スマートフォン版表示に切り替える

大手やグローバル企業への転職で有利になる資格「米国公認会計士」

米国公認会計士(USCPA)とは、米国各州が認定する公認会計士資格です。

ハイキャリア転職が目指せますが、USCPAを活かせる職場は多くはないため、これから取得するならキャリアパスをよく考えましょう。

取得難易度や転職お役立ち度を参考に、自分に必要な資格か検討してみてくださいね。

「米国公認会計士(USCPA)」はどんな資格? どのくらい取得が難しいの?

米国公認会計士(USCPA)とは、米国各州が認定する公認会計士資格です。
会計・財務・金融分野に関する知識だけではなく、英語力や英文会計の知識が証明できます。

試験は英語で、会計・財務・金融分野の基礎知識が問われます。

米国公認会計士の職場は、コンサルティングファーム、監査法人や会計事務所が挙げられます。いずれも、英語力や英文会計の知識を求められる職場です。
特に米国系コンサルティングファームや大手会計事務所では、資格保有者は高いニーズがあります。

その他、グローバルに展開する企業なら海外法人の監理や財務などで知識を発揮できたり、金融機関でM&Aや金融商品開発といった分野でも、高い金融の知識を活かして活躍できます。

勉強時間の確保と、英語力が重要

働きながらの勉強時間目安は1000時間と言われますが、英語力が既にそれなりに(TOEIC650点以上など)あることが前提です。
英語に自信のない方は英語力もアップさせる必要があります。また予備校や資格スクール(数十万円~)に通う方も多いです。

USCPA試験は州により受験資格が異なりますが、試験問題の難易度に差はありません。
受験資格には4年制大学卒業者・卒業見込み、または会計・ビジネス関連の単位を取得していることです。日本の大学でも受験可能な州を選ぶ必要があります。
また、米国公認会計士として名乗るためにはライセンスの取得が必要で、その条件は試験合格+実務経験です。

試験会場は東京、大阪またはアメリカ各州のプロメトリック・テストセンター (約300カ所)です。試験は年4回あり、コンピューター試験です。
試験科目は4科目でFAR(財務会計)、REG(諸法規)、AUD(監査及び証明業務)、BEC(ビジネス環境及び諸概念)。1科目毎の受験が可能です。
正答率75%が合格の目安で、科目ごとの合格率は50%前後です。

※2020年9月時点の情報です。最新情報はアメリカ各州の会計士委員会、日本国内なら受験スクールなどのHPをご確認ください。

取得難易度

星

勉強時間目安は~1000時間。会計分野は基礎的知識が問われるものの、英語で受験するため英語力も目安としてTOEIC650点以上が必要。

転職お役立ち度

星

監査法人や会計事務所、コンサルティングファームなどでは有利。実務経験があればさらなるアピールになる。

必要なコストは?

1科目500米ドルで、4科目の合格が必要。またスクール(数十万円~)に通う人も多い。

『女の転職アカデミア』とは

『女の転職type』がお届けする、
転職活動を一歩前に進めるためのお役立ちコーナーです。

転職を成功させて理想の未来を手に入れるには、自己分析から企業研究、書類作成に面接対策まで、やることがたくさん! その途中で、悩み立ち止まってしまうこともあるでしょう。そんな時、ここに来たらヒントが得られて道が開ける。皆さんにとって、そんな場所でありたいと願って運営しています。