スマートフォン版表示に切り替える

公益財団法人 日本野鳥の会

現在この求人は女の転職typeに掲載していません。

※この企業情報は、求人掲載当時の内容です。現在は内容が変更されている場合がありますのでご注意ください。

  • 募集情報

自然との共生のためには、自然の味方となる存在が必要です。

「野鳥の保護を通じて自然を守りたい」という想いから1934年に発足した日本野鳥の会。人間の影響で生活範囲を狭められたり、絶滅の危機に追い込まれている野鳥を守るために、野鳥の調査、研究、生息環境の保全に努めてきました。より多くの方と想いを共有し、共に活動するために、野鳥の現状を伝え、自然保護の考えを普及しています。

公益財団法人 日本野鳥の会

事業内容

【野鳥や自然を守る事業】 
■野鳥保護区の拡大と維持管理
■IBA基準生息地の保全
■絶滅の恐れのある野鳥の保護活動 
■保全のための調査・研究活動 など

【野鳥や自然を大切に思う心を伝える事業】 
■サンクチュアリなどでの野鳥ファン拡大 
■入門用冊子類の配布や広報 
■ハンディ図鑑の販売
■ティーチャーズガイドの発行
■自然を守る体験型ボランティアプログラムの実施 など

設立

1934年(昭和9年)3月11日

従業員数

110名 会員数/36,264人 サポーター数/11,204人

代表者

理事長 佐藤 仁志

北海道での調査風景:野鳥保護のために、野鳥の会一同が協力しあっています。
北海道での調査風景:野鳥保護のために、野鳥の会一同が協力しあっています。
野鳥や自然の保護に関心がある女性が数多く活躍中。幅広い年代が自由に意見を交換できる職場です。
野鳥や自然の保護に関心がある女性が数多く活躍中。幅広い年代が自由に意見を交換できる職場です。
こちらは直営店の「バードショップ」。 野鳥や自然に関する書籍やグッズを取り揃えています。
こちらは直営店の「バードショップ」。 野鳥や自然に関する書籍やグッズを取り揃えています。
viewpoints

女の転職!
取材レポート

自然保護に対する関心が高まっている今、「日本野鳥の会」の名前をご存じの方も多いかと思います。実際に現場の方からお話を伺ってみると、野鳥に限らず、広い意味での自然保護に取り組んでいるそうです。子育てが落ち着いた30代~40代の女性も多く在籍されていて、「子どもたちのために何かを残したい」という気持ちが伝わってきました。地球の未来はもちろん、身近な人々の幸せにも繋がる素敵なお仕事だと思います!
page-top