スマートフォン版表示に切り替える

第11回

何の仕事に
転職したい?

転職でどんな職種を選びたいか聞いてみました。

2020.09.29

アンケート実施期間/2020年8月4日~8月17日 有効回答数/1145名
調査方法/女の転職type会員に対してWEB上で調査

アンケート実施期間/2020年8月4日~8月17日 有効回答数/1145名 調査方法/女の転職type会員に対してWEB上で調査

今回の調査でわかったこと

サービス・販売、営業職の人は異職種を希望する人が多く、
エンジニアやクリエイティブ職の人は同職種の転職を希望する人が多い!

転職する際、今までの仕事を継続したいのか、新しい職種に変わりたいのかアンケートを実施しました。職種ごとの結果を見てみると、エンジニア系と事務系の人の多くが同じ職種への転職を希望したのに対し、サービス系の人の多くは、異なる職種への転職を希望していました。
異業種を希望する理由の第1位は、「長く続けられそうな仕事にしたい」となっており、それらの人が希望する具体的な職種は「事務」が大半を占めました。
「子育てなどのライフステージの変化に対応できる仕事か」「長く働ける職種か」といった将来不安が解消されるかどうかが、異職種転職をしようと考える気持ちに大きく影響しているようです。
積み上げてきたキャリアを大事にした方がメリットがある職種とそうではないと思われている職種が明確に分かれる結果となりました。

  • Q.1転職するとしたら、同じ職種がいいですか?違う職種がいいですか?

    Q.1転職するとしたら、同じ職種がいいですか?違う職種がいいですか?

    A.1グラフ A.1-1グラフ A.1-2グラフ A.1-3グラフ A.1-4グラフ

    「職種にはこだわらない」が34.2%、「違う職種がいい」33.7%、「同じ職種がいい」32.1%でほぼ均等に分かれる結果に。
    ただし職種別にみると、事務・経理・人事系、エンジニア系、クリエイティブ系、企画マーケ系は「同じ職種がいい」という回答が4割以上と多く、サービス・販売系、営業系、介護・医療・福祉系では同じ職種を希望する人は12~15%にとどまりました。
    転職時の希望職種は、現在の職種によって全く異なるということが分かりました。

  • Q.2なぜ同じ職種で働きたいのですか?

    Q.2なぜ同じ職種で働きたいのですか?

    A.2グラフ

    Q1.で「同じ職種で働きたい」と選んだ方に、最も大きい理由を1つだけ答えてもらったところ、第1位は「これまでの経験を生かしたいから」46.9%、第2位は「その職種が好きだから」21.5%という結果に。
    「その方が年収は上がりやすそうだから」を選んだ人はわずか1.3%で、お金以上にやりがいやキャリアアップを重視していると言えそうです。

  • Q.3「違う職種がいい」を選んだ方はどんな職種を希望しますか?

    Q.3「違う職種がいい」を選んだ方はどんな職種を希望しますか?

    A.3グラフ

    Q1.で「違う職種がいい」を選んだ方に、「どんな職種を希望しますか?」と尋ねたところ、トップは「事務・経理・人事系」の50.9%で圧倒的な割合でした。第2位は「特に希望はない」で10.3%。第3位は「クリエイティブ系」で7.2%という結果でした。

  • Q.4「違う職種がいい」を選んだ方は、なぜそう思いましたか?

    Q.4「違う職種がいい」を選んだ方は、なぜそう思いましたか?

    A.4グラフ

    Q1.で「違う職種がいい」を選んだ方に、なぜそう思ったのか理由を聞きました。「長く続けられそうな職種に乗り換えたい」が38.9%で第1位、「新しいことに挑戦したい」が27.9%で第2位。「今の仕事を続けたくない」が15.5%で第3位でした。
    異なる職種への転職を希望する人たちの多くは、サービス系、営業系、医療介護系でした。いずれも立ち仕事だったりシフト制の職場が多いので、「長く続けられない」と感じている人が多いのかもしれません。

  • Q.5希望する職種に転職できたら、何がしたいですか?

    事務職になれたら
    子どもができても長く働きたい(20代/営業/正社員/神奈川県)
    スキルアップして、秘書のような仕事がしたい(20代/営業系/正社員/千葉県)
    経理業務から、FPの資格を勉強したい(20代/営業系/正社員/奈良県)
    クリエイティブ職になれたら
    パソコン一つで場所を問わずに働けるようになりたい(20代/コンサルタント・専門職系/契約社員/神奈川県)
    Webデザイナーや編集などで裁量労働をしたい(30代/事務・経理・人事系/派遣/東京都)
    企画・マーケ職になれたら
    自分の創造性を試したい。マスマーケティングなどを経験したい(20代/営業系/正社員/東京都)
    ECサイトの運営に興味がある。今の自分にないスキルが多いし、腰を据えて働けそうなビジョンが見える(30代/サービス・販売系/派遣/神奈川県)
    エンジニアになれたら
    エンジニアに転職できたら、学習や生活に役立つアプリを作りたい(20代/その他/契約社員/鹿児島県)
    興味のある物すべてを取り入れたアプリやゲームを作りたい(30代/サービス・販売系/契約社員/長崎県)
    販売・サービス職になれたら
    お客様の気持ちに寄り添って、商品を探したり提供したりしたい(20代/介護・医療・福祉系/正社員/東京都)
    好きな服と髪型で楽しく仕事がしたい(20代/事務・経理・人事系/正社員/埼玉県)
    営業になれたら
    やった分だけ数字として反映する営業職で、やりがいを感じながら仕事をしたい(20代/事務・経理・人事系/正社員/埼玉)
    お客さまに商品の提案をして「○○さんだから契約します」と言ってもらえるようになりたい(20代/事務・経理・人事系/正社員/神奈川)
    介護医療、その他になれたら
    子供と接する分野で、教育、メンタルヘルスなどの資格を取得して、子供の人生をサポートできるような仕事がしたい(40代/企画・マーケティング系/フリーランス/東京)

    「その希望職種についたら、何をしたいか?」の質問に対する回答を見てみると、具体的にやりたい内容が決まっている人がいる一方で、「在宅勤務できる職種で家事と両立したい」「シフトの自由があって有給がとれる環境で働きたい」など、仕事そのものよりも環境が変わることにフォーカスしている意見も多くありました。
    現状への不満や不安が転職を考えるきっかけになるのは自然なこと。でも「ここでなければどこでもいい」で選んだ転職先では長く活躍するのは難しいでしょう。
    できれば「その仕事で何がしたいのか、何ができそうか」といったイメージがふくらむ転職先を見つけたいものですね。

調査データの引用・転載について

他の調査データも見てみる

『女の転職アカデミア』とは

『女の転職type』がお届けする、
転職活動を一歩前に進めるためのお役立ちコーナーです。

『女の転職type』がお届けする、
転職活動を一歩前に進めるための
お役立ちコーナーです。

転職を成功させて理想の未来を手に入れるには、自己分析から企業研究、書類作成に面接対策まで、やることがたくさん! その途中で、悩み立ち止まってしまうこともあるでしょう。そんな時、ここに来たらヒントが得られて道が開ける。皆さんにとって、そんな場所でありたいと願って運営しています。