スマートフォン版表示に切り替える

第一生命保険株式会社 首都圏マーケット統括部

身近なことをひとつひとつ重ねてお話しすることで、お客さまに信頼してもらえる存在へ

中村真規子(写真左)/古賀友三佳(写真右)さん


▼中村
チーフエキスパートデザイナー。
2020年に、卓越した専門知識を有するMDRT成績資格終身会員に認定。
▼古賀
弁護士事務所⇒病院事務を経て第一生命保険へ入社。
21年4月、オフィス長代理に昇格。

家族優先で働ける環境が、魅力のひとつです。

未経験・ブランクありのスタートでも、安心できる環境があります!

■子育て中のママさんが多数活躍しているからこその働きやすさ
-------------------------
現在活躍している社員の中には子育て中の方も多く、
働き方などで困ったときはなんでも言いやすい雰囲気が特徴。
ワークライフバランスをとりながら、
無理なく仕事と家庭を両立できる職場だと思います。

この仕事は自分が休むとほかの人にとっての仕事量が増える、ということがないので、
急用ができたときに休みやすいのもポイントですね。
お互いにサポートし合う空気がありますので、
子育て中の方もきっと安心できるはずです。
私自身、小学生の娘がいますが、子育て優先で仕事ができています。


■研修・サポート制度も充実しています
-------------------------
トレーナーの教育係がしっかりサポートしてくれるので、
未経験から安心してスタートできる環境です。
一人前になるまで、2~5年にわたる長期間のフォロー体制があります。

お客さまへの提案のシミュレーションやロープレなど、
基礎からきっちり学んでいけますので、ブランクがあってもまったく問題ありません。
一緒に成果を喜びながら成長できる仲間とともに、
ぜひ新たなスタートを切ってみてください。

仕事はすごく楽しい。自分の経験がお客さまのためになっているという実感があります。

まずはお客さまに安心してもらうこと。それが、生涯設計デザイナーとして活躍するための第一歩です。

■お客さまとの「対話」が、仕事を楽しむ一番の秘訣。
-------------------------
そうして未経験からスタートした仕事でしたが、いつも感じているのは「楽しい」ということ。お客さまにも「この仕事楽しいでしょ」と言われてしまうくらい分かりやすいみたいです(笑)。
ただ保険のご説明をしても、お客さまにはなかなか身近ではない単語ばかりですから理解も難しいですよね。私の場合はお客さまと楽しく会話を重ねる中で、まず自分の身近なお話を積極的にするようにしています。
たとえば、家族がウニを食べてアナフィラキシーになり2泊3日入院したことや、以前過労と寝不足で病院に深夜3時に運ばれて点滴を打ったこと。
こういった事例もちゃんと入院としてカウントされて給付金が出るので、自分や身内に起こったエピソードを題材にご説明するとみんな分かりやすいと言ってくれます。
自分で経験していることだから、お客さまにも説得力を持ってご説明することができて、納得してもらえる提案に繋がるんですよね。

■5分、10分の会話が結果に繋がっていきます。
-------------------------
「金額」を目標やモチベーションにすることはあまりないですね。
私の場合はとにかくお客さまとお話しする回数を増やそうと思い、書類をお渡ししたり、状況を伺うといった些細なアポイントも全てカウントしていました。その際に5分、10分だけでもお客さまとお話しを重ねることで、普段から話しやすい関係性ができていったり、ちょっとした雑談から色々なお客さまの状況が覗えます。
あまりかしこまったお話になるとお客さまも緊張してしまいますから、少し会って雑談する、というのを繋げていくことを大事にしています。

人と会話することが好きな方、誰かの話を聞いたり、相談に乗るのが好きな方であれば未経験でも必ず活躍できると思います!