スマートフォン版表示に切り替える

株式会社トリニティ【東証一部上場企業IIJグループ】

自分の企画や提案がカタチになり、街で見かけたときは『最高に嬉しい』瞬間!

営業部

青山 千夏さん


※写真一番右が青山さん
2012年に新卒でトリニティに入社。
営業として東京本社で活躍後、地元熊本県での勤務を希望し異動。
現在は熊本で、九州のお客様をメインにポイントシステムの企画・提案を行っています。

自分の身近にあるサービスや商品を手掛けられるから、結果がダイレクトに分かる。

未経験からのチャレンジは大歓迎!活躍中の青山さんも、全くの未経験からのチャレンジでした。

◆入社の理由は?

『IT業界で営業の仕事がしたい!』そう思っていた私が、たくさんあるIT企業の中でトリニティを選んだ理由は、自分たちの身近にあるポイントサービスを扱う会社だったから。Tポイントのカード(Tカード)やショップ会員カードなど、私たちが普段何気なく利用しているサービスを手掛けていると知り、『自分の身近にあるサービスや商品を手掛けられるなんて、やりがいがありそう』と興味が湧きましたね!

◆入社後、実際にやりがいを感じたエピソードは?

入社後は東京本社に配属になり、商業施設やホテル、銀行、航空会社、芸能事務所など…幅広いお客様を担当させていただきました。その中で印象に残っているのは、とある飲食店のお客様。自動券売機で食券を購入して注文をするその飲食店は、『売上アップ』に悩んでいました。お客様のお話をじっくりとお伺いしていく中で気づいたのは、当時Tカードが利用できたのはレジで会計をするスタイルのお店だけだったということ。そこで私は、自動券売機でもTカードを利用することができないかを検討。企画を立て、社内・社外の関係者やお客様にご提案しました。私の企画をお客様も受け入れてくださり、プロジェクトが始動!そして数ヶ月後、“Tポイントが貯まる自動券売機”のサービスを導入することができました。

◆結果はどうだった?
サービス導入後は、Tカードの販売促進効果もあり、お客様の売上はアップ。お店を利用してくださるリピーターの方も増えたと聞きました。自分の企画でお客様のニーズを満たし、最終的に喜んでいただけたことが、とても嬉しかったです!実際に街でこのサービスを目にする機会もあるのですが、「あ、私が手掛けたサービスだ!」と嬉しくなりますね(笑)

◆この仕事の魅力は?
自分のアイデアをカタチにできることです。私たちが目指す最終的なゴールは“お客様の売上をアップさせる”こと。そのためであれば、企画内容に制限はありません!例えば既にポイントサービスを導入されているショッピングモールの場合、「若い女性の来客数を増やしたい」というニーズに対して、ポイントカードや広告のデザイン刷新をご提案しました。ポイントサービスの導入だけでなくその後サポートも手掛けられるので、さまざまな企画にチャレンジできています♪

気づけば入社して8年!さらなるキャリアアップも目指していきたいです。

営業の先輩社員はもちろん、デザイナーやエンジニアなど、周りのメンバーと協力しながらお仕事に取り組めます!

◆働く環境については?

私が入社した当時より女性社員の人数も増え、働きやすい環境づくりもさらに進んだと感じていますね。残業は多い時で月平均10~20時間ほど。プロジェクトの稼働が落ち着いているときは、社員のほとんどが18:30には帰宅しています。忙しいときはしっかりと仕事に集中し、落ち着いたときは早く帰宅する。メリハリをつけて働いているメンバーが多いと思います。
また、産休・育休取得率や復職率は100%!時短勤務で働く女性や、復職後に雇用形態を変更して勤務日数や勤務時間を調整しながら活躍している女性もいます。ライフイベントや社員の希望に柔軟に対応してくれる点も、魅力ですね!実際に私も「将来的には熊本で働きたい」と会社に伝えたところ、地元熊本に異動させてもらえています。

◆その他に、魅力的なことは?

出張やお客様との会食で、おいしいご飯を食べられることです(笑)長期プロジェクトが多いため、途中報告会やお疲れ様会などで食事に行くことも。こういった機会にお客様とたくさんお話しすることで、営業として信頼していただけるきっかけにもなるんです!また出張で、今まで行ったことがない地域に行けることも嬉しいですね。北海道や東北、九州などいろんな土地にいけるので、働きながらリフレッシュできています。

◆最後に、今後の目標は?
今後の目標は、キャリアアップして管理職になることです!私自身が結果や実績を残して管理職に昇進し、女性が活躍できる環境だということを発信していきたいですね。これから入社する中途入社の皆さんに「女性が活躍できる環境だな」「私もキャリアアップを目指したい」と思っていただけるような環境づくりにも、チャレンジしていきたいです。