スマートフォン版表示に切り替える

第13回

コロナで転職意欲は変化した?

コロナ前後での転職意欲の変化について聞いてみました。

2020.11.27

アンケート実施期間/2020年10月2日~10月15日 有効回答数/907名 調査方法/女の転職type会員に対してWEB上で調査

今回の調査でわかったこと

コロナ後に転職意欲が上がった人は約5割。 転職意欲が上がった人も下がった人も、将来への不安を理由に判断している模様。

今回はコロナの前後で転職意欲に変化があったかどうか、に関するアンケートを実施しました。「転職意欲は変わったか?」という質問に対し、約5割が「上がった」と答えました。

「転職意欲が上がった」理由について聞いてみたところ、「今の会社の将来性に不安を感じたから」がトップ。

一方、「転職意欲が下がった」人に理由を聞くと「応募したい案件が減ったと感じたから」が第1位でしたが、第2位に「今の職場を離れることに不安を感じるから」が選ばれています。

転職意欲が上がった人も下がった人も、将来性に不安を感じて判断していることが共通していて、「動いた方が安全」と考えた人が転職意欲増、「動かない方が安全」と考えた人が転職意欲減となったようです。

「転職先選びの優先順位」を尋ねてみると、転職意欲が上がった人も下がった人も、コロナ前と後では「仕事内容」の優先順位が下がるという結果に。

非常時においては、仕事内容よりも、仕事を確保することに重点が置かれることが明らかになりました。

代わりに、「勤務地」や「就業スタイルの自由度」の順位が上がり、コロナによって在宅勤務が増えたことがそれらへの関心度アップに繋がっていそうです。

Q.1コロナ禍の前と後で転職意欲は変わりましたか?

コロナ禍の前と後で転職意欲は変わりましたか?回答グラフ

「コロナ前後で転職意欲が変わったか?」を聞いたところ、「上がった」が48.8%、「下がった」が17.5%。「変わらない」が33.7%でした。コロナをきっかけに、約半数の人が転職意欲が高まったようです。

Q.2転職意欲が上がった理由は?

転職意欲が上がった理由は?回答グラフ

転職意欲が上がった人に理由を聞いてみると、「今の会社の将来性に不安を感じたから」が35.4%、「緊急事態に対応できる柔軟な働き方の必要性を感じたから」が28.9%、続いて「コロナ禍を経験して、本当にやりたい仕事に就こうと思ったから」21.2%となっています。
先が見通せない状況が大きく影響していることが分かります。

Q.3転職意欲が下がった理由は?

転職意欲が下がった理由は?回答グラフ

転職意欲が下がった人の第1位は「応募したい求人案件が減ったと感じたから」で28.3%。続いて「今の職場を離れることに不安を感じるから」が24.5%。「今、人生のステージを動かすのが不安だから」を選ぶ人も13.2%いて、この2つを合わせると37.7%と、もっとも多い意見となりました。
不安があるからこそ、「変化しない方がいい」と考えている人が多いことが明らかになっています。

Q.4「転職意欲が上がった人」のコロナ前後の転職先選びの変化は?

「転職意欲が上がった人」のコロナ前後の転職先選びの変化は?回答グラフ

「転職意欲が上がった」人の「コロナ前後の転職先選びの優先順位の変化」を比較してみると、コロナ前の順位は第1位が雇用形態(23.3%)、次に給与(18.3%)、仕事内容(17.8%)と続いていました。
コロナ後の第1位と2位は変化なしでしたが、第3位に「就業スタイルの自由度」(15.6%)が入ってきたのが違いでした。

Q.5「転職意欲が下がった人」のコロナ前後の転職先選びの変化は?

「転職意欲が下がった人」のコロナ前後の転職先選びの変化は?回答グラフ

「転職意欲が下がった」人のコロナ前後の転職先選びの優先順位を比較すると、コロナ前の順位は雇用形態(22.0%)、給与(20.8%)、仕事内容(18.9%)で「転職意欲が上がった人」と順番は同じでした。
「コロナ後の転職先選びの優先順位」を尋ねると、1位2位は変わらず、第3位が「勤務地」(15.2%)に変わりました。
転職意欲が上がった人も下がった人も、「仕事内容」の優先順位は下がっています。

Q.6「転職意欲が変わらない人」のコロナ前後の転職先選びの変化は?

「転職意欲が変わらない人」のコロナ前後の転職先選びの変化は?回答グラフ

「転職意欲は変わらない」人のコロナ前の優先順位は第1位が勤務地(23.9%)、次に仕事内容(20.3%)、雇用形態(18.7%)でした。
しかしコロナ後は1位が給与(20.0%)、2位が雇用形態(19.3%)、3位が勤務地(18.0%)となり、コロナ前後で転職先選びの優先事項順位がすべて変わっているという結果に。
Q.4~Q.6いずれのランキングでも「仕事内容」の優先度合いが下がる傾向が見られ、今回のコロナ禍のように仕事を確保できるかどうかといった状況下では、仕事内容へのこだわりは少なくなることが明らかになりました。
そういった状況の中でも、「その仕事を長く続ける」という観点をふまえて、より良い転職を実現したいですね。

調査データの引用・転載について

他の調査データも見てみる

『女の転職アカデミア』とは

『女の転職type』がお届けする、
転職活動を一歩前に進めるためのお役立ちコーナーです。

転職を成功させて理想の未来を手に入れるには、自己分析から企業研究、書類作成に面接対策まで、やることがたくさん! その途中で、悩み立ち止まってしまうこともあるでしょう。そんな時、ここに来たらヒントが得られて道が開ける。皆さんにとって、そんな場所でありたいと願って運営しています。