってよりよい商品が出来上がっていくのは、このお仕事ならではの魅力だと思います。

―大変なことは?
実際の業務において、営業担当が獲得した案件のデータ収集や計算など、地道な作業をコツコツやることも少なくありません。たとえば、「こんな条件のモニター会員は、何人くらい集めることができるのか?」といった相談に対して、モニター会員データや、過去の案件に類似しているものはないかを調べ、計算するといった業務です。頭を動かしながら、PC作業に没頭することも。幅広い業界と取引をしている分、お仕事を通じて本当に多彩な知識が身に付きます。自然と世の中のトレンドに敏感になりますよ。もちろん周囲がサポートしますし、2週に1回の講習などもあるので、はじめは未経験でも大丈夫です!

―印象に残っている案件は?
食品メーカーさんから、「開発済みの成分を使ってどんな製品を作ればヒットするのか?」 というご相談をいただいたことがあります。お客様との打ち合わせの中で、商品としてはシニア層がベストだと定義づけ、「どんな食品にしたらいいか?」「どんな方法なら摂取しやすいのか?」をシニア層のモニター会員へインタビューすることに。さらに、成分についての話なので、医師や看護師へのインタビューもご提案しました。そうして消費者や専門家の意見を集め、具体的に形にするところまで一貫して対応したんです。大変でしたが、とても達成感を感じた案件でした。