スマートフォン版表示に切り替える

第7回

入社した人は活躍してる?

転職者たちの「その後」について聞いてみました。

2020.05.29

アンケート実施期間/2020年3月10日~4月27日 有効回答数/63名
調査方法/人事部または採用担当者を対象にWEB上で調査

アンケート実施期間/2020年3月10日~4月27日 有効回答数/63名 調査方法/人事部または採用担当者を対象にWEB上で調査

今回の調査でわかったこと

約9割の人事が「中途入社した女性は活躍している」と評価!

今回は働く女性側ではなく、転職者を採用する企業側にアンケートを実施。中途入社した女性のその後の活躍について聞いてみました。

結果は、「中途採用した女性社員は、入社後、活躍されていますか?」という質問に対し、「ほぼみんな活躍している」「だいたいは活躍している」と答えた人が88.6%と大半を占めました。

「中途入社の女性が現場で活躍し始めるまで、どのくらいの期間を想定していますか?」という質問には、49.2%が「3ヵ月以内」と回答。それよりも短い期間を選んだ人は2割にとどまり、多くの人事が中途入社者の活躍について長い目で見ているようです。

  • Q.1中途採用した女性社員は、
    入社後、活躍されていますか?

    Q.1中途採用した女性社員は、入社後、活躍されていますか?

    A.1グラフ

    「転職先で活躍できるか」が不安で一歩踏み出せない……という人もいますよね。しかし実際は、「ほぼみんな活躍している」「だいたい活躍している」を選んだ人が9割弱と、大半が活躍できているということが分かりました。

  • Q.2中途入社の女性が現場で活躍し始めるまで、どのくらいの期間を想定していますか?

    Q.2中途入社の女性が現場で活躍し始めるまで、どのくらいの期間を想定していますか?

    A.2グラフ

    活躍し始めるまでの期間を「3カ月以内」と考えている人事が49.2%と最多。それよりも短い期間での活躍を期待しているのは2割程度にとどまりました。
    中途採用は即戦力を期待されるとは言うものの、「今すぐ結果を出して!」というわけではなさそうです。

  • Q.3中途入社の女性社員が活躍するために、企業側として工夫していることはありますか?

    Q.3中途入社の女性社員が活躍するために、企業側として工夫していることはありますか?

    A.3グラフ

    何かしらの工夫があると答えた人が5割弱という結果に。具体的には以下の抜粋コメントのように、研修・教育やコミュニケーションに関するフォロー体制が多く挙がりました。
    一方で、「わからない」と答えた人も2割おり、人事では把握できていない、配属先現場での工夫がありそうです。入社後どのようにして仕事で立ち上がっていくのかは、面接や面談の場で積極的に質問してみるのが良さそうですね。

    研修・教育体制に関する工夫
    1ヵ月の製品研修、2日間の接遇研修、試用期間3ヶ月間のフォロー研修、その後も先輩のフォローサポート体制を徹底している。(10年以上/女性/人材サービス/11~100名)
    先輩の案件に入ったり、アポイントへの同行を増やしたり、業務理解の時間を濃くしている。(~5年/女性/企業サービス/11~100名)
    女性に限らないが、就業前の研修、就業後のアフターフォローを行っている。(~10年/男性/人材サービス/101~500名)
    現場の色んな人と関わりながら研修を行う。現場の上司が週一で1on1mtgを行っている。年の近い先輩が教育担当としてつくブラザー制度を導入している。(~5年/女性/人材サービス/501~1,000名)
    コミュニケーションに関する工夫
    支店によっては、男性ばかりなので女性一人で委縮しないような雰囲気づくりや対応をして、本社等の他部署の女性との電話だけでも関りを増やしている。(~10年/男性/住宅・不動産、建築・土木/10名以下)
    業務をまたいだ繋がりができるように2ヵ月に一度の親睦会、半月に一度の全社懇親会(~10年/男性/IT、通信、インターネット/11~100名)
    極力女性同士のつながりも作りようにしている。(~10年/男性/その他業種/501~1,000名)
    初日の夜は食事会を実施しており、中途でも同期の繋がりを作ってもらっている。(~10年/女性/ファッション、ジュエリー/1,001~5,000名)
    女性管理職も多く輩出している。(~5年/男性/IT、通信、インターネット/1,001~5,000名)
    働き方に関する工夫
    その方のライフスタイルに合わせた働き方の提案(それ以上/男性/医療・福祉/1,001~5,000名)
    産休・育休の取得と復帰実績多数で、シフトのある勤務体制ですが、子育て中の方に関しては、時間固定や時短勤務といった多様な働き方があり、女性職員が働きやすい環境です。(~5年/女性/医療・福祉/11~100名)
    「女性の長期就業」という観点は常に意識しており、制度設計には力を入れています。また、性別関係なく制度作りをしている点も女性が活躍できる環境づくりに繋がっていると思います。(~5年/女性/人材サービス/501~1,000名)
  • Q.4中途入社後に活躍できる女性に何か共通項はありますか?

    主体性
    自ら積極的に業務を取りにいったり、察してもらえる気付いてもらえるの姿勢ではなくきちんと主張できる方(~5年/女性/IT、通信、インターネット/101~500名)
    物怖じせずに積極的に仕事に取り組むタイプ、或いは他の人の困りごとを自分事のように考えて協力するタイプの人が活躍しています。(それ以上/男性/化学、素材/101~500名)
    業務にたいして自走できる方が活躍できると感じます。(~5年/女性/住宅・不動産、建築・土木/501~1,000名)
    不明点を積極的に調べて、それでもわからないことを質問するという行動パターンがあると思います(~10年/男性/IT、通信、インターネット/11~100名)
    ヒューマンスキル
    20代の社員については、「素直で元気で明るい子」が店舗でも活躍し、かわいがられているようです。(1年未満/女性/化粧品、ヘアケア/501~1,000名)
    接客業メインでの募集実績のため、経験があってもなくてもヒューマンスキルがあれば女性は特に即戦力となる。(それ以上/女性/人材サービス/11~100名)
    営業職や専門職、事務職と多数のポジションで女性を採用していますが、いずれのポジションでも職場や環境に適応する能力が高いと感じています。
    相手の懐に入り込む能力に長けている方が多い印象でもあるので、上記実績があるのかと思います。(~5年/女性/人材サービス/501~1,000名)
    特に小さな組織においては、人間関係を円滑に構築できる能力(社交性やある種の楽観さ等)を有している方がいい。仕事の能力自体は男女に差はない。(~5年/男性/教育/11~100名)
    前職までの経験
    同業出身者(職種は未経験でも)は活躍しているイメージ。会社や業界のカラーや風土にギャップが無いからだと思う。特に営業出身者は目標達成意識も高く活躍しやすい。(~5年/女性/人材サービス/501~1,000名)
    前職が「当たり前ラインの高い会社」は立ち上がりが早い。経験も大事だが目線やスタンスも大事。(~10年/男性/住宅・不動産、建築・土木/501~1,000名)
    35歳以上の女性。ある程度社会で荒波乗り越えてきている人(~5年/女性/住宅・不動産、建築・土木/11~100名)
    柔軟さ
    性別関係なく、自分の頭で考え、ルーティンワークをハックしている人は活躍してます。(~10年/男性/IT、通信、インターネット/501~1,000名)
    前職等で身に付いたスキームに固執しない人の方が、早く成長すると思う(~5年/女性/人材サービス/10名以下)
    自分の意見を主張しつつ柔軟に判断できる人。(~10年/女性/総合、流通/101~500名)
    選考時
    面談時に腹割って話してくれているか否か(1年未満/男性/住宅・不動産、建築・土木/11~100名)
    面接時の意欲、明確なキャリア、自己分析をしっかりされている方(スキル面)(~10年/男性/IT、通信、インターネット/11~100名)

    活躍している女性の共通項を聞いてみると、さまざまな意見が寄せられました。企業規模や業種、職種による違いはあるものの、スキルや経験に関する要素よりも、「主体性」「社交性」「謙虚さ」といった「姿勢」に関する内容が多く挙げられました。
    他にも、「面接時の意欲」「面談時に腹割って話してくれているか否か」など選考の段階での見極めもあるようです。

    転職した先でしっかり活躍できるか心配という方はぜひ参考にしてみてくださいね。

調査データの引用・転載について

他の調査データも見てみる

『女の転職アカデミア』とは

『女の転職type』がお届けする、
転職活動を一歩前に進めるためのお役立ちコーナーです。

『女の転職type』がお届けする、
転職活動を一歩前に進めるための
お役立ちコーナーです。

転職を成功させて理想の未来を手に入れるには、自己分析から企業研究、書類作成に面接対策まで、やることがたくさん! その途中で、悩み立ち止まってしまうこともあるでしょう。そんな時、ここに来たらヒントが得られて道が開ける。皆さんにとって、そんな場所でありたいと願って運営しています。