スマートフォン版表示に切り替える

株式会社LUXURY / 株式会社JIN【合同募集】

中途入社で活躍中の社員2名にLUXURYで働く魅力について話してもらいました♪

LUXURYは学歴・社会人経験問わず、あなたのチャレンジしたい気持ちを応援しています!
実際、未経験からスタートする方が大半!
たった一度きりの人生ですから、私たちと最幸な人生にしませんか?

「仕事が趣味です」と言えるくらい、天職だと思います!【ご案内スタッフ】

【これまでのキャリア】2019年5月中途入社 → 2020年4月サブマネージャーに昇格 → 2020年10月マネージャーに昇格

★LUXURYを選んだ理由★
前職は広告代理店で営業をしていました。自分の成果だけを追い求める毎日で、仕事を楽しいと思えずにいた私は、転職を決意。偶然、求人サイトでラグジュアリーに出会いました。

HPやSNSで社員同士が楽しそうに仕事をしている様子を見て、憧れを抱きました!入社すると思っていた通りの会社で、オフィスにいる時は1人になる時間がないほど社員の仲が良く、笑いが絶えないです♪

現在はオフィスを移転し、アクセスがとても良くなり通勤もしやすいです。服装や髪型は自由なので、「毎日、自分らしい格好でオシャレを楽しめる」という社員の声もよく聞きます。

★ご案内スタッフのお仕事について★
私は、前職で主に対面での営業をしていましたが、電話での商品のご案内は初めての挑戦。そのため、まずは商品の知識から学び、お電話で話す際の注意点などから学びました。オススメするのは、無料のレンタルサービスなので案内しやすいのが魅力的ですね♪

もともと人と話すことが好きな私ですが、お客様の顔が見えない分、相手の感情をくみ取ろうと心がけています。慣れるまではマニュアルに沿って、お客様と会話をしていきますが、その中で自分に解決できない問題が発生したら、上司に電話対応を代わってもらい、サポートしてもらうこともあります。

困った時は、上司に声をかけるとその場ですぐに相談に乗ってくれるので、問題が解決するスピードも早いです。

★入社して、一番うれしかったことは?★
「いつも斉藤さんに教わったことを思い出します」と後輩社員に言われた時。
マネージャーになり、後輩社員の育成に携わるようになったのですが、今でも忘れられないのが、営業未経験で入社した女性社員とのエピソードです。

彼女は、今までダンスに専念していたため、ビジネスマナーやお客様への話し方などをイチから学んでいく必要がありました。彼女もそれを自覚していたため、分からないことがあれば、積極的に質問をしてくれました。少しずつコツをつかみ、入社して9日目で新規の案件を受注☆その際に、彼女から「仕事中は、いつも斉藤さんに教わったことを思い出します!」と言われ、少しでも後輩の力になれたのだと、嬉しく思いました。

私の仕事が役に立っていると感じるのが嬉しい!【事務系総合職】

【これまでのキャリア】2018年9月中途入社 → 2020年4月サブマネージャーに昇格

★LUXURYを選んだ理由★
高校卒業後、歯科助手を3年間経験。その後、アパレルでバイトをしていました。ルーティン業務ばかりでメリハリがなくて…違う仕事がしたいな、と思っていたときに当社のHPに載っていた社員の写真を見て「楽しそうな雰囲気の会社だ」と興味を持ったんです。

当社を選んだ一番の理由は“面接の雰囲気”。写真で見たとおりの明るい皆さんに出会えたり、さらにはお菓子を出してくれたりといったアットホームさに惹かれ、「ここなら楽しく働けそう!」と思って入社を決めました。

★事務系総合職のお仕事について★
このポジションでは、バックオフィス部門にて営業サポート・お客様サポート・人事・広報・経理などの幅広い業務を担当できます。最初はイベント研修と呼ばれるステップで営業メンバーの仕事内容や商材について理解を深めたのち、営業サポートの事務作業や数字管理を覚えられるので安心です。

営業メンバーの近くでサポート業務を行うのですが、自分のサポート1つで契約獲得や会社の成果、お客様満足度が変わっていくことを直に感じられることがやりがいに繋がっています!

★入社して、一番うれしかったことは?★
事務業務の中でも“お客様サポート”を経験したときの話です。お客様サポートでは、電話を通じて既存のお客様に新プランを提案したり、お困り事をヒアリングして商品の魅力やメリットを伝えたりといったご案内・ご提案を行っています。

お客様にご提案した時に「あなたの説明が分かりやすくて助かった」と喜んでいただけたことがありました。お客様が実際に商品を使っているシーンなどをヒアリングして、お客様1人ひとりに合ったサポートができるよう心がけていたので、本当に嬉しかったです!

もちろん、最初から上手くできたわけではなく…悩んでいた私に先輩たちが色々なアドバイスをしてくれて、「どうすれば魅力に感じてもらえるのか」「どう伝えたら分かりやすいのか」といったノウハウを教えてもらったことがこの結果に繋がったと思います。
私の提案を聞いたお客様から「あ、そういう使い方もあるのね!」と新たな発見・魅力を感じてもらえたとき、この仕事をやっていて良かった!と感じますね。