スマートフォン版表示に切り替える

第39回

営業ってどう?

営業職のイメージ、実態について聞いてみました。

2021.12.01

アンケート実施期間/2021年10月5日~10月19日 有効回答数/638名 調査方法/女の転職type会員に対してWeb上で調査

今回の調査でわかったこと

●約7割が営業職にはなりたくない
●なりたくない理由は「ノルマがきつそう」
●営業職になってもいい、続けてもいい条件は「ノルマがきつくない」

今回は営業職へのイメージと、実際のところを聞いてみました。

営業未経験者に営業職になってみたいかを尋ねたところ、約7割の人がなりたくないと回答。なりたいと回答した人は2割にとどまりました。また、営業職のイメージについても尋ねたところ、最も多かったのは「ノルマがきつそう」70.1%で、次いで「精神的に辛そう」59.3%、「忙しい、残業が多い」51.8%など厳しいイメージが上位となりました。

一方、営業経験者に実際の営業はどうかを尋ねると、「精神的に辛い」が最も多く6割が回答。次いで「ノルマがきつい」「達成感が味わえる」となりました。

営業職への転職条件は、営業経験者も未経験者も「ノルマがきつくない」ことと「給与が今より上がる」が1位、2位となりました。一方、「家庭と両立できる」「リモートで働ける」という条件は、営業未経験者より営業経験者の方が10ポイント以上高い回答率となっています。営業職を実際に経験してみて、今後も営業を続けるのであれば、ここは重要な条件と捉えている人が多いことがわかりました。

Q.1「営業になってみたい」という興味はある?

Q.5 どのような条件がそろえば、営業を続けたい? 回答グラフ
※営業未経験者のみ

『女の転職type』会員に、営業職になってみたいかを尋ねたところ、「まったくない」が最も多く39.9%という結果となりました。「どちらかというとない」32.4%も含めると、7割以上の人がなりたくない派で、なりたい派は21.4%にとどまることがわかりました。

Q.2営業という職業にどのようなイメージがある?

Q.2 営業という職業にどのようなイメージがある? 回答グラフ
※複数回答あり
※営業未経験者のみ

営業経験がない人に営業職のイメージを尋ねると、1位は「ノルマがきつそう」70.1%、2位「精神的に辛そう」59.3%となりました。3位は「忙しい、残業が多い」51.8%となっており約半数が回答しましたが、2021年11月現在、『女の転職type』に掲載されている営業系求人のうち約7割は「残業が少ない」求人です。また、約8割の求人が「未経験OK」の求人にもかかわらず、アンケート結果では「未経験でも挑戦できる」イメージは9.6%にとどまっており、こちらも大きなギャップがあることがわかりました。
「その他」のコメントとしては、「コミュニケーション力が必要そう」「人脈が広がりそう」などがありました。

Q.3どのような条件がそろえば、営業に転職してみたい?

Q.3 どのような条件がそろえば、営業に転職してみたい? 回答グラフ
※複数回答あり
※営業未経験者のみ

営業経験がない人にどのような条件がそろえば営業に転職してみたいかを尋ねると、1位は「ノルマがきつくない」56.8%、2位は「給与が今より上がる」40.1%、3位は「残業が少ない」38.5%となりました。Q.2の回答で多かった「ノルマがきつそう」「残業が多そう」というイメージが払しょくされた上で、「現場のサポート体制が充実している」や「家庭と両立できる」という条件がそろえば、営業職になってもいいという人が多いことがわかります。

Q.4実際、営業ってどう?

Q.4 実際、営業ってどう? 回答グラフ
※複数条件あり
※営業経験者のみ

営業経験がある人に実際「営業」という職業はどうかを尋ねると、1位は「精神的に辛い」60.5%、2位は「ノルマがきつい」59.7%、3位は「達成感が味わえる」49.6%となりました。「自分のペースで仕事ができる」や「未経験でも仕事ができる」も、営業未経験者のイメージより上位にあがっています。厳しい面がありながらも、やりがいや挑戦のしやすさが営業職の特徴と言えそうです。

精神的に辛い
休日でも数字(営業成績)が気になり、数字の取れる動きをしていた(40代、熊本)
仕事のスケジュールはほぼ自分で決められるので、プライベートの用事なども調整しやすいが、成績が全てなのでそれなりの仕事をしなければ成果はあげられず精神的に追い込まれる(30代、栃木)
ノルマがきつい
ノルマはやはりきつい。しかし、自分のペースで仕事できてサボるのも自由で良い(20代、滋賀)
ノルマなしと謳っている会社で働いているが、目標という数字があって結局意識しないといけないので精神的に焦る(30代、大阪)
毎週、毎月で売り上げが公に発表されるため目標に達していないとプレッシャーがある。
しかし達成感はある。直接感謝の言葉を貰えるので、プロセスで苦労しても最後まで頑張って良かったと心から思える
(20代、埼玉)
達成感、スキルが身につく
いろんな会社へ行き、いろんな出会いがあり勉強出来て良かった(40代、千葉)
自分の提案内容が採用され、企画のほとんどを自社製品で埋めた時達成感があった。また取引先様との人間関係の構築は楽しくこちらも達成感がある(20代、大阪)
お客様とのコミュニケーションをとるのが楽しいだけではなく、それが収入にも繋がる。数字をあげることで、達成感がありスケジュールを管理できるので自分のペースで働ける。電話や対面、事務でもどこでも通用するスキルが身につく(40代、埼玉)
自分のペースで仕事ができる
アポを取るとき、お客さんの都合を聞きつつ、自分の予定を合わせられる。子どもが小さいとき、急な発熱とかでも調整できた(30代、大阪)
お客様と自分の予定をすり合わせて決めるので、予定を詰める日とゆとりがある日、ある程度自由に予定を組むことができる(30代、広島)

Q.5どのような条件がそろえば、営業を続けたい?

Q.5 どのような条件がそろえば、営業を続けたい? 回答グラフ
※複数回答あり
※営業経験者のみ

営業経験がある人にどのような条件がそろえば営業を続けたいかを尋ねると、1位は「ノルマがきつくない」59.7%、2位は「給与が今より上がる」54.6%、3位は「家庭と両立できる」49.6%となりました。
「ノルマがきつくない」ことと「給与が今より上がる」は、営業経験者も未経験者も1位と2位で変わりありません。一方、「家庭と両立できる」や「リモートで働ける」という条件は、営業未経験者より営業経験者の方が10ポイント以上高い回答率となっています。営業職を実際に経験してみて、今後も営業を続けるのであれば、ここは重要な条件と捉えている人が多いことがわかりました。

※調査データ(グラフ)は、小数点第2位以下は四捨五入しているため、合計しても100にならない場合があります。

調査データの引用・転載について

他の調査データも見てみる

『女の転職アカデミア』とは

『女の転職type』がお届けする、
転職活動を一歩前に進めるためのお役立ちコーナーです。

転職を成功させて理想の未来を手に入れるには、自己分析から企業研究、書類作成に面接対策まで、やることがたくさん! その途中で、悩み立ち止まってしまうこともあるでしょう。そんな時、ここに来たらヒントが得られて道が開ける。皆さんにとって、そんな場所でありたいと願って運営しています。