スマートフォン版表示に切り替える

第10回

テレワーク
どうだった?

コロナで導入が進んだテレワークに関して聞きました。

2020.08.26

アンケート実施期間/2020年5月29日~6月14日 有効回答数/1024名
調査方法/女の転職type会員に対してWEB上で調査

アンケート実施期間/2020年5月29日~6月14日 有効回答数/1024名 調査方法/女の転職type会員に対してWEB上で調査

今回の調査でわかったこと

テレワーク未実施の会社は6割超。
経験した人の7割以上は
歓迎しているという結果が出ました。

コロナ禍によって導入が進んだと言われるテレワーク。しかし、アンケート結果を見ると導入したという会社は36.8%にとどまりました。

テレワークを経験した人は、「とても良かった」「まぁまぁ良かった」という回答が7割超。メリットを感じる人が多い結果に。

コロナが落ち着いた後の勤務形態については、43.7%が「分からない(まだ決まってない)」と最も多く、次いで28.4%が「出社義務がある状態に戻る」と答え、テレワークの一般化はまだ先になりそうな状況と言えそうです。

※今回の回答者属性の職種内訳は事務・経理・人事系(40.5%)、サービス・販売系(20.8%)、営業系(11.8%)、その他(エンジニア系、クリエイティブ系、企画系、専門職系、医療介護系)(26.9%)となっています。

  • Q.1外出自粛を受けて、あなたの会社はテレワーク(在宅勤務)になりましたか?

    Q.1外出自粛を受けて、あなたの会社はテレワーク(在宅勤務)になりましたか?

    A.1グラフ

    「外出自粛を受けて、あなたの会社はテレワーク(在宅勤務)になりましたか?」と聞いたところ、「なった」が36.8%「なっていない」が63.2%で、6割超がテレワークを導入していませんでした。

  • Q.2テレワーク(在宅勤務)を経験してどう思いましたか?

    Q.2テレワーク(在宅勤務)を経験してどう思いましたか?

    A.2グラフ

    Q.1で「テレワークが導入された」を選んだ方に、どう思ったのかを聞いたところ、「とても良かった」が41.4%。第2位は28.9%の「まぁまぁ良かった」。「どちらともいえない」も含めると、プラスに捉える人が7割超でした。

    「良かった」を選んだ理由
    効率よく仕事ができる(20代/エンジニア系/正社員/神奈川県)
    感染リスクを少しでも低くすることができた(20代/事務・経理・人事系/派遣/千葉県)
    子どもとの時間が増えた(40代/サービス系/正社員/兵庫県)
    通勤時間がなくなり、ストレスが減った(20代/事務・経理・人事系/正社員/東京都)
    「良くなかった」を選んだ理由
    家族がいて、仕事に集中できない(20代/営業系/正社員/静岡県)
    お客様相手の仕事なので、テレワークだと仕事にならない(20代/営業系/正社員/東京都)
    相談しづらい(20代/エンジニア系/正社員/大阪府)
    「どちらともいえない」の理由
    オンとオフを分けるのが難しかった(20代/サービス・販売系/正社員/和歌山県)
    ささいなコミュニケーションが取りにくい(30代/クリエイティブ系/派遣/東京都)
    仕事場が変わっただけだから(30代/事務・経理・人事系/正社員/愛知県)
  • Q.3コロナが落ち着いたら、あなたの会社の通勤スタイルはどうなりますか?

    Q.3コロナが落ち着いたら、あなたの会社の通勤スタイルはどうなりますか?

    A.3グラフ

    「コロナが落ち着いた後の通勤スタイル」を聞いたところ、「分からない」が43.5%で第1位、「出社義務がある状態に戻る」が28.4%で第2位。逆に「テレワークのみ」は0.6%。テレワークの定着は今の段階では判断できないようです。

  • Q.4今後、テレワーク(在宅勤務)を希望しますか?

    Q.4今後、テレワーク(在宅勤務)を希望しますか?

    A.4グラフ

    「今後テレワーク(在宅勤務)を希望する?」と聞いたところ「希望する」が54.0%で、半数以上がテレワークに魅力を感じていました。ただし「どちらともいえない」が33.2%で、現状では判断しきれない人も3割を占めました。

    「希望する」を選んだ理由
    会社でするより業務がはかどる(20代/介護・医療・福祉系/契約社員/京都府)
    どこにいても働けるため、勤務地にこだわらなくなる(20代/企画・マーケティング系/正社員/茨城)
    しばらくは感染の心配があるし、子どもとの時間が取れる(30代/営業系/正社員/群馬)
    家庭との両立がしやすいから(40代/サービス・販売系/正社員/茨城)
    「希望しない」を選んだ理由
    家にいるとノイローゼになりそうだったから(30代/サービス・販売系/派遣/埼玉)
    現場で働きたいため(20代/その他/アルバイト・パート/鹿児島)
    「どちらともいえない」の理由
    ずっとテレワークも疲れるため(20代/営業系/正社員/神奈川)
    オンオフの切り替えができないので、週2~3日は出社したい(30代/サービス・販売系/アルバイト・パート/福岡)
    会社でないと使えないシステムがある(30代/企画・マーケティング系/正社員/東京)
    希望する職種がテレワークでは対応できないから(20代/サービス・販売系/アルバイト・パート/東京)
  • Q.5「テレワーク(在宅勤務)できること」は転職先に求める条件になりますか?

    Q.5「テレワーク(在宅勤務)できること」は転職先に求める条件になりますか?

    A.5グラフ

    「『テレワーク(在宅勤務)ができる』は転職先に求める条件になる?」については、「あると良いが必須条件ではない」が64.3%で第1位、「条件には入らない」が20.6%で第2位。会社選びの必須基準とは言えないようです。


    コロナをきっかけに、実際にテレワークを経験し、良いところ、大変なところを私たちは体感しました。

    そのまま在宅ワークを続ける企業はまだ多いとは言えませんが、「働き方の選択肢が増えたと感じる」という意見もありました。今回の経験は、多様なワークススタイルを選べる社会に一歩近づいたことに価値がありそうです。

調査データの引用・転載について

他の調査データも見てみる

『女の転職アカデミア』とは

『女の転職type』がお届けする、
転職活動を一歩前に進めるためのお役立ちコーナーです。

『女の転職type』がお届けする、
転職活動を一歩前に進めるための
お役立ちコーナーです。

転職を成功させて理想の未来を手に入れるには、自己分析から企業研究、書類作成に面接対策まで、やることがたくさん! その途中で、悩み立ち止まってしまうこともあるでしょう。そんな時、ここに来たらヒントが得られて道が開ける。皆さんにとって、そんな場所でありたいと願って運営しています。