20
MAY/2014

「テリトリー侵食型」に「怪奇現象型」デスクも登場!? 働く女性が恐れる職場の“汚デスク”とは

タグ:

働く女の本音白書

忙しく働いていると、目の前の仕事に集中してしまい、身の回りの整理整頓がおろそかになってしまうこともありますよね。そんなとき、「職場のデスクが散らかってしまう」という人も中にはいるのではないでしょうか? しかし、デスクが汚くなってしまうと、仕事への弊害もありそう。そこで今回は、オフィスで働く女性たちに、職場のデスク事情について聞いてみました。

アンケート結果

「自分のデスクをいつもきれいにしていますか?」という質問に対し、「いつもきれいにしている」と回答した人が最も多く6割以上。意外にも? 整理整頓が上手な女性たちが多いようです。続いて、「たまに汚くなる」と回答した人が約3割。デスクが汚くなってしまうシチュエーションについても聞いてみたところ、「多忙なときは、書類やメモなどがどんどんたまっていき、デスクワークをするスペースが狭くなってしまう」(24歳/カスタマーサポート)のような意見が集まりました。忙しいと片付けが後回しになってしまうという人は少なくないようです。さらに、「いつも汚い」と回答した人は、5%とかなり少なめ。全体的に、デスクをきれいにしようと心掛けて実践している人が多そうです。
一方で、「あなたの周りに、デスクが汚いなと思う人はいますか?」という質問をしてみたところ、「いる」と回答した人が6割以上という結果に!

アンケート結果

職場の上司や同僚のデスクに関して、「汚くしている人がいる」と回答した人がなんと6割以上! 自分自身のデスクは「いつもきれいにしている」という人が多い一方で、他人のデスクの汚さが気になっている人はかなり多いようです。そこで、職場で汚いと思うデスクについて、その様子を具体的に教えてもらいました。

【歴史的文献も見つかるかも!? 資料山積み型デスク】
「上司のデスクには、ここ数年分の資料や使わないプリント類、冊子が古い順に積み重なっている。今にも雪崩が起きそうで近くを通りたくない」(29歳/CADオペレーター)
「後輩の机は資料が山積みで、マウスを動かすスペースもないほど。片付けるように注意すると、『どこに何があるか分かっているので大丈夫です』と言って全く直さない。でも、いつも資料を紛失しています」(31歳/一般事務)
「男性の上司のデスクなのですが、足下もデスクの上も書類だらけ。必要な資料が見つからないと、その仕事を私に押し付けてくることも。経験上、デスクが汚い人は仕事もできない人が多いと思います」(33歳/ネットワーク設計)

【ここは家じゃない! 公私混同型デスク】
「職場のデスクに、漫画やプラモなど、趣味のコレクションを散乱させている人がいます。無数に並んでいるプラモデルにごみがたまっていたり、がちゃがちゃして落ち着かないデスクです」(37歳/一般事務)
「同僚のデスクの下に、寝袋と洗面器とシャンプーがあり、置き靴だけでも3種類はあった。オフィスは家じゃないんだから!」(30歳/テクニカルサポート)
「デスク上に、『自宅のキッチンか』と聞きたくなるくらい、一通りの調味料を揃えている同僚がいます。必要な書類は足元に置いているようで、周囲の人も迷惑そうです」(27歳/一般事務)

【それ以上こっちに来ないで! テリトリー侵食型】
「上司のデスクの上や周辺が非常に汚い。注文書や見積依頼書、その他資料やメモはもちろん、バッグや代えの靴などもデスクから半径1メートル程度広がっている。何がどこにあるのか分からず、よく探し物をしている印象です」(34歳/営業事務)
「隣の席の上司が資料や私物をデスクに積み上げ過ぎて、よく雪崩を起こします。私のデスクにも雪崩の被害があったのですが、こぼれてきたものの中から、いつのものか分からないリンゴが出てきて驚きました」(27歳/コールセンター)

【虫さん歓喜! 食物放置型デスク】
「ご飯粒の付いたお茶碗を何度も使い、そのままデスクの上に置いている同僚がいます。時々はデスクの引き出しに入れているようですが、不潔です……」(33歳/営業企画)
「後輩のデスクには、飲みかけの缶コーヒーがいつも残っている。キーボードの下にも食べかすやほこりがたくさん残っているようで、汚い」(33歳/総務・人事)
「上司のデスクには、飲みかけのペットボトルが常に4本以上。せんべいの食べこぼしが机にボロボロ。デスクで爪を切る習慣もあり、切って飛んだ爪も周りに落ちてる。きもい!」(31歳/一般事務)

【その謎の物体は何なの……!? 怪奇現象型デスク】
「社内は全て禁煙なのに、同僚のデスク上にはタバコの灰らしき物体と、見たこともないような黒いシミが点在。椅子の側面が一人だけはげてしまっていたり、どんな使い方をすればそんなデスクの汚れ方をするのか分かりません」(29歳/クリエイティブ関連)
「得体の知れない赤い物質が蕁麻疹のようにデスクのそこら中についている同僚がいます。書類はもちろん、細かいゴミが沢山あるのも汚い。キーボードやマウスもベタついていて、本人は気にならないのか不思議」(24歳/カスタマーサポート)

「同じ職場にこんなデスクの使い方をする人は、なるべくなら居てほしくない……」と思ってしまうような、インパクト大の“汚デスク”事例が数多く寄せられました! 「注意しても直らない」という意見もありましたが、汚している本人には自覚がなかったりするケースもありそうですね(笑)。
また、「経験上、デスクが汚い人は仕事もできない人が多いと思います」(33歳/ネットワーク設計)という意見も挙がっていたように、デスクの整理整頓がされていないからといって、ビジネスパーソンとしての信頼を欠いてしまうのは損。周囲の人への配慮としてはもちろん、効率よく細やかな仕事を心掛けるためにも、いつもデスクはきれいに整えておきたいものですね。

【アンケート調査概要】
●調査方法:転職サイト『女の転職@type』の20代~30代女性会員およびWebマガジン『Woman type』サイト読者へのWebアンケート
●調査期間:2014年4月18日~23日
●有効回答者数:281名

取材・文/栗原千明(編集部)

連載『働く女の本音白書』の過去記事一覧はこちら

>> http://woman-type.jp/wt/feature/category/honneをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします

あなたにオススメの記事

「貯金ほぼなし。リッチ男子と結婚して専業主婦になりたい」アラ...
ファイナンシャルプランナー高山一恵さんが、「貯金ほぼなし。リッチ男子と結婚して専業主婦になりたい」アラサー女の末路を解説...

「33歳独身で、郊外に新築マンションを買った」女の末路【連載...
女性のお一人さまがマンションを買う場合、いくつもの罠が潜んでいるのぞご存知でしょうか……!?郊外に新築マンションを買った...

お金はあるけど幸せになれない――貯金大好き“超堅実オンナ”の...
「老後が不安」、「将来に備えたい」貯金が趣味というくらい、お金を貯めることに一生懸命な20代女性が増えています。一方で、...

その残業、本当に必要? 「残業代で稼いでる」居残り女の末路【...
残業代を当てにして家計を考えていると、生活が立ち行かなくなってしれないので注意が必要!その理由は?

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

育児と両立可能な会社

賞与・インセンティブ充実!働くならしっかり稼ぎたい

やっぱり欲しい安定感! 大手・上場企業で働こう

グローバルな環境で働く!外資系企業&語学を活かせる仕事

長期休暇、社宅、社食など!嬉しい福利厚生のある会社